Excel VBA 確認メッセージを表示させない

スポンサーリンク
スポンサーリンク

確認メッセージを表示させない方法

ワークシートを削除するとき、「このシートは完全に削除されます。続けますか?」とExcelから確認メッセージが表示されます。プログラムの実行中に処理が止まってしまうので、不都合です。Excelからの確認メッセージの表示、非表示を切り替えるには、Application【アプリケーション】オブジェクトのDisplayAlerts【ディスプレイアラーツ】プロパティを使用します。

DisplayAlerts【ディスプレイアラーツ】プロパティ

Worksheet【ワークシート】オブジェクトのDelete【デリイト】メソッドでワークシートを削除しようとしたときや、Workbook【ワークブック】オブジェクトのSaveAs【セーブアズ】メソッドでブックを上書き保存する場合に発生する注意や警告の確認メッセージの表示や非表示を切り替えるにはApplication【アプリケーション】オブジェクトのDisplayAlerts【ディスプレイアラーツ】プロパティを使用します。

DisplayAlerts【ディスプレイアラーツ】プロパティ

オブジェクト.DisplayAlerts = 設定値


設定値の説明

  • オブジェクト(必須)
    Application【アプリケーション】オブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    設定値 内容
    False メッセージを非表示にします。
    True メッセージを表示します。(既定値)

    DisplayAlerts【ディスプレイアラーツ】プロパティにFalseを設定した場合、プログラムの実行が終了すると自動的にTrueの設定に戻りますが、トラブルを防ぐために、Trueに設定するステートメントを明示的に記述します。

確認メッセージ例

確認メッセージを表示させないコード例

Sub 確認()
Application.DisplayAlerts = False
  ActiveSheet.Delete
Application.DisplayAlerts = True
End Sub

コード解説

Worksheet【ワークシート】オブジェクトのDelete【デリイト】メソッドでワークシートを削除するコードの前に、Application【アプリケーション】オブジェクトのDisplayAlerts【ディスプレイアラーツ】プロパティにFalse【フォルス】を設定して確認メッセージの表示設定を非表示にします。ワークシートを削除後、DisplayAlerts【ディスプレイアラーツ】プロパティにTrue【トゥルー】を設定して、明示的に
確認メッセージの表示設定を既定値の表示するに設定します。


以上で、確認メッセージを表示させない方法についての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク