VBA Applicationオブジェクト プロパティ・メソッド 一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

VBA Applicationオブジェクト プロパティ・メソッド 一覧

Excel アプリケーション全体を表すのが
Applicationオブジェクトです。
以下のプロパティやメソッドで参照します。

リンクがある場合は詳細説明ページが開きます。

Applicationオブジェクトのプロパティ一覧表

名前説明
ActiveCell
【アクティブセル】
アクティブ ウィンドウ または
指定されたウィンドウでの
アクティブ セルを表す
Rangeオブジェクトを返します
値の取得のみ可能です。
ActiveChart
【アクティブチャート】
アクティブなグラフ シート
または埋め込みグラフを表す
Chartオブジェクトを返します。
アクティブなグラフがないときは
Nothingを返します。
ActiveEncryptionSession
【アクティブセルエンクリプションセッション】
作業中の文書に関連付けられた
暗号化セッションを表す
長整数型 (Long) の値を返します。
値の取得のみ可能です。
ActivePrinter
【アクティブプリンター】
現在使用している
プリンターの名前を
取得または設定します。
文字列型の値を使用します。
ActiveProtectedViewWindow
【アクティブプロティクティットビューウィンドウ】
一番手前に表示されている
アクティブな
[保護されたビュー]ウィンドウを表す
ProtectedViewWindow
オブジェクトを返します。
[保護されたビュー] ウィンドウが
1 つも開かれていないときは
Nothingを返します。
値の取得のみ可能です。
ActiveSheet
【アクティブシート】
作業中のブックおよび指定された
ウィンドウまたはブックの
アクティブ シートを表す
オブジェクトを返します。
アクティブ シートが
存在しないときはNothingを返します。
ActiveWindow
【アクティブウィンドウ】
最前面に表示されている
アクティブ ウィンドウ を返します。
値の取得のみ可能です。
ウィンドウが 1 つも開かれていない
ときはNothingを返します。
ActiveWorkbook【アクティブワークブック】アクティブ ウィンドウ内にある
Workbookオブジェクトを返します。
値の取得のみ可能です。
ウィンドウが 1 つも開かれていない
ときはNothingを返します。
AddIns
【アドインズ】
[アドイン] ダイアログ ボックス
に表示されるすべてのアドインを表す
AddInsコレクションを返します。
値の取得のみ可能です。
AddIns2
【アドインズツゥ】
Microsoft Excel で
現在使用できるアドインと
現在開いているアドインのすべてを表す
AddIns2コレクションを返します。
値の取得のみ可能です。
AlertBeforeOverwriting
【アラートビフォアオーバーライティング】
ドラッグ アンド ドロップ編集中に
空白でないセルを上書きする場合
警告メッセージを表示するかどうか
選択できます。Trueの場合
セルを上書きする前に
警告メッセージを表示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
AltStartupPath
【オルトスタートアップパス】
代替起動フォルダーの名前を
取得または設定します
値の取得および設定が可能です。
文字列型の値を使用します。
AlwaysUseClearType
【オルウェイズクリアタイプ】
メニュー、リボン、
ダイアログ ボックスの
文字列のフォントを
ClearType を使用して
表示するかどうかを表すブール型 の
値を取得または設定します。
Application
【アプリケーション】
対象となるオブジェクトが
指定されない場合はExcel
アプリケーションを返します。
対象となるオブジェクトが
指定された場合は指定された
オブジェクトを作成した
Applicationオブジェクトを返します。
OLE オートメーションを使っていて
オブジェクトのアプリケーションに
アクセスするときなどに
このプロパティを使います。
値の取得のみ可能です。
ArbitraryXMLSupportAvailable
【アルバトゥレリィエックスエムエルサポートアベイラブル】
Microsoft Excel の XML 機能が
使用可能かどうかを示すブール型の
値を返します。値の取得のみ可能です。
AskToUpdateLinks
【アスクトゥアップデイトリンクス】
Trueの場合、リンクを設定している
ファイルを開くときに自動的にリンクを
更新せず、最初にメッセージを表示します。
Falseの場合、メッセージを表示せずに
リンクを自動的に更新します
値の取得および設定が可能です。
Assistance
【アシスタンス】
Microsoft Office
ヘルプ ビューアーを表す
Microsoft Excel 用の
IAssistanceオブジェクトを返します。
値の取得のみ可能です。
AutoCorrect
【オートコレクト】
Excel のオートコレクト
機能の設定を表す
AutoCorrectオブジェクトを返します。
値の取得のみ可能です。
AutoFormatAsYouTypeReplaceHyperlinks
【オートフォーマットアズユウタイプリプレイスハイパーリンクス】
True(既定値) の場合入力
されたハイパーリンクは
自動的に書式化されます。
Falseの場合
入力されたハイパーリンクは
自動的には書式化されません。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
AutomationSecurity
【オートメーションセキュリティ】
プログラムからファイルを開くときに
使用するセキュリティ モードを表す
MsoAutomationSecurity定数を
取得または設定します。
AutoPercentEntry
【オートプロティクトエントリー】
Trueの場合、表示形式に
パーセンテージが
設定されているセルに値が入力されても
値は自動的に 100 倍にはなりません。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
AutoRecover
【オートレコーダー】
一定の時間間隔ですべての形式の
ファイルをバックアップする
AutoRecover
オブジェクトを返します。
Build
【ビルド】
ビルド番号を返します。
値の取得のみ可能です。
長整数型の値を使用します。
CalculateBeforeSave
【カルクレートビフォアセーブ】
Trueの場合、ブックを保存する前に
再計算を行います。このプロパティの
設定は、Calculationプロパティが
xlManualに設定されている
ときだけ有効です。
Calculationプロパティを変更しても、
このプロパティの設定は変わりません。
値の取得および設定が可能です。
ブール型 (Boolean) の値を
使用します。
Calculation
【カルクレーション】
計算方法のモードを表す
XlCalculationの値を
取得または設定します。
CalculationInterruptKey
【カルクレーションイントラプトキー】
Microsoft Excel が計算を
実行しているときに中断できる
キーを指定する
XlCalculationInterruptKeyを
設定します
値の取得および設定が可能です。
CalculationState
【カルクレーションスタート】
Excel で実行されている
すべての計算について
アプリケーションの計算状態を示す
XlCalculationStateクラスの定数を
返します。値の取得のみ可能です。
CalculationVersion
【カルクレーションバージョン】
バージョン番号を返します。
右側の 4 桁は計算エンジンの
マイナー バージョン番号、その他の
桁は指定したファイルが前回保存された
Excel のメジャー バージョン番号です。
値の取得のみ可能です。
長整数型 (Long) の値を使用します。
Caller
【カラ】
Visual Basic を呼び出した方法に
ついての情報を返します。
さらに詳細な情報ついては「備考」を
参照してください。
CanPlaySounds
【キャンプレイサウンド】
このプロパティは使用しないでください。
サウンド メモは Excel から
削除されました。
CanRecordSounds
【キャンレコードサウンズ】
このプロパティは
使用しないでください。
Excel から削除されました。
Caption
【キャプション】
Microsoft Excel ウィンドウの
タイトル バーに表示される
名前を表す文字列型 (String) の値を
取得または設定します。
CellDragAndDrop
【セルドラッグアンドドロップ】
Trueの場合、セルの
ドラッグ アンド ドロップ編集を
行うことができます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
Cells
【セルズ】
作業中のワークシート上の
すべてのセルを表す
Rangeオブジェクトを返します。
ChartDataPointTrack
【チェートデータポイントトラック】
Trueの場合、新しく作成された
ドキュメントのすべてのグラフで
セル参照追跡動作が使用されます。
ブール型の値を使用します。
Charts
【チャーツ】
作業中のブックのすべての
グラフ シートを表す
Sheetsコレクションを返します。
ClipboardFormats
【クリップボードフォーマッツ】
現在クリップボードにある
オブジェクトで使用できる
形式を数値の配列として返します。
値の取得のみ可能です。
バリアント型の
値を使用します。
ClusterConnector
【クラスターコネクター】
XLL アドインで
ユーザー定義関数の実行に
使用される
高性能コンピューティング(HPC)
クラスター コネクタの名前を示します。
値の取得および設定が可能です。
Columns
【カラムス】
作業中の
ワークシートのすべての
列を表すRangeオブジェクト
を返します。
COMAddIns
【シーオーエムアドインズ】
現在インストールされている
COM アドインを表す
Microsoft Excel 用の
COMAddInsコレクション
を返します。
CommandBars
【コマンドバーズ】
Microsoft Excel の
コマンド バーを表す
CommandBars
オブジェクトを返します。
値の取得のみ可能です。
CommandUnderlines
【コマンドアンダーラインズ】
Macintosh 版 Excel の
アクセス キーの
下線表示の状態を
示す値を設定します。
XlCommandUnderlines
クラスの定数を使用します。
値の取得および設定が可能です。
長整数型の値を使用します。
ConstrainNumeric
【コンストレインニューメリック】
Trueの場合手書き認識機能が
数字と記号だけに制限されます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
ControlCharactersTrueの場合Excel で
右から左に記述する
言語での制御文字を
表示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
CopyObjectsWithCells
【コピーオブジェクトウィズゼルズ】
Trueの場合セルと共に
オブジェクトの切り取り
コピー、抽出、および
並べ替えをできるようにします。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
Creator
【クリエーター】
指定された
オブジェクトを作成した
アプリケーションを32 ビットの
整数値で返します。
値の取得のみ可能です。
長整数型の値を使用します。
Cursor
【カーソル】
Excel の
マウス ポインターの形状を
取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。
XlMousePointerクラスの
定数を使用します。
CursorMovement
【カーソルムーブメント】
使用している
ビジュアル カーソルまたは
ロジカル カーソルを
示す値を設定します。
CustomListCount
【カスタムリストカウント】
組み込みの
リストを含むユーザー
設定リストの数を返します。
値の取得のみ可能です。
長整数型の値を使用します。
CutCopyMode
【カットコピーモード】
切り取りモード
またはコピー モードの
状態を示す値を設定します。
値の取得および設定が可能です。
長整数型の値を使用します。
DataEntryMode
【データエントリーモード】
データ入力モードの
状態を示す値を設定します
値の取得および設定が可能です。
長整数型の値を使用します。
DDEAppReturnCode
【ディディイーアップリターンコード】
前回受け取った DDE
応答メッセージから
アプリケーション所定の DDE
リターン コードを返します。
値の取得のみ可能です。
長整数型の値を使用します。
DecimalSeparator
【デシマルセパレータ】
小数点の記号として使用する
文字を設定します。
文字列型の値を使用します。
値の取得および設定が可能です。
DefaultFilePath
【デフォルトファイルパス】
ファイルを開くときに
Excel が使う既定のパスを
取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。
文字列型の値を使用します。
DefaultSaveFormat
【デフォルトセーブフォーマット】
ファイルを保存する既定の
形式を設定します。
値の取得および設定が可能です。
長整数型の値を使用します。
DefaultSheetDirection
【デフォルトシートディレクション】
Excel で表示される
新しいウィンドウまたは
ワークシートの
既定の方向を設定します。
値の取得および設定が可能です。
長整数型の値を使用します。
DefaultWebOptions
【デフォルトウェブオプション】
ドキュメントを
Web ページとして保存するとき
または Web ページを開くときに
Excel で使用する
アプリケーション レベル
全体での属性を含む
DefaultWebOptions
オブジェクトを返します。
値の取得のみ可能です。
DeferAsyncQueries
【ディファーエイシンククエリーズ】
VBA コードによって
ワークシートの計算を
行うときにOLAP データ ソースへの
非同期クエリが実行されるか
どうかを示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
Dialogs
【ダイアログズ】
すべての組み込み
ダイアログ ボックスを表す
Dialogsコレクションを返します。
値の取得のみ可能です。
DisplayAlerts
【ディスプレイアラーツ】
Trueの場合
マクロの実行中に特定の
警告やメッセージを表示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
DisplayClipboardWindow
【ディスプレイクリップボードウィンドウ】
Office のクリップボードを
表示できる場合はTrueを返します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
DisplayCommentIndicator
【ディスプレイコメントインジケーター】
コメントとコメント マークを
セルに表示する方法を設定します。
値の取得および設定が可能です。
DisplayDocumentActionTaskPane
【ディスプレイドキュメントアクションタスクペイン】
[ドキュメント アクション]
作業ウィンドウを
表示するにはTrueに設定します。
[ドキュメント アクション]
作業ウィンドウを
非表示にするにはFalseに設定します。
値の取得および設定が可能です
ブール型の値を使用します。
DisplayDocumentInformationPanel
【ディスプレイドキュメントフォーメーションパネル】
ドキュメント プロパティ パネル
を表示するかどうかを表す
ブール型の値を取得または設定します。
DisplayExcel4Menus
【ディスプレイエクセルフォーメニューズ】
Trueの場合、Excel 4.0 の
メニュー バーを表示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
DisplayFormulaAutoComplete
【ディスプレイフォーミュラオートコンプリート】
セルの数式を作成するときに
関連する関数と定義済みの名前のリストを
表示するかどうかを示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
DisplayFormulaBar
【ディスプレイフォーミュラバー】
Trueの場合数式バーを表示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
DisplayFullScreen
【ディスプレイフルスクリーン】
Trueの場合、Excel は
全画面表示になります。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
DisplayFunctionToolTips
【ディスプレイファンクションツールチップス】
Trueの場合、関数のボタン名
を表示できます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
DisplayInsertOptions
【ディスプレイインサートオプション】
Trueの場合、[挿入オプション]
ボタンが表示されます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
DisplayNoteIndicator
【ディスプレイノートインジケーター】
Trueの場合コメントのあるセルに
コメント マークを付け
コメントを表示します。
コメント マークは
セルの右上隅に表示されます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
DisplayPasteOptions
【ディスプレイペーストオプションズ】
Trueの場合
[貼り付けオプション]
ボタンを表示できます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
DisplayRecentFiles
【ディスプレイリセントファイル】
Trueの場合最後に使用された
ファイルのリストが
UI に表示されます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
DisplayScrollBars
【ディスプレイスクロールバー】
Trueの場合すべてのブックの
スクロール バーを表示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
DisplayStatusBar
【ディスプレイステータスバー】
Trueの場合
ステータス バーを表示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
EditDirectlyInCell
【エディットダイレクトインセル】
Trueの場合
セル内編集を有効にします。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
EnableAutoComplete
【イナーブルーオートコンプリート】
Trueの場合
オートコンプリート機能を
有効にします。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
EnableCancelKey
【イナーーブルーキャンセルキー】
Windows 版 Excel の場合は
Ctrl+ Break キー、Esc キーによる
実行中のプロシージャに対する
ユーザーの割り込みの処理を指定します。
値の取得および設定が可能です。
EnableCheckFileExtensions
【イナーブルチェックファイルエクスティンションズ】
Trueの場合
[Microsoft Excel が
スプレッドシートを表示
編集するための既定のプログラム
でない場合に通知する]
ダイアログ ボックスが有効になります。
値の取得および設定が可能で
ブール型の値を使用します。
EnableEvents
【イナーブルイベント】
Trueの場合、指定された
オブジェクトに対して
イベントが発生します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
EnableLargeOperationAlert
【イナーブルラージオペレーションアラート】
ユーザーが Office センターで
指定されているより多くのセルに
影響を与える動作を実行しようとした場合に
警告メッセージを表示するかどうかを表す
ブール型の値を設定します
EnableLivePreview
【イナーブルライブプレビュー】
プレビューをサポートしている
ギャラリーの使用時に表示される
ギャラリーのプレビューを表示するか
非表示にするかを表す
ブール型の値を
設定または取得します
Trueの場合はコマンドを実行する前に
ブックのプレビューを表示します。
EnableMacroAnimations
【イナーブルマクロアニメーションズ】
マクロ アニメーションを
有効にするかどうかを制御します
ユーザー インターフェイス
アニメーション
またはグラフ アニメーションが
有効な場合はTrueです
既定ではFalse(アニメーションなし)
に設定されます
マクロの実行中にTrueに設定すると
アニメーションが有効になり
マクロの実行後にFalseに戻ります。
値の取得および設定が可能です
EnableSound
【イナーブルサウンド】
Trueの場合
Microsoft Office で
サウンドを使用できます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
ErrorCheckingOptions
【エラーチェッキングオプション】
アプリケーションの
エラー チェック オプションを表す
ErrorCheckingOptions
オブジェクトを返します。
Excel4IntlMacroSheets
【エクセルフォーインテルマクロシーツ】
指定されたブックのすべての
Excel 4.0 インターナショナル
マクロ シートを表す
Sheetsコレクションを返します。
値の取得のみ可能です。
Excel4MacroSheets
【エクセルフォーマクロシーツ】
指定されたブックのすべての
Excel 4.0 マクロ シートを表す
Sheetsコレクションを返します。
値の取得のみ可能です。
ExtendList
【エクステンドリスト】
Trueの場合、リストに追加される
新しいデータの書式および数式の適用を
自動的に拡張します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
FeatureInstall
【フェチャーインストール】
インストールされていない機能が
必要なメソッドや
プロパティを呼び出すときに
どのように処理するかを設定します。
値の取得および設定が可能です。
FileConverters
【ファイルコンバーターズ】
インストールされている
ファイル コンバーターの情報を返します。
インストールされている
コンバーターがないときは
Null値を返します。値の取得のみ可能です。
バリアント型の値を使用します。
FileDialog
【ファイルダイアログ】
ファイル ダイアログ ボックスの
1 つのインスタンスを表す
FileDialogオブジェクトを返します。
FileExportConverters
【ファイルエクスポートコンバーターズ】
Excel で使用できる
すべてのファイル コンバーターを表す
FileExportConvertersコレクション
を返します。値の取得のみ可能です。
FileValidation
【ファイルバリデェーション】
Excel で、ファイルを検証してから
開く方法を示します。
値の取得および設定が可能です。
FileValidationPivot
【ファイルバリデェーションピボット】
ピボットテーブル レポートの
データ キャッシュの内容を
Excel で検証する方法を
取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。
FindFormat
【ファインドフォーマット】
セルの書式の検索条件を取得
または設定します。
FixedDecimal
【フィックスドデシマル】
Trueの場合
FixedDecimalPlacesプロパティに
設定されている桁数で
小数点位置を固定します。
それ以後に入力されるすべてのデータの
数値書式に適用されます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
FixedDecimalPlaces
【フィックスドデシマルプレシス】
FixedDecimalプロパティがTrueの場合
固定する小数点位置の桁数を
取得または設定します。
長整数型の値を使用します。
FlashFill
【フラッシュフィル】
TRUEは、Excel の
フラッシュ フィル機能が有効であり
アクティブであることを示します。
ブール型が使用されます。
値の取得および設定が可能です。
FlashFillMode
【フラッシュフィルモード】
Trueの場合
フラッシュ フィル機能が有効になります
ブール型を使用します。
値の取得および設定が可能です。
FormulaBarHeightユーザーが数式バーの高さを行数で
指定できるようにします。
値の取得および設定が可能で
長整数型の値を使用します。
GenerateGetPivotData
【ジャナレイツゲットピボットデータ】
ピボットテーブル レポートの
データが取得できる場合は
Trueを返します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
GenerateTableRefs
【ジャナレイツテーブルリフス】
GenerateTableRefsプロパティは
数式で表を参照する場合に、
従来の表記方法と新しい構造化された
参照表記方法のどちらを
使用するかを特定します
値の取得と設定が可能です。
Height
【ハイト】
アプリケーションの
メイン ウィンドウの高さを表す
倍精度浮動小数点型の値を
ポイント単位で取得または設定します。
HighQualityModeForGraphics
【ハイクロリティモードフォーグラフィックス】
Excel で
高画質モードを使用してグラフィックを
印刷するかどうかを示します。
値の取得および設定が可能です。
Hinstance
【ハンドルインスタンス】
Applicationオブジェクトで表される
Excel 2013 インスタンスへの
ハンドルを返します。
値の取得のみ可能です。
長整数型の値を使用します。
HinstancePtr
【ハンドルインスタンスピーティーアール】
指定されたApplicationオブジェクトが表す
Excel 2013 のインスタンスへの
ハンドルを返します。値の取得のみ可能です。
バリアント型の値を使用します。
Hwnd
【ハンドルウィンドウ】
Excel ウィンドウの最上位レベルの
ウィンドウハンドルを示す
長整数型の値を返します。
値の取得のみ可能です。
IgnoreRemoteRequests
【イグノーアリモートリクエスト】
Trueの場合、リモート
DDE 要求を無視します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
Interactive
【インタラクティブ】
Trueの場合、Excel が
対話モードになります。
既定値はTrueです。
このプロパティがFalseに設定されると
キーボードやマウスからの入力を
受け付けなくなります。ただし
表示されたダイアログ ボックスへの
入力は可能です。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
International
【インタナショナル】
現在の国/地域名および
国際対応の設定に関する情報を返します。
値の取得のみ可能です。
バリアント型の値を使用します。
IsSandboxed
【イズサンドボッキシド】
指定したブックが
[保護されたビュー] ウィンドウで
開いている場合は、Trueを返します。
値の取得のみ可能です。
IterationTrueの場合
反復計算によって循環参照を解決します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
LanguageSettings
【ランゲージセッテイング】
Excel の言語設定に
関する情報を含む
LanguageSettings
オブジェクトを返します。
値の取得のみ可能です。
LargeOperationCellThousandCount
【ラージオペレーションセルサウザンカウント】
操作時に警告が発生される
基準となるセルの
最大数を取得または設定します。
値の取得および設定が可能で
長整数型の値を使用します。
Left
【レフト】
画面の左端から
Microsoft Excel ウィンドウの
左端までの距離を表す
倍精度浮動小数点型の値を
ポイント単位で取得または設定します。
LibraryPath
【ライブラリパス】
Library フォルダーへの
パスを返します。
最後の区切り記号は付きません。
値の取得のみ可能です。
文字列型の値が使用されます。
MailSession
【メールセッション】
アクティブなセッションが
ある場合は
MAPI メール セッション番号を示す
16 進数の文字列を返します。
アクティブなセッションがない場合は
Nullを返します。値の取得のみ可能です。
バリアント型の値を使用します。
MailSystem
【メールシステム】
ホスト マシンに組み込まれている
メール システムを返します。
値の取得のみ可能です。
MapPaperSize
【マップペーパーサイズ】
Trueの場合、別の国/地域の
標準用紙サイズ で
書式化された文書が自動的に調整され、
自分の国/地域の標準用紙サイズ で
正しく印刷できるようになります。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
MathCoprocessorAvailable
【マッチコプロセッサアベラブル】
Trueの場合
数値演算コプロセッサが
利用可能です。値の取得のみ可能です。
ブール型の値を使用します。
MaxChange
【マックスチェンジ】
循環参照は各反復計算に
よって解決できます。
その反復計算に適用する
変化の最大値を返すプロパティです。
値の取得および設定が可能です。
倍精度浮動小数点型の
値を使用します。
MaxIterations
【マックスイテレーションズ】
Excel が循環参照を解決した
ときの最大反復回数を
取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。
長整数型の値を使用します。
MeasurementUnit
【マジュアメントユニット】
アプリケーションで使用する
測定単位を指定します。
値の取得および設定が可能です。
MergeInstances
【マージインスタンス】
アプリケーションの複数の
インスタンスを 1 つのインスタンスに
マージするには、Trueを指定します。
値の取得および設定が可能で
ブール型の値を使用します。
MouseAvailable
【マウスアベラブル】
Trueの場合マウスが使用可能です。
値の取得のみ可能です。
ブール型の値を使用します。
MoveAfterReturn
【ムーブアフターリターン】
Trueの場合
Enterキーが押されるたびに
アクティブ セルの位置が移動します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
MoveAfterReturnDirection
【ムーブアフターリターンデレクション】
セルでEnterキーを押したときに
どの方向にあるセルが
アクティブになるかを
取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。
MultiThreadedCalculation
【マルチスレッドカルクレーション】
マルチスレッド再計算設定を制御する
MultiThreadedCalculationオブジェクトを
返します。値の取得のみ可能です。
Name
【ネーム】
オブジェクトの名前を表す
文字列型の値を返します。
Names
【ネームズ】
作業中のブックのすべての名前を表す
Namesコレクションを返します。
値の取得のみ可能です。
NetworkTemplatesPath
【ネットワークテンプレーツパス】
テンプレートが保存されている
ネットワーク パスを返します。
ネットワーク パスが存在しない
場合は空の文字列を返します。
値の取得のみ可能です。
文字列型の値を使用します。
NewWorkbook
【ニューワークブック】
NewFileオブジェクトを返します。
ODBCTimeout
【オーディビーシータイムアウト】
ODBC クエリの時間制限を秒単位で
設定します。既定値は 45 秒です。
値の取得および設定が可能です。
長整数型の値を使用します。
OnWindow
【オンウィンドウ】
ウィンドウがアクティブに
されたときに実行する
プロシージャの名前を取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。
文字列型の値を使用します。
OperatingSystem
【オペレーティングシステム】
現在の
オペレーティング システムの名前と
バージョンを返します。
たとえば、
Windows (32 ビット) 4.00 や
Macintosh 7.00 を返します。
値の取得のみ可能です。
文字列型の値を使用します。
OrganizationName
【オルガナゼーションネーム】
設定されている所属名を
文字列として返します。
値の取得のみ可能です。
文字列型の値を使用します。
Parent指定されたオブジェクトの
親オブジェクトを返します。
値の取得のみ可能です。
Path
【パス】
アプリケーションの
完全パスを表す文字列を返します。
最後の区切り文字と
アプリケーション名は含みません。
文字列型の値を使用します。
PathSeparator
【パスセパレーター】
パス セパレーター
(\) を返します。
値の取得のみ可能です。
文字列型の値を使用します。
PivotTableSelection
【ピボットテーブルセレクション】
Trueの場合
ピボットテーブル レポートの
選択範囲を有効にします。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
PreviousSelections
【プリビアスセレクションズ】
選択されたセル範囲または名前で
4 つ前までを配列として返します。
配列の各要素は、Rangeオブジェクトです。
値の取得のみ可能です。
バリアント型の値を使用します。
PrintCommunication
【プリンターコミュニケーション】
プリンターとの通信が
有効かどうかを指定します。
ブール型の値を使用します。
値の取得および設定が可能です。
ProductCode
【プロダクトコード】
Excel のグローバル
一意識別子 (GUID) を返します。
値の取得のみ可能です。
文字列型の値を使用します。
PromptForSummaryInfo
【プロンプトフォサマリーインフォ】
Trueの場合、ファイルを初めて
保存するときに
Microsoft Excel によってプロパティ の
入力が求められます。値の取得および
設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
ProtectedViewWindows
【プロテクティッドビューウィンドウズ】
アプリケーションで
開かれているすべての
[保護されたビュー] ウィンドウを表す
ProtectedViewWindows
」コレクションを返します。
値の取得のみ可能です。
QuickAnalysis
【クイックアナリシス】
アプリケーションの
Quick Analysis オプションを表す
QuickAnalysis
オブジェクトを返します。
Range
【レンジ】
セルまたはセル範囲を表す
Rangeオブジェクトを返します。
Ready
【レディ】
Excel アプリケーションの準備が
できている場合はTrueを返し
準備ができていない場合は
Falseを返します。
値の取得のみ可能です。
ブール型の値を使用します。
RecentFiles
【リセントファイルズ】
最近使用したファイルのリストを表す
RecentFilesコレクションを返します。
RecordRelative
【レコードレラティブ】
Trueの場合、マクロ記録で
相対参照が使われています。
Falseの場合は絶対参照が使われています。
値の取得のみ可能です。
ブール型の値を使用します。
ReferenceStyle
【リファレンススタイル】
Excel のセル参照および行と
列の見出しをA1 形式または
R1C1 形式のどちらで表示するかを
取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。
RegisteredFunctions
【レジスタードファンクション】
REGISTER 関数
または REGISTER.ID 関数に
よって登録された
ダイナミック リンク ライブラリ (DLL)
またはコード リソースの
関数についての情報を返します。
値の取得のみ可能です。
バリアント型の値を使用します。
ReplaceFormat
【レプレイスフォーマット】
セルの書式を置換する際の
置換の基準を設定します。
置換の基準は、Range オブジェクトの
Replace メソッドを
後で呼び出すときに使用されます。
RollZoom
【ロールズーム】
Trueの場合、IntelliMouse は
スクロールではなく
ズーム機能を実行します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
Rows
【ロウズ】
作業中のワークシート上の
すべての行を表す
Rangeオブジェクトを返します。
作業中のドキュメントが
ワークシートでない場合
Rowsプロパティは失敗します。
値の取得のみ可能です。
Rangeオブジェクトの値を使用します。
RTD
【アールティーディー】
RTDオブジェクトを返します。
ScreenUpdating
【スクリーンアップディーティング】
Trueの場合、画面の更新がオンです。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
Selection
【セレクション】
Applicationオブジェクトでは
アクティブ ウィンドウで
現在選択されている
オブジェクトを返します。
Sheets
【シーツ】
作業中のブックの
すべてのシートを表す
Sheetsコレクションを返します。
値の取得のみ可能です。
Sheetsオブジェクトの
値を使用します。
SheetsInNewWorkbook
【シーツインニューワークブック】
Excel で新規ブックに
自動的に挿入されるシート数を
取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。
長整数型の値を使用します。
ShowChartTipNames
【ショウチャートチップネームズ】
Trueの場合
グラフにヒント名を表示します。
既定値はTrueです。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
ShowChartTipValues
【ショウチャートチップヴァリューズ】
Trueの場合、グラフに
ヒント値を表示します。
既定値はTrueです。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
ShowDevTools
【ショウディブツールズ】
リボンに [開発]
タブを表示するか
どうかを表すブール型の値を
取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
ShowMenuFloaties
【ショウメニューフロアタイズ】
ユーザーがブック ウィンドウ内を
右クリックしたときに
[ミニ ツール バー]
を表示するかどうかを
表すブール型の値を
取得または設定します。
[ミニ ツール バー]
を表示する場合は
Falseを指定します。
値の取得および設定が可能で
ブール型の値を使用します。
ShowQuickAnalysis
【ショウクイックアナリシス】
選択時にクイック分析の
コンテキスト
ユーザー インターフェイスを
表示するかどうかを制御します。
TRUEにすると
クイック分析ボタンが表示されます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を指定します。
ShowSelectionFloaties
【ショウセレクションフロアタイズ】
ユーザーが文字列を選択した
ときに [ミニ ツールバー] を
表示するかどうかを表す
ブール型 (Boolean) の値を
取得または設定します。
[ミニ ツールバー] を
表示する場合はFalseを指定します。
値の取得および設定が可能で
ブール型の値を使用します。
ShowStartupDialog
【ショウスタートアップダイアログ】
Trueの場合 (既定値はFalse)
Microsoft Excel アプリケーションで
[新しいブック]
作業ウィンドウが表示されます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
ShowToolTips
【ショウツールチップス】
Trueの場合
ツールバーのボタン名を表示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
SmartArtColors
【スマートアートコントロールズ】
現在アプリケーションに
読み込まれている
色スタイルのセットを返します。
値の取得のみ可能です。
SmartArtLayouts
【スマートアートレイアウト】
現在アプリケーションに
読み込まれている
SmartArt
レイアウトのセットを返します。
値の取得のみ可能です。
SmartArtQuickStyles
【スマートアートクイックスタイル】
アプリケーションに
現在読み込まれている
SmartArt
クイック スタイルのセットを返します。
値の取得のみ可能です。
Speech
【スピーク】
Speechオブジェクト
を返します。
SpellingOptions
【スペリングオプションズ】
スペル チェックのオプションを表す
SpellingOptions
オブジェクトを返します。
StandardFont
【スタンダードフォント】
標準フォント名を文字列として
取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。
文字列型の値を使用します。
StandardFontSize
【スタンダートフォントサイズ】
標準フォント サイズを
ポイント単位で取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。
長整数型の値を使用します。
StartupPath
【スタートアップパス】
起動フォルダーの完全パスを返します。
末尾の区切り記号は含まれません。
値の取得のみ可能です。
文字列型の値を使用します。
StatusBar
【スターツバー】
ステータス バーの文字列を
取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。
文字列型の値を使用します。
TemplatesPath
【テンプレートパス】
テンプレートが保存されている
ローカル パスを返します。
値の取得のみ可能です。
文字列型の値を使用します。
ThisCell
【ディスセル】
Rangeオブジェクトとして
呼び出される
ユーザー定義関数が入っている
セルを返します。
ThisWorkbook
【ディスワークブック】
現在マクロ コードが
実行されているブックを表す
Workbookオブジェクトを返します。
値の取得のみ可能です。
ThousandsSeparator
【サウザンズセパレーター】
桁区切り記号として使用する
文字を取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。
文字列型 の値を使用します。
Top
【トップ】
画面の上端から
Microsoft Excel ウィンドウの
上端までの距離を表す
倍精度浮動小数点型の値を
ポイント単位で
取得または設定します。
TransitionMenuKey
【トランジションメニューキー】
現在Excel で設定されている
代替キーまたはヘルプ キーを設定します。
通常は “/” が使われます。
値の取得および設定が可能です。
文字列型の値を使用します。
TransitionMenuKeyAction
【トランジションメニュキーアクション】
Excel のメニュー キーが押された
ときの動作を設定します。
使用できる定数は
xlExcelMenusまたはxlLotusHelpです。
値の取得および設定が可能です。
長整数型の値を使用します。
TransitionNavigKeys
【トランジションナビゲーションキーズ】
Trueの場合
Lotus 1-2-3 形式のキー操作が
できるようになります。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
UsableHeight
【ユーザブルハイト】
アプリケーション ウィンドウ領域内で
ウィンドウが使うことのできる範囲の最大限の
高さをポイント単位で返します。
値の取得のみ可能です。
倍精度浮動小数点型 の
値を使用します。
UsableWidth
【ユーザブルワイズ】
アプリケーション ウィンドウ領域内で
ウィンドウが使うことのできる範囲の
最大限の幅をポイント単位で返します。
値の取得のみ可能です。
倍精度浮動小数点型の
値を使用します。
UseClusterConnector
【ユーザークラスターコネクター】
Excel で、XLL アドインの
ユーザー定義関数を計算クラスターで
実行できるようにするかどうかを示します。
値の取得および設定が可能です。
UsedObjects
【ユーズドオブジェクトス】
ブック内で割り当てられている
オブジェクトを表す
UsedObjectsオブジェクトを返します。
値の取得のみ可能です。
UserControl
【ユーザーコントロール】
Trueの場合
アプリケーションが表示されている
あるいはアプリケーションが
ユーザーによって作成または
起動されたことを示します。
Falseの場合、アプリケーションが
CreateObject関数または
GetObject関数を
使用するプログラムによって
作成または起動され
そのアプリケーションが
表示されていないことを示します。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
UserLibraryPath
【ユーザーライブラリパス】
ユーザーのコンピューターのどこに
COM アドインが
インストールされているかを返します。
値の取得のみ可能です。
文字列型の値を使用します。
UserName
【ユーザーネーム】
現在設定されているユーザー名を示す
文字列を取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。
文字列型の値を使用します。
UseSystemSeparators
【ユーズシステムセパレーターズ】
Trueの場合
数値を表示する際にシステムの
桁区切り記号を使用します。
既定値は True です。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
Value
【バリュー】
アプリケーション名を表す
文字列型の値を返します。
VBE
【ブイビーイー】
Visual Basic Editor を表す
VBEオブジェクトを返します。
値の取得のみ可能です。
Version
【バージョン】
Excel のバージョン番号を表す
文字列型の値を返します。
Visible
【ビジブル】
オブジェクトを表示するかどうかを表す
ブール型の
値を取得または設定します。
WarnOnFunctionNameConflict
【ワームオンファンクションネームコンフリクト】
WarnOnFunctionNameConflict
プロパティをTrueに設定すると、開発者が
既存の関数名を使用して新しい関数を
作成しようとした場合に警告が表示されます。
値の取得および設定が可能です。
ブール型の値を使用します。
Watches
【ワッチズ】
ワークシートを再計算するときに
追跡される範囲を表す
Watchesオブジェクトを返します。
Width
【ワイズ】
アプリケーション ウィンドウの
左端から右端までの距離を表す
倍精度浮動小数点型 (Double) の
値をポイント単位で取得
または設定します。
Windows
【ウィンドウズ】
すべてのブックのウィンドウを表す
Windowsコレクションを返します。
値の取得のみ可能です。
Windowsオブジェクトの値を使用します。
WindowsForPens
【ウィンドウフォペンズ】
Trueの場合
Microsoft Windows for Pen Computing を
実行中です。値の取得のみ可能です。
ブール型の値を使用します。
WindowState
【ウィンドウスタート】
ウィンドウの状態を取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。
Workbooks【ワークブックス】開かれているすべてのブックを表す
Workbooksコレクションを返します。
値の取得のみ可能です。
WorksheetFunction
【ワークシーツファンクション】
WorksheetFunction
オブジェクトを返します。
値の取得のみ可能です。
Worksheets
【ワークシーツ】
Applicationオブジェクトでは
作業中のブックのすべての
ワークシートを表す
Sheetsコレクションを返します。
Workbookオブジェクトでは
指定されたブックの
すべてのワークシートを表す
Sheetsコレクションを返します。
値の取得のみ可能です。
Sheetsオブジェクトの値を使用します。
EnableAnimations
【イナーブルアニメーションズ】
このオブジェクト、メンバー
または列挙体は非推奨です。
ユーザーのコード内で
使用されるものではありません。

Applicationオブジェクトのメソッド一覧表

名前説明
ActivateMicrosoftApp
【アクティベートマイクロスフトアプリケーション】
Microsoft のアプリケーションを
アクティブにします。
AddCustomList
【アドカスタムリスト】
ユーザー設定のオートフィルと
ユーザー設定の並べ替え順序の
いずれか一方または両方に使う
ユーザー設定リストを追加します。
Calculate
【カルクレート】
計算を実行します。
CalculateFull
【カルクレートフル】
開かれているすべてのブックに
含まれているデータの
全計算を実行します。
CalculateFullRebuild
【カルクレートフルリビルト】
開いているすべてのワークシートで
データをすべて計算し
依存を再構築します。
CalculateUntilAsyncQueriesDone
【カルクレートアンティルエイソニッククエリーズダン】
OLEDB および OLAP データ ソースへの
保留中のすべてのクエリを実行します。
CentimetersToPoints
【センチメーターズトゥポインツ】
センチメートル単位の数値を
ポイント (1 ポイントは、0.35 mm)
単位に変換します。
CheckAbort
【チェックアボート】
Excel アプリケーションの
再計算を停止します。
CheckSpelling
【チェックスペリング】
指定された単語のスペルを
チェックします。
ConvertFormula
【コンバートフォーミュラ】
数式のセル参照を変換します。
A1 形式と R1C1 形式の変換
相対参照と絶対参照の変換
またはその両方の変換が可能です。
バリアント型 (Variant) の値を使用します。
DDEExecute
【デーデーイーエクスキュート】
指定された DDE チャネルを経由して
他のアプリケーション内でコマンド
または動作を実行します。
DDEInitiate
【デーデーイーイニシアート】
アプリケーションへの DDE
チャネルを開きます。
DDEPoke
【デーデーイーポーク】
アプリケーションにデータを送ります。
DDERequest
【デーデーイーリクエスト】
指定されたアプリケーションの
情報を返します。
このメソッドは常に配列を返します。
DDETerminate
【デーデーイートラミネート】
ほかのアプリケーションへの
チャネルを閉じます。
DeleteCustomList
【デリートカスタムリスト】
ユーザー設定リストを削除します。
DisplayXMLSourcePane
【ディスプレイエックスエムエルソースペイン】
[XML ソース] 作業ウィンドウを開き
XmlMap 引数によって指定された
XML マップを表示します。
DoubleClick
【ダブルクリック】
DoubleClick メソッドは
アクティブ セルをダブルクリック
する操作に相当します。
Evaluate
【イバリュエイト】
Microsoft Excel 名をオブジェクト
または値に変換します。
ExecuteExcel4Macro
【イバリュエイトエクセルフォーマクロ】
Excel 4.0 マクロ関数を実行し
関数の結果を返します。
値の取得および設定が可能です。
取得する型の種類は
対象の関数によって異なります。
FindFile
【ファインドファイル】
[ファイルを開く]
ダイアログ ボックスを
表示します。
GetCustomListContents
【ゲットカスタムリストコンテンツ】
ユーザー設定リストを
文字列の配列として返します。
GetCustomListNum
【ゲットカスタムリストナム】
任意の文字列の配列に対応する
ユーザー設定リストの番号を返します。
このメソッドは組み込みリストと
ユーザー設定リストの両方で使えます。
GetOpenFilename
【ゲットオープンファイルネーム】
ユーザーからファイル名を
取得するために、[ファイルを開く]
ダイアログ ボックスを表示します。
ダイアログ ボックスで指定した
ファイルは、実際には開かれません。
GetPhonetic
【ゲットホネテック】
指定した文字列の日本語の
ふりがなを取得します。
このメソッドは、Microsoft Office の
言語の設定で日本語が選択または
インストールされている場合に
のみ利用できます。
GetSaveAsFilename
【ゲットセーブアズファイルネーム】
標準の [名前を付けて保存]
ダイアログ ボックスを表示し
実際にファイルを保存することなく
ユーザーからファイル名を取得します。
Goto
【ゴートゥ】
任意のブック内の任意のセル範囲や
Visual Basic のプロシージャを
選択します。そのブックが
アクティブでなければ
アクティブにします。
Help
【ヘルプ】
ヘルプ トピックを表示します。
InchesToPoints
【インチズトゥポインツ】
インチ単位の数値を
ポイント単位に変換します。
InputBox
【インプットボックス】
ユーザー入力用の
ダイアログ ボックスを表示します。
表示したダイアログ ボックスに
入力された情報を返します。
Intersect
【インターセクト】
複数のセル範囲の
共有セル範囲を表す
Range オブジェクトを返します。
MacroOptions
【マクロオプションズ】
[マクロ オプション]
ダイアログ ボックスに対応する
オプションを指定します。
このメソッドを使用すると
[関数の挿入] ダイアログ ボックスの
組み込みの分類または新しい分類に
ユーザー定義関数 (UDF) を
追加することもできます。
MailLogoff
【メールログオフ】
Excel で確立した
MAPI メール セッションを終了します。
MailLogon
【メールログオン】
MAPI Mail または Exchange に
ログ インしてメール セッションを
確立します。
Mail が起動されていない場合は
メールやドキュメントの回覧機能を
使う前にこのメソッドで
メール セッションを確立して
おく必要があります。
NextLetter
【ネクストレター】
Macintosh でのみ使用されます。
OnKey
【オンキー】
特定のキー、またはキーの
組み合わせを押したときに
指定されたプロシージャを実行します。
OnRepeat
【オンリピート】
[繰り返す] に表示する項目を
設定します。また、
このプロパティを設定する
プロシージャが実行された後で
[繰り返す] コマンドを選択した場合に
実行されるプロシージャ名を設定します。
OnTime
【オンタイム】
指定された時刻
にプロシージャを実行します。
OnUndo
【オンアンドゥ】
このプロパティを設定する
プロシージャの実行後に
[元に戻す] コマンドをクリックした
ときに実行される [元に戻す] コマンドの
テキストと実行される
プロシージャの名前を設定します。
Quit
【クウィット】
Excel を終了します。
RecordMacro
【レコードマクロ】
マクロ記録機能がオンであれば
コードを記録します。
RegisterXLL
【レジスターエックスエルエル】
XLL ファイルのコード リソースを
読み込みその中に含まれた
関数とコマンドを自動的に登録します。
Repeat
【リピート】
ユーザーが最後に行った
操作を繰り返します。
Run
【ラン】
マクロの実行または関数の
呼び出しを行います。
この構文ではVisual Basicまたは
Excel マクロ言語で書かれたマクロ
あるいは、DLL や XLL に含まれる
関数が実行できます。
SendKeys
【センドキーズ】
アクティブなアプリケーションに
キー コードを転送します。
SharePointVersion
【シェアポイントバージョン】
指定した URL のサイトで
実行されている SharePoint Foundation
インスタンスのバージョン番号を返します。
Undo
【アンドゥ】
ユーザーが最後に実行した
操作を取り消して元に戻します。
Union
【ユニオン】
2 つ以上のセル範囲の
集合を返します。
Volatile
【ボラタイル】
ユーザー定義関数を
自動再計算関数にします。
自動再計算関数はワークシートの
いずれかのセルで計算が行われる
たびに再計算を行います。
これに対して非自動再計算関数では
入力した変数の値が変わったときにだけ
再計算を行います。
このメソッドはワークシートのセルを
計算するユーザー定義関数の内部で
使わなければ効果がありません。
Wait
【ウエイト】
実行中のマクロを指定の
時刻まで停止します。
指定の時間に達した場合
True を返します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク