Excel VBA 印刷プレビューを表示する PrintPreviewメソッド

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PrintPreview【プリントプレビュー】メソッド

印刷プレビューを表示するには
PrintPreview【プリントプレビュー】メソッドを使用します。
PrintOut【プリントアウト】メソッドの引数PreviewをTrueに
指定した場合の印刷プレビューとの違いは
PrintPreview【プリントプレビュー】メソッドの場合
引数EnableChanges【イネーブルチェンジズ】をFalseに指定することにより
印刷プレビュー画面にある「ページ設定」「余白の表示」
などの設定ボタンを無効にすることができます。
ユーザーにページ設定を変更してほしくない場合に有効です。

PrintPreview【プリントプレビュー】メソッドの書式

[]内は省略可能です。
オブジェクト.PrintPreview( EnableChanges )


  • オブジェクト(必須)
    Workbookオブジェクト、Sheetsコレクション、Worksheetオブジェクト
    Worksheetsコレクション、Chartオブジェクト、Chartsコレクション
    Rangeオブジェクト、Windowオブジェクトの何れかを指定します。
  • EnableChanges【イネーブルチェンジズ】(省略可)
    印刷プレビュー画面にある
    「ページ設定」と「余白の表示」を無効にする場合はFalseを指定します。
    省略した場合はTrueが指定され「ページ設定」と「余白の設定」は有効になります。

※印刷プレビュー内の「印刷」ボタンをクリックすると印刷が実行されてから
印刷プレビュー画面が閉じられ、Printpraviewメソッドのあとに続く
ステートメントが実行されます。したがって、
「印刷プレビューを閉じる」をクリックされることだけを想定して
PrintpraviewメソッドのあとにPrintOutメソッドを記述していると
「印刷」ボタンをクリックされたときに印刷が2度実行されてしまうので
注意が必要です。(「印刷」ボタンは無効になりません)

※オブジェクトをActiveWorkbookに指定して
ブック内のすべてのシートをプレビュー対象にした場合でも
プレビューが表示されるのはアクティブシートのみです。
印刷はすべてのシートに対して実行されます。

印刷設定を無効にした印刷プレビューコード例

Sub 印刷プレビュー()
ActiveSheet.PrintPreview False
End Sub

実行結果


以上で
印刷プレビューを表示する PrintPreviewメソッドに
ついての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク