Excel VBA ピボットテーブルを操作する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピボットテーブルを操作する方法

作成したピボットテーブルを操作するには
作成したピボットテーブルを参照して
追加や削除、グループ化、グラフの作成等の
操作を実行します。
ピボットテーブルの作成については
ピボットテーブルを作成するをご覧下さい。

ピボットテーブルを操作する主なメソットやプロパティ一覧

  • PivotTables【ピボットテーブルズ】メソッド
    ピボットテーブルを参照します。
  • ClearTable【クリアテーブル】メソッド
    ピボットテーブルのすべての設定を削除します。
  • CompactLayoutRowHeader【コンパクトレイアウトロウヘッター】プロパティ
    CompactLayoutColumnHeader【コンパクトレイアウトカラムヘッター】プロパティ

    ピボットテーブルの行見出しと列見出しのラベルを変更します。
  • Refresh【リフレッシュ】メソッド
    ピボットテーブルを更新します。

以上のメソッドやプロパティについての解説をします。


PivortTable【ピボットテーブル】メソッド

ピボットテーブルを参照するには
Worksheetオブジェクトの
PivortTable【ピボットテーブル】メソッドを使用します。
単一のピボットテーブルを表す
PivotTableオブジェクトまたは、そのコレクションの
PivotTablesコレクションを返します。
値の取得のみ可能です。

PivortTable【ピボットテーブル】メソッドの書式

[]内は省略可能です。
オブジェクト.PivortTable([Index])
【戻り値】オブジェクト型(Object)


設定値(引数)の説明

  • オブジェクト(必須)
    Worksheetオブジェクトを指定します。
  • Index【インデックス】(省略可)
    ピボットテーブルの名前またはインデックス番号を指定します。
    省略した場合はワークシート上のすべてのピボットテーブルを表す
    PivotTablesコレクションが参照されます。

ClearTable【クリアテーブル】メソッド

ピボットテーブルの設定をクリアするには
PivotTableオブジェクトの
ClearTable【クリアテーブル】メソッドを使用します。
なお、ピボットテーブル自体を削除するには
ピボットテーブルが作成されている
セル範囲を削除します。

ClearTable【クリアテーブル】メソッドの書式

オブジェクト.ClearTable


設定値の説明

  • オブジェクト(必須)
    設定を削除したいPivotTable【ピボットテーブル】オブジェクトを指定します。

作成したピボットテーブルを削除するコード例

実行前

テーブル設定クリアのコード例
Sub テーブルクリア()
ActiveSheet.PivotTables(1).ClearTable
End Sub
実行結果


※空のピボットテーブルが残ります。


ピボットテーブルを削除するコード例
Sub テーブル削除()
Range("F1").CurrentRegion.Delete
End Sub
実行結果


※テーブルは完全に削除されます。


CompactLayoutRowHeader【コンパクトレイアウトロウヘッター】プロパティ

CompactLayoutColumnHeader【コンパクトレイアウトカラムヘッター】プロパティ

ピボットテーブルの行見出し、列見出しは
既定値では「行ラベル」「列ラベル」と表示されます。
このラベルを変更するには
PivotTableオブジェクトの
行ラベルはCompactLayoutRowHeader【コンパクトレイアウトロウヘッター】プロパティ
列ラベルはCompactLayoutColumnHeader【コンパクトレイアウトカラムヘッター】プロパティ
を使用します。

書式

【行ラベル】
オブジェクト.CompactLayoutRowHeader =ラベル
【列ラベル】
オブジェクト.CompactLayoutColumnHeader =ラベル


設定値の説明

  • オブジェクト(必須)
    行や列ラベルを変更するPivotTableオブジェクトを指定します。
  • ラベル(必須)
    ラベル名を文字列で指定します。

行ラベルと列ラベルを変更する例

実行前

コード例
Sub ラベル変更()
With ActiveSheet.PivotTables(1)
.CompactLayoutRowHeader = "事業"
.CompactLayoutColumnHeader = "店名"
End With
End Sub
実行結果


Refresh【リフレッシュ】メソッド

ピボットテーブルの元になる表に変更があった場合
ピボットテーブルを更新して、最新の状態にするには
PivotCache【ピボットキャッシュ】オブジェクトの
Refresh【リフレッシュ】メソッドを使用します。

Refresh【リフレッシュ】メソッドの書式

オブジェクト.Refresh


設定値の説明

  • オブジェクト(必須)
    PivotCache【ピボットキャッシュ】オブジェクトを指定します。
    PivotCache ピボットキャッシュ】オブジェクトは
    PivotTable【ピボットテーブル】オブジェクトの
    PivotCache【ピボットキャッシュ】メソッドで取得できます。

ピボットテーブルのデータを更新するコード例

Sub 更新()
ActiveSheet.PivotTables(1).PivotCache.Refresh
End Sub

以上で
ピボットテーブルを操作する方法についての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク