Excel VBA ユーザーフォームのプロパティ

スポンサーリンク

ユーザーフォームのプロパティ

挿入したユーザーフォームを選択した状態のときに、Visual Basic Editor【ビジュアルベーシックエディタ】左下に表示される、「プロパティウィンドウ」を使用して設定する場合のプロパティについて説明します。

なお、イベントについては「ユーザーフォームのイベント」をご覧ください。


・(オブジェクト名)
UserForm【ユーザーフォーム】オブジェクトの名前を変更できます。既定値はUserForm1から数を増やすごとにUserForm2と番号が増えます。名前付けの規則は
1.英数字、漢字、ひらがな、カナカナ、_(アンダースコア)が使用できる※先頭に数字を使用することはできません。
2.既にあるオブジェクト名と同じ名前は使用できない。
3.スペースや記号は使用できない「.」「!」「@」「&」「$」「#」など


・BackColor【バックカラー】
ユーザーフォームの色を設定します。


・BorderColor【ボーダーカラー】
ユーザーフォームの枠線の色を設定します。カラーパレットを使用して色を選択します。BorderStyle【ボーダースタイル】プロパティの設定値が、1-BorderStyleSingle(枠線表示あり)のとき設定が反映されます。


・BorderStyle【ボーダースタイル】
ユーザーフォームの枠線表示あり、なしをドロップダウンリストから選択します。
0-BorderStyleNone ・・・・・【枠線表示なし】
1-BorderStyleSingle・・・・・【枠線表示あり】
既定値は0-BorderStyleNoneで枠線表示なしです。


・Caption【キャプション】
ユーザーフォームのタイトルを設定します。既定値はオブジェクト名と同じです。Caption(タイトル)を変更してもオブジェクト名は変わりません。


・Cycle【サイクル】
ユーザーフォームに設置するコント―ロールでFrame【フレーム】または、MultiPage【マルチページ】が設置されている場合にFrameまたは、MultiPage内に設置されたコントロールが最後に実行されたあとのアクションを指定します。ドロップダウンリストから選択します。
0-fmCycleAllForms・・・【フォーム上の他のコントロールに循環移動します。】
2-fmCycleCurrentForm・【Frameまたは、MultiPage内を循環移動します。】
既定値は0-fmCycleAllFormsです。


・DrawBuffer【ドロウバファー】
フレームをレンダリングするためにオフスクリーン メモリとして確保するピクセル数を指定します。16000 ~ 1048576 までの整数値で指定します。既定値は32000です。


・Enabled【イネーブル】
ユーザーフォームの有効・無効を切り替えます。ドロップダウンリストから選択します。
True・・・・【有効】
False・・・・【無効】
既定値はTrue【有効】です。


・Font【フォント】
Fontプロパティの設定値を変更すると変更以降にフォーム上に設置されるコントロールの文字のフォントの既定値になります。


・Forecolor【フォアカラー】
Forecolorプロパティの設定値を変更すると変更以降のフォーム上に設置されるコントロールの
文字カラーの規定値になります。


・Height【ハイト】
ユーザーフォームの高さをポイント単位で指定します。


・HelpContextID【ヘルプコンテキストアイディ】
ヘルプファイルのコンテキストIDを指定します。既定値は0です。


・KeepScrollbarsVisible【キープスクロールバービジブル】
不要な時もユーザーフォームにスクロールバーを表示するかを設定します。以下の定数をドロップダウンリストから選択します。実際のスクロールバーの表示はScrollBars【スクロールバー】プロパティで設定します。

定数 内容
fmScrollBarsNone 0 スクロールバーを表示しません
fmScrollBarsHorizontal 1 水平スクロールバーを表示します
fmScrollBarsVertical 2 垂直スクロール バーを表示します
fmScrollBarsBoth 3 水平と垂直の両方のスクロール バーを表示します (既定値)

・Left【レフト】
ユーザーフォームが最初に表示される左からの座標をポイント単位で指定します。
StartUpPosition【スタートアップポジション】プロパティの設定値が「0の手動」の場合に有効です。
既定値は0です。


・MouseIcon【マウスアイコン】
MousePointer【マウスポインター】プロパティの設定値が、99-fmMousePointerCustomのときにIconファイルを指定します。


・MousePointer【マウスポインター】
マウスポインターがユーザーフォームに移動したとき表示されるポインターを指定します。

定数 内容
fmMousePointerDefault 0 標準ポインター(既定値)
fmMousePointerArrow 1 矢印
fmMousePointerCross 2 十字ポインター
fmMousePointerIBeam 3 I ビーム
fmMousePointerSizeNESW 6 右上と左下を指し示す両端矢印
fmMousePointerSizeNS 7 上と下を指し示す両端矢印
fmMousePointerSizeNWSE 8 左上と右下を指し示す両端矢印
fmMousePointerSizeWE 9 左と右を指し示す両端矢印
fmMousePointerUpArrow 10 上向き矢印
fmMousePointerHourglass 11 砂時計
fmMousePointerNoDrop 12 ドラッグされているオブジェクトに重なった
“不可” シンボル無効なターゲットを示します。
fmMousePointerAppStarting 13 矢印と砂時計
fmMousePointerHelp 14 矢印と疑問符
fmMousePointerSizeAll 15 サイズ変更カーソル (上下左右を指し示す矢印)
fmMousePointerCustom 99 MouseIcon プロパティで指定された
アイコンを使用します。

・Picture【ピクチャー】
ユーザーーフォームの背景に設定する画像ファイルを指定します。


・pictureAlignment【ピクチャーアライメント】
背景に設定する画像の位置を指定します。

定数 内容
fmPictureAlignmentTopLeft 0 左上端に合わせて配置します
fmPictureAlignmentTopRight 1 右上端に合わせて配置します
fmPictureAlignmentCenter 2 中央に配置します(既定値)
fmPictureAlignmentBottomLeft 3 左下端に合わせて配置します
fmPictureAlignmentBottomRight 4 右下端に合わせて配置します

・PictureSizeMode【ピクチャーサイズモード】
背景のサイズが画像のサイズと異なる場合にサイズをどのように設定するかを指定します。

定数 内容
fmPictureSizeModeClip 0 元の大きさのまま表示します
表示しきれない部分は切り捨てます(既定値)
fmPictureSizeModeStretch 1 サイズに合わせてピクチャを引き伸ばします。
ピクチャは水平方向または垂直方向に
ゆがむことがあります
fmPictureSizeModeZoom 2 必要に応じてピクチャを引き伸ばしますが
水平方向または垂直方向にピクチャが
ゆがまないように引き伸ばします

・PictureTiling【ピクチャーターニング】
画像を背景全体に並べて表示するかしないかを設定します。既定値は「False」で画像は背景に1つだけ表示されます。「True」を指定した場合は背景全体に画像を並べて表示します。


・RightToLeft【ライトトゥレフト】
Caption【キャプション】(タイトル)の位置を指定します。既定値は「False」で左側に表示されます。「True」を指定した場合は右側に表示されます。


・ScrollBars【スクロールバーズ】
ユーザーフォームにスクロールバーを設置する方法を設定します。KeepScrollbarsVisible【キープスクロールバービジブル】の設定値と関わりがあります。

定数 内容
fmScrollBarsNone 0 スクロールバーを表示しません(既定値)
fmScrollBarsHorizontal 1 水平スクロールバーを表示します
fmScrollBarsVertical 2 垂直スクロールバーを表示します
fmScrollBarsBoth 3 水平スクロールバーと
垂直スクロールバーの両方を表示します

.ScrollHeight【スクロールハイト】
垂直スクロールバーを表示した場合、スクロールできる範囲をポイント単位で指定します。


・ScrollLeft【スクロールレフト】
水平スクロールバーが設定されている場合、現在水平方向にスクロールされている位置をフォームの左端からポイント単位で取得または設定できます。


・ScrollTop【スクロールトップ】
垂直スクロールバーが設定されている場合、現在垂直方向にスクロールされている位置をフォームの上端からポイント単位で取得または設定できます。


・ScrollWidth【スクロールワイズ】
水平スクロールバーを表示した場合、スクロールできる範囲をポイント単位で指定します。


・ShowModal【ショーモーダル】
既定値「True」の場合はユーザーフォームが開くワークシートなどの操作ができなくなります。「False」の場合はユーザーフォームが開いてもワークシートなどの操作が可能です。


・SpecialEffect【スペシャルエフェクト】
ユーザーフォームの表面の立体表示を設定します。

定数 内容
fmSpecialEffectFlat 0
fmSpecialEffectRaised 1
fmSpecialEffectSnuken 2
fmSpecialEffectEtched 3
fmSpecialEffectBump 6

・StartUpPosition【スタートアップポジション】
ユーザーフォームが最初に表示される位置を指定します。

定数 内容
手動 0 位置をLeftプロパティとTopプロパティを
使用してポイント単位で指定します。
オーナーフォームの中央 1 ユーザーフォームが属する項目の
中央に表示されます。
画面の中央 2 画面全体の中央に表示されます。
Windowsの既定値 3 左上隅に表示されます。

・Top【トップ】
ユーザーフォームが最初に表示される、上からの座標をポイント単位で指定します。
StartUpPosition【スタートアップポジション】プロパティの設定値が「0の手動」の場合に有効です。
既定値は0です。


・WhatsThisButton【ワッツディスボタン】
ユーザーフォームのタイトルバーにポップアップヒントボタンを表示するかしないかを設定します。既定値は「False」でポップアップヒントを表示しません。「True」を設定した場合は表示します。WhatsThisButton プロパティを True にする場合はWhatsThisHelp プロパティを True に設定する必要があります。


・WhatsThisHelp【ワッツディスヘルプ】

設定値 内容
True ポップアップ ヒントのいずれかのアクセス方法を
使用して Windows ヘルプを起動し
WhatsThisHelpID プロパティで識別される
トピックを読み込みます。
False (既定値) F1 キーを使用して ヘルプを起動し
HelpContextID プロパティで識別される
トピックを読み込みます。

Width【ワイズ】
ユーザーフォームの幅をポイント単位で設定します。


・Zoom【ズーム】
ユーザーフォームに設置されたコントロールの拡大率を設定します。


ユーザーフォームに関する参考リンク

ブックを開いたときにユーザーフォームを表示する
ユーザーフォームのイベント


以上で、ユーザーフォームのプロパティについての解説を終了します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事・広告