Excel VBA ラベルのプロパティ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラベルのプロパティ

ユーザーフォームのコントロールの
「ラベル」は文字列(項目の表示)や処理結果の表示などに
使用される使用頻度の高いコントロールです。
挿入した「ラベル」を選択した状態のときに
Visual Basic Editor【ビジュアルベーシックエディタ】左下に表示される
「プロパティウィンドウ」を使用して設定する場合のプロパティについて説明します。


・(オブジェクト名)
Label【ラベル】オブジェクトの名前を変更できます。
既定値はLabel1から数を増やすごとにLabel2と番号が増えます。
名前付けの規則は
1.英数字、漢字、ひらがな、カナカナ、_(アンダースコア)が使用できる
※先頭に数字を使用することはできません。
2.既にあるオブジェクト名と同じ名前は使用できない。
3.スペースや記号は使用できない
「.」「!」「@」「&」「$」「#」など


・Accelerator【アクセラレータ】
コントロールのアクセラレータキーを設定します。
アクセラレータキーとは、ショートカットとして使用される1文字で
Altキーを押しながらアクセラレータキー(指定した1文字)を押すと
オブジェクトにフォーカスが与えられます。
Label にアクセラレータが適用された場合は
Label そのものではなく、タブ オーダーでその Label の次に
位置するコントロールがフォーカスを受け取ります。


・AutoSize【オートサイズ】
ラベルの文字列に合わせて文字列の表示領域を自動調整する場合は
「True」を指定します。
既定値は「False」で自動調整しません。


・BackColor【バックカラー】
ラベルの背景色をシステムまたは、カラーパレットを使用して設定します。
BackStyle【バックスタイル】プロパティの設定値が
1‐fmBackStyleOpaque【フォームバックスタイルオペーク】の場合に反映します。


・BackStyle【バックスタイル】
ラベルの背景のスタイルを設定します。

定数内容
fmBackStyleTransparent
フォームバックスタイルトランスペアレント
0背景を透明にします。
fmBackStyleOpaque
フォームバックスタイルオペーク
1背景を不透明にします。

・BorderColor【ボーダーカラー】
ラベルの背景枠線の色をシステムまたは、カラーパレットを使用して設定します。
BorderStyle【バックスタイル】プロパティの設定値が
1‐fmBoderStyleSingle【フォームボーダースタイルシングル】の場合に反映します。


・BorderStyle【ボーダースタイル】
ラベルの背景枠線のスタイルを設定します。

定数内容
fmBorderStyleNone
フォームボーダースタイルノン
0枠線を表示しません。
fmBorderStyleSingle
フォームボーダースタイルシングル
1枠線を表示します。

・Caption【キャプション】
ラベルに文字列を設定します。


・ControlTipText【コントロールチップテキスト】
マウスポインターをラベルの上に置いたとき
表示する文字列を指定します。


・Enabled【イネーブルド】
既定値「True」指定で通常の表示と操作ができます、
「False」指定で淡色表示となり
イベントに応答しなくなります。


・Font【フォント】
ラベルに設定された文字列のフォントを設定します。


・ForeColor【フォアカラー】
ラベルに設定された文字列の色を設定します。


・Height【ハイト】
ラベルの高さを設定します。
AutoSizeプロパティが「True」の場合は自動調整されます。


・HelpConTextID【ヘルプコンテキストアイディ】
指定したオブジェクトと関連付けるヘルプトピックの
コンテキストIDを指定します。既定値は0です。


・Left【レフト】
ラベルの位置をフォームの左端を0として
ポイント単位で設定します。


・MouseIcon【マウスアイコン】
マウスポインターがラベル上にあるときの形状の
アイコンファイルを設定します。
MousePointerプロパティが
99-fmMousePointerCustomのときに設定が反映します。


・MousePointer【マウスポインター】
マウスポインターがラベルに移動したとき表示されるポインターを指定します。

定数内容
fmMousePointerDefault0標準ポインター(既定値)
fmMousePointerArrow1矢印
fmMousePointerCross2十字ポインター
fmMousePointerIBeam3I ビーム
fmMousePointerSizeNESW6右上と左下を指し示す両端矢印
fmMousePointerSizeNS7上と下を指し示す両端矢印
fmMousePointerSizeNWSE8左上と右下を指し示す両端矢印
fmMousePointerSizeWE9左と右を指し示す両端矢印
fmMousePointerUpArrow10上向き矢印
fmMousePointerHourglass11砂時計
fmMousePointerNoDrop12ドラッグされているオブジェクトに重なった
“不可” シンボル無効なターゲットを示します。
fmMousePointerAppStarting13矢印と砂時計
fmMousePointerHelp14矢印と疑問符
fmMousePointerSizeAll15サイズ変更カーソル (上下左右を指し示す矢印)
fmMousePointerCustom99MouseIcon プロパティで指定された
アイコンを使用します。

・Picture【ピクチャー】
ラベルの背景に設定する画像ファイルを指定します。


・PicturePosition【ピクチャーポジション】
ピクチャのキャプション(設定した文字列)に対する相対位置を指定します。

定数内容
fmPicturePositionLeftTop0ピクチャがキャプションの左側に表示されます
キャプションはピクチャの
上端に合わせて配置されます
fmPicturePositionLeftCenter1ピクチャがキャプションの左側に表示されます
キャプションはピクチャの
中央に合わせて配置されます
fmPicturePositionLeftBottom2ピクチャがキャプションの左側に表示されます
キャプションはピクチャの
下端に合わせて配置されます。
fmPicturePositionRightTop3ピクチャがキャプションの右側に表示されます
キャプションはピクチャの
上端に合わせて配置されます。
fmPicturePositionRightCenter4ピクチャがキャプションの右側に表示されます
キャプションはピクチャの
中央に合わせて配置されます。
fmPicturePositionRightBottom5ピクチャがキャプションの右側に表示されます
キャプションはピクチャの
下端に合わせて配置されます。
fmPicturePositionAboveLeft6ピクチャがキャプションの上に表示されます
キャプションはピクチャの
左端に合わせて配置されます。
fmPicturePositionAboveCenter7ピクチャがキャプションの上に表示されます
キャプションはピクチャの
中央に合わせて配置されます (既定値)
fmPicturePositionAboveRight8ピクチャがキャプションの上に表示されます
キャプションはピクチャの
右端に合わせて配置されます。
fmPicturePositionBelowLeft9ピクチャがキャプションの下に表示されます
キャプションはピクチャの
左端に合わせて配置されます
fmPicturePositionBelowCenter10ピクチャがキャプションの下に表示されます
キャプションはピクチャの
中央に合わせて配置されます
fmPicturePositionBelowRight11ピクチャがキャプションの下に表示されます
キャプションはピクチャの
右端に合わせて配置されます
fmPicturePositionCenter12ピクチャがコントロールの中央に表示されます
キャプションはピクチャの
水平方向および垂直方向の
中央に合わせて配置されます。

・SpecialEffect【スペシャルエフェクト】
ラベルの表面の立体表示を設定します。

定数スタイル
fmSpecialEffectFlat0
fmSpecialEffectRaised1
fmSpecialEffectSnuken2
fmSpecialEffectEtched3
fmSpecialEffectBump6

・TabIndex【タブインデックス】
ラベルにフォーカスをあてる順番を指定します。
TabStopプロパティがTrueのとき反映しますが
通常ラベルにはフォーカスをあてないので設定しません。


・TabStop【タブストップ】
TabIndexの有効、無効を設定します。
既定値は「False」で無効です。
「True」の場合は有効になります。


・TextAlign【テキストアライン】
ラベルに設定されたキャプション(文字列)のラベル内の位置を指定します。

定数位置
fmTextAlignLeft1左揃え
fmTextAlignCenter2中央揃え
fmTextAlignRight3右揃え

・Top【トップ】
ラベルの位置をフォームの上端を0として
ポイント単位で設定します。


・Visible【ビジブル】
ラベルの表示、非表示を切り替えます。
既定値は「True」で表示です。
「False」に指定した場合は非表示になります。


・Width【ワイズ】
ラベルの幅をポイント単位で指定します。


・WordWrap【ワードワープ】
ラベル内の文字列がラベルの幅を超えたときの
折り返しの有無を設定します。
既定値は「True」で折り返しされます。
「False」の場合は折り返しされません。


以上で
ラベルのプロパティについての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク