Excel VBA RefEditコントロールのプロパティ

スポンサーリンク

RefEdit【リフエディット】コントロールのプロパティ

RefEdit【リフエディット】は、選択したセル範囲のアドレスを取得するコントロールです。
RefはReference【リファレンス】の略で「参照する」という意味がありEdit【エディット】は「編集する」という意味があります。



挿入した「RefEdit【リフエディット】」を選択した状態のときに、Visual Basic Editor【ビジュアルベーシックエディタ】左下に表示される「プロパティウィンドウ」を使用して設定する場合のプロパティについて説明します。



・(オブジェクト名)
RefEdit【リフエディット】オブジェクトの名前を変更できます。既定値はRefEdit1から数を増やすごとにRefEdit2と番号が増えます。名前付けの規則は
1.英数字、漢字、ひらがな、カナカナ、_(アンダースコア)が使用できる※先頭に数字を使用することはできません。
2.既にあるオブジェクト名と同じ名前は使用できない。
3.スペースや記号は使用できない「.」「!」「@」「&」「$」「#」など


・AutoSize【オートサイズ】
RefEdit【リフエディット】のサイズを取得された文字列に合わせて、自動で拡大縮小するかを設定します。

内容
False 自動でサイズ変更しません。(既定値)
True 自動でサイズを変更します。

・AutoTab【オートタブ】
MaxLength【マックスレングス】プロパティに設定された、RefEdit【リフエディット】に入力できる最大文字数が入力されたときフォーカスを自動的に次のコントロールに移すかを設定します。

内容
False フォーカスを自動で移しません。(既定値)
True フォーカスを自動的に次のコントロールに移します。

・AutoWordSelect【オートワードセレクト】
RefEdit【リフエディット】に入力されている文字列をダブルクリックで選択するときに選択範囲を単語単位にするかすべての文字列にするかの選択をします。

内容
True 単語単位(既定値)
False すべての文字列

・BackColor【バックカラー】
RefEdit【リフエディット】の背景色をシステムまたは、パレットで設定します。既定値はシステムの「ウィンドウの背景」です。※BackStyle【バックスタイル】の設定が1-fmbackStyleOpaqueの場合
設定が反映されます。


・BackStyle【バックスタイル】
RefEdit【リフエディット】の背景のスタイルを設定します。

定数 内容
fmBackStyleTranSparent 0 背景を透明にします。
fmbackStyleOpaque 1 BackColorプロパティで設定した色に
背景を塗りつぶします。

・BorderColor【ボーダーカラー】
RefEdit【リフエディット】の枠線色をシステムまたはパレットで設定します。※BorderStyle【ボーダースタイル】プロパティの設定値が1-fmBorderStyleSingle【フォームボーダースタイルシングル】のとき設定が反映します。


・BorderStyle【ボーダースタイル】
RefEdit【リフエディット】の枠線を表示するかしないかを設定します。

定数 内容
fmBorderStyleNone
(既定値)
0 テキストボックスの枠線を非表示にします。
fmBorderStyleSingle 1 テキストボックスの枠線を表示します。

・ControlTipText【コントロールチップテキスト】
マウスポインターをRefEdit【リフエディット】上に置いたときに表示する文字列を設定します。


・DragBehavior【ドラッグビフェービア】
RefEdit【リフエディット】のドラッグアンドドロップを許可するかどうかを設定します。

定数 内容
fmDragBehaviorDisabled
(既定値)
0 ドラッグアンドドロップを許可しません。
fmDragBehaviorEnabled 1 ドラッグアンドドロップを許可します。

・Enabled【イナーブルド】
RefEdit【リフエディット】をイベントに対応するかしないかを設定します。

内容
True 通常の表示で操作できます。(既定値)
False 淡色表示になり操作できません。

・Font【フォント】
RefEdit【リフエディット】で使用する文字列のフォントを設定します。


・ForeColor【フォアカラー】
RefEdit【リフエディット】で使用する文字列の色を設定します。


・Height【ハイト】
RefEdit【リフエディット】の高さをポイント単位で指定します。


・HideSelection【ハイドセレクション】
RefEdit【リフエディット】 がフォーカスを失ったときに、選択されているテキストが強調表示されたままかどうかを設定します。

内容
True 強調表示しません。(既定値)
False 強調表示します。

・IMEMode【アイエムイーモード】
RefEdit【リフエディット】の日本語入力システムの実行モードを設定します。

定数 内容
fmIMEModeNoControl 0 IME のモードを変更しません (既定値)
fmIMEModeOn 1 IME をオンにします
fmIMEModeOff 2 IME をオフにして英語モードにします
fmIMEModeDisable 3 IME をオフにします
ユーザーはキー操作によって
IMEをオンにすることができなくなります。
fmIMEModeHiragana 4 全角ひらがなモードで IME をオンにします
fmIMEModeKatakana 5 全角カタカナ モードで IME をオンにします
fmIMEModeKatakanaHalf 6 半角カタカナ モードで IME をオンにします
fmIMEModeAlphaFull 7 全角英数モードで IME をオンにします
fmIMEModeAlpha 8 半角英数モードで IME をオンにします

・IntegralHeight【インテグラルハイト】
RefEdit【リフエディット】 がリストですべてのテキスト行または一部のテキスト行のどちらを表示するかを示します。

内容
True リストは自動的にサイズを変更して完全な項目だけを表示します (既定値)
False 項目が大きすぎて完全に表示されない場合でも
リストは自動的にサイズを変更しません。

・Left【レフト】
RefEdit【リフエディット】の位置をフォームの左端からポイント単位で設定します。


・Locked【ロックトゥ】
RefEdit【リフエディット】を編集できるかできないかを設定します。

内容
False 編集可(既定値)
True 編集不可

・MaxLength【マックスレングス】
RefEdit【リフエディット】に入力できる最大文字数を設定します。既定値は0で最大文字数は未設定です。


・MouseIcon【マウスアイコン】
マウスポインターがRefEdit【リフエディット】上にあるときの形状のアイコンファイルを設定します。※MousePointerプロパティが99-fmMousePointerCustomのときに設定が反映します。


・MousePointer【マウスポインター】
マウスポインターがRefEdit【リフエディット】に移動したとき表示されるポインターを指定します。

定数 内容
fmMousePointerDefault 0 標準ポインター(既定値)
fmMousePointerArrow 1 矢印
fmMousePointerCross 2 十字ポインター
fmMousePointerIBeam 3 I ビーム
fmMousePointerSizeNESW 6 右上と左下を指し示す両端矢印
fmMousePointerSizeNS 7 上と下を指し示す両端矢印
fmMousePointerSizeNWSE 8 左上と右下を指し示す両端矢印
fmMousePointerSizeWE 9 左と右を指し示す両端矢印
fmMousePointerUpArrow 10 上向き矢印
fmMousePointerHourglass 11 砂時計
fmMousePointerNoDrop 12 ドラッグされているオブジェクトに重なった
“不可” シンボル無効なターゲットを示します。
fmMousePointerAppStarting 13 矢印と砂時計
fmMousePointerHelp 14 矢印と疑問符
fmMousePointerSizeAll 15 サイズ変更カーソル (上下左右を指し示す矢印)
fmMousePointerCustom 99 MouseIcon プロパティで指定された
アイコンを使用します。

・MultiLine【マルチライン】
文字列を改行して複数行入力できるかできないかを設定します。

内容
False 改行しません。(既定値)
True 改行します。

・PasswordChar【パスワードキャラ】
RefEdit【リフエディット】をパスワード入力用に使用する場合は、代替えの隠し文字を指定します。
隠し文字を使用しても取得される文字列は入力した文字列です。※PasswordChar【パスワードキャラ】を設定したテキストボックスに入力できるのは半角文字だけです。

PasswordChar【パスワードキャラ】に*(アスタリスク)を設定した例


・ScrollBars【スクロールバーズ】
RefEdit【リフエディット】へのスクロールバーの表示設定をします。※MultiLine【マルチライン】プロパティがTrue(改行する)でWordWrap【ワードワープ】プロパティがTrue(折り返して表示)の場合は文字列がテキストボックスの端で自動的に折り返されるので水平スクロールバーは表示されません。

定数 内容
fmScrollBarsNone 0 スクロールバーを表示しません(既定値)
fmScrollBarsHorizontal 1 水平スクロールバーを表示します
fmScrollBarsVertical 2 垂直スクロールバーを表示します
fmScrollBarsBoth 3 水平・垂直スクロールバーの両方を表示します

・SelectionMargin【セレクションマージン】
RefEdit【リフエディット】の文字列をワンクリックで選択可能にする左端余白の有効・無効を設定します。

内容
True 有効(既定値)
False 無効

・SelLength【セルレングス】
RefEdit【リフエディット】で選択されている文字数を返します。


・SelStart【セルスタート】
RefEdit【リフエディット】選択されている文字列の先頭位置を返します。選択されている文字列がない場合は、挿入ポインタの位置を返します。


・SelText【セルテキスト】
RefEdit【リフエディット】の選択する文字列を設定します。値の取得も可能です。RefEdit【リフエディット】の編集領域の中でどの文字も選択されていない場合、SelText 【セルテキスト】プロパティは長さ 0 の文字列 (“”) を返します。


・SpecialEffect【スペシャルエフェクト】
RefEdit【リフエディットの表面の立体表示を設定します。

定数 内容
fmSpecialEffectFlat 0
fmSpecialEffectRaised 1
fmSpecialEffectSnuken 2
fmSpecialEffectEtched 3
fmSpecialEffectBump 6

・TabIndex【タブインデックス】
フォーム上でRefEdit【リフエディット】がフォーカスをえる順番を設定します。値は0から順番で設定します。※TabStop【タブストップ】プロパティの値がTrueの場合有効です。


・TabKeyBehavior【タブキービフェービア】
RefEdit【リフエディット】上でTabキーを押した場合の動作を設定します。

内容
False 次のオブジェクトにフォーカスが移ります。(既定値)
True タブ文字(空白)が挿入されます。

・TabStop【タブストップ】
Tab キーでこのRefEdit【リフエディット】にフォーカスを移すことができるかどうかを示す値を設定します。

内容
True フォーカスを移します(既定値)
False フォーカスを移しません

・Text【テキスト】
RefEdit【リフエディット】に表示する文字列を設定します。


・TextAlign【テキストアライン】
RefEdit【リフエディット】内の文字列の配置を設定します。

定数 位置
fmTextAlignLeft 1 左揃え(既定値)
fmTextAlignCenter 2 中央揃え
fmTextAlignRight 3 右揃え

・Top【トップ】
ユーザーフォームの上端からのRefEdit【リフエディット】の位置をポイント単位で設定します。


・Value【バリュー】
RefEdit【リフエディット】に文字列を設定します。Text【テキスト】プロパティと連動します。


・Visible【ビジブル】
RefEdit【リフエディット】の表示・非表示を切り替えます。

内容
True 表示(既定値)
False 非表示

・Width【ワイズ】
RefEdit【リフエディット】の幅をポイント単位で設定します。


・WordWrap【ワードワープ】
RefEdit【リフエディット】に入力された文字列の長さがRefEdit【リフエディット】の幅を超えた場合の折り返しの有無を設定します。

内容
True 折り返し有り(既定値)
False 折り返し無し

※WordWrap【ワードワープ】プロパティの設定はMultiLine プロパティが True に設定されている場合のみ有効です。
改行の入力方法は EnterKeyBehavior プロパティの設定に依存し、このプロパティが True だと [ Enter ] キーで改行を入力することができます。一方 False の場合は [ Shift ] + [ Enter ] を入力する必要があります。


以上で、RefEdit【リフエディット】のプロパティについての解説を終了します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事・広告