Google Apps Script入門 Google Apps Scriptてなに?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google Apps Script(グーグル アップス スクリプト)の概要

Googleの各サービスを制御するスクリプトになります。

  • スプレッドシート
  • Googleマップ
  • Gmail
  • Googleフォーム
  • Googleカレンダー
  • Googleドキュメント
  • Googleドライブ

などを統合的に制御するスクリプトです。公式サイトはこちらをご覧下さい。

言語は、「JavaScript」で Google Api を利用して 制御します。

一般的な、JavaScriptはクライアントサイドのスクリプトですが、Google Apps Scriptは、Googleのサーバーを利用したサーバーサイドのスクリプトになります。

一般的な、JavaScriptだけでは難しい、Web上での処理を、簡単に構築することができます。

サーバーサイドスクリプトということもあり通常の、JavaScriptで使用できる、ブラウザを操作するメソッドは使えません。

例えば、メッセージを表示する alert(アラート)メソッドは使えず、Browser.MsgBox(ブラウザメッセージボックス)というメソッドを使います。

イメージ的には、スプレッドシートの裏で動作することもあり、ExcelのVBAと同じで、同じようなことができますし、Web上での処理が可能なので、それ以上のこともできます。

Google Apps Scriptでできること

  • スプレッドシートに登録したメールアドレスに
    定期的にメールを送信する
  • スプレッドシートに登録された住所一覧の
    住所が正しいかジオコーディングで確認する
  • Webのデータを取得する
  • データの集計を自動化する
  • データの分析をする
  • Googleフォームでユーザーから情報を得て
    スプレッドシートをデータベースとして使う

などなど、たくさん考えられます。

すべて無料で使用できますが、以下のような制限があります。

  • メールの送信は、1日 100通まで公式ページ
  • ジオコーディング(住所から緯度経度を取得)は1日、2500回
    公式ページ
  • スクリプトの処理連続時間は、6分

必要な環境

  • ブラウザー
  • Googleアカウント

この2つで開発環境が整います。手軽でいいですね

Googleアカウントの作成方法・確認方法

公式サイトこちらをご覧下さい。
※スマートフォンのアンドロイド端末をお持ちの方はすでに、アカウントがあります。

スクリプトエディターの使い方

1 ログインボタンをクリックします。


2.ログインします。


3.アプリメニューをクリックします。


4.ドライブをクリックします。


5.新規ボタンをクリックします。


6.スプレッドシートをクリックします。


7.ツールをクリックします。


8.スクリプトエディタをクリックします。


9.スクリプトエディタが表示されました。


プログラミング環境の構築も楽でJavaScriptの学習にも最適だと思います。業務効率の改善にも役立つと思いますので、ぜひ挑戦してみいてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク