エクセル 1行、1列おきに表に色をつける

スポンサーリンク
スポンサーリンク

表に1行おきに色をつける方法

表に1行おきに色をつけると、表が見やすくなります

直接、セルに色を設定してしまうと
並び替えを行ったときに、色の配置がみだれてしまいます。

ここでは、「関数」と「条件付き書式設定」を利用して
表を並び替えても、デザインがみだれない方法をご紹介します。

  • MOD(モデュレート)関数
    割り算の余りを求める関数 【使用例 MOD(数値,除算値)】
  • ROW(ロウ)関数
    行番号を取得する関数【使用例 ROW(範囲)】

上記の2つの関数の組み合わせます。


【条件付き書式の設定に入力する数式】

=MOD(ROW(),2)

数式の意味

MOD(モデュレート)は割り算の余りを求める関数
ROW(ロウ)は選択したセル範囲の行番号を取得する関数です

ROWの()引数に範囲を指定しないRow()の場合は
Row関数が入力されているセルの行番号を返します。

MOD(ROW(),2)つまり、行数÷2の余りをもとめています。

偶数行は2で除算するので余りは0
奇数行は余りが出ます。

条件式では「0」は「偽」となり「0」以外は「真」となり
条件付き書式が適用されます。

1行おきに色を付ける操作手順

1.A1セルを選択して、Ctrlキーを押しながら*(アスタリスク)キーを押して
表全体を選択します。



2.条件付き書式ボタンをクリックします。



3.条件付き書式内の「新しいルール」をクリックします。



4.「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択
5.テキストボックスに数式 =MOD(ROW(),2) を入力



6.色を選択して OKボタンを押します。



7.OKボタンを押します。



8.奇数行に色がつきました



表に1列おきに色をつける方法

使用頻度は少ないと思いますが
1列おきに色をつける方法も解説します。

基本的には行のときと同じです。
ROW関数がCOLUMN(カラム)関数にかわっただけです。

  • MOD(モデュレート)関数
    割り算の余りを求める関数 【使用例 MOD(数値,除算値)】
  • COLUMN(カラム)関数
    行番号を取得する関数【使用例 COLUMN(範囲)】

上記の2つの関数の組み合わせます。


【条件付き書式の設定に入力する数式】

=MOD(COLUMN(),2)

1列おきに色を付ける操作手順

行に色をつける手順の4番までは同じ作業です。
1.テキストボックスに数式 =MOD(COLUMN(),2) を入力します。



2.奇数列に色がつきました。



市松模様に色をつける方法

使うことはないと思いますが
市松模様に色をつける方法も解説します。

ROW関数とCOLUMN関数を組み合わせると
市松模様にすることができます。

行と列が両方とも奇数の場合は
「1-1=0(偽)」
行と列が両方とも偶数の場合は
「0-0=0(偽)」
行か列のどちらかが奇数の場合は
「1-0=1(真)」
になり色がつきます。


【条件付き書式の設定に入力する数式】

=MOD(ROW(),2)-MOD(COLUMN(),2)

市松模様に色を付ける操作手順

行に色をつける手順の4番までは同じ作業です。
1.テキストボックスに数式 =MOD(ROW(),2)-MOD(COLUMN(),2) を入力します。



2.市松模様に色がつきました。



以上で、表に交互に色をつける方法の解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク