VBA 数値を16進数に変換する Hex関数

スポンサーリンク

Hex【ヘクサ】関数

数値を16進数に変換するにはHex【ヘクサ】関数を使用します。

Hex【ヘクサ】関数の書式と引数の説明

引数は省略できません。
Hex(Number)
【戻り値】文字列型(String)

  • Number【ナンバー】(必須)
    16進数に変換したい数値を指定します。
    ※数値以外の値を指定するとエラーになります。
    ※小数点を含む数値を指定した場合は、その数値に一番近い整数に丸められます。

ユーザーが入力した数値を16進数に変換するコード例

Sub 数値変換()
Dim 数値 As Integer
数値 = Application.InputBox("16進数に変換したい数値を入力してください", Type:=1)
MsgBox "16進数は" & Hex(数値) & "です。"
End Sub

※Hex (ヘクサ)関数の引数Number【ナンバー】には数値以外を指定するとエラーになるので、ここではApplicationオブジェクトのInputBoxメソッドを使用して、入力タイプを「Type:=1」の「数値」に指定します。

実行結果



16進数とは

16進数は16で位が上がって2桁になり、0~Fまでの数値やアルファベットを使用して数を表す方法です。

10進数と16進数の比較表
10進数 16進数
0 0
1 1
2 2
3 3
4 4
5 5
6 6
7 7
8 8
9 9
10 A
11 B
12 C
13 D
14 E
15 F
16 10
17 11
18 12
19 13
20 14
21 15
22 16
23 17
24 18
25 19
26 1A

以上で、Hex【ヘクサ】関数についての解説を終了します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事・広告