VBA 数値を16進数に変換する Hex関数

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Hex【ヘクサ】関数

数値を16進数に変換するにはHex【ヘクサ】関数を使用します。

Hex【ヘクサ】関数の書式

引数は省略できません。
Hex(Number)
【戻り値】文字列型(String)


設定値(引数)の説明

  • Number【ナンバー】(必須)
    16進数に変換したい数値を指定します。
    ※数値以外の値を指定するとエラーになります。
    ※小数点を含む数値を指定した場合は、その数値に一番近い整数に丸められます。

ユーザーが入力した数値を16進数に変換するコード例

Sub 数値変換()
Dim 数値 As Integer
数値 = Application.InputBox("16進数に変換したい数値を入力してください", Type:=1)
MsgBox "16進数は" & Hex(数値) & "です。"
End Sub

※Hex (ヘクサ)関数の引数Number【ナンバー】には数値以外を指定するとエラーになるので、ここではApplicationオブジェクトのInputBoxメソッドを使用して、入力タイプを「Type:=1」の「数値」に指定します。

実行結果



16進数とは

16進数は16で位が上がって2桁になり、0~Fまでの数値やアルファベットを使用して数を表す方法です。

10進数と16進数の比較表
10進数16進数
00
11
22
33
44
55
66
77
88
99
10A
11B
12C
13D
14E
15F
1610
1711
1812
1913
2014
2115
2216
2317
2418
2519
261A

以上で、Hex【ヘクサ】関数についての解説を終了します。ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク