Excel VBA セルを切り取る Cutメソッド コピーする Copyメソッド

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Cut【カット】メソッド

指定したセルを切り取り クリップボードに保管するには、Range【レンジ】オブジェクトのCut【カット】メソッドを使用します。引数Destination【デスティネーション】を指定するとクリップボードを経由しないで、指定したセルに直接貼り付けることができます。クリップボードに保管されたデータは、Worksheet【ワークシート】オブジェクトのPaste【ペースト】メソッド やRange【レンジ】オブジェクトのPasteSpecial【ペーストスペシャル】メソッドを使用して貼り付けることができます。

Cut【カット】メソッドの書式

[]内は省略可能です。
オブジェクト.Cut([Destination])


設定値(引数)の説明

  • オブジェクト(必須)
    切り取りたいセルやセル範囲をRangeオブジェクトで指定します。
  • Destination【デスティネーション】(省略可)
    移動先のセルを指定します。省略した場合は、切り取ったセルはクリップボードに保管されます。Destination【デスティネーション】は、目的地や行先の意味あがあります。

※クリップボードに保管されたデータはpaste【ペースト】メソッドを使用して貼り付けないと移動ができません。
※切り取るセル範囲は、連続した一つの範囲を指定します。離れたセル範囲を指定するとエラーになります。

A1セルから始まるデータ範囲をクリップボードに移動するコード例

Sub 切取り()
Range("A1").CurrentRegion.Cut
Range("A1").CurrentRegion.Clear
End Sub

実行前

実行後

A1セルから始まるデータ範囲をB1セルに移動するコード例

Sub 切取り2()
Range("A1").CurrentRegion.Cut Range("B1")
End Sub

実行後


Copy【コピー】メソッド

指定したセルをコピーして クリップボードに保管するには、Range【レンジ】オブジェクトのCopy【コピー】メソッドを使用します。引数Destination【デスティネーション】を指定するとクリップボードを経由しないで、指定したセルに貼り付けることができます。クリップボードに保管されたデータは、Range【レンジ】オブジェクトのPaste【ペースト】メソッドを使用して貼り付けることができます。

Copy【コピー】メソッドの書式

[]内は省略可能です。
オブジェクト.Copy([Destination])


設定値(引数)の説明

  • オブジェクト(必須)
    コピーしたいセルやセル範囲をRangeオブジェクトで指定します。
  • Destination【デスティネーション】(省略可)
    貼り付け先のセルを指定します。省略した場合、コピーしたセルはクリップボードに保管されます。

※クリップボードに保管されたデータはpaste【ペースト】メソッドを使用して貼り付けないと移動ができません。
※コピーするセル範囲は、Cut【カット】メソッドと同じで一つの範囲を指定します。離れたセル範囲を指定するとエラーになります。

A1セルから始まるデータ範囲をクリップボードにコピーするコード例

Sub コピー()
Range("A1").CurrentRegion.Copy
End Sub

実行前

実行後


A1セルから始まるデータ範囲をコピーしてA6セルに貼り付けるコード例

Sub コピー()
Range("A1").CurrentRegion.Copy Range("A6")
End Sub

実行結果


以上で、セルを切り取る Cut【カット】メソッド コピーする Copy【コピー】メソッドについての解説を終了します。ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク