Excel VBA セルの文字の配置

スポンサーリンク

セルの文字の配置

Excelでは、セルのなかの文字の配置は「セルの書式設定」ダイアログボックスの「配置」タブで設定します。

VBAでは以下のプロパティを使用してセル内の文字列の配置を設定します。

セルの文字の配置プロパティ一覧


プロパティ 内容
HorizontalAlignment
【ホリゾンタルアライメント】
セル内の文字の横方向の配置を取得または設定します。
VerticalAlignment
【バーティカルアライメント】
セル内の文字の縦方向の配置を取得または設定します。
Addindent
【アドインデント】
セル内の文字列の前後にスペースを入れます。
WrapText
【ラップテキスト】
セル内の文字列を折り返して全体を表示します。
ShrinkToFit
【シュリンクトゥフィット】
セル内の文字列を縮小して全体を表示します。
MergeCells
【マージセルズ】
セルを結合します。
ReadingOrder
【リーディングオーダー】
文字の方向を設定します。
IndentLebel
【インデントレベル】
インデントを設定します。
Orientation
【オリエンテーション】
文字列の角度を設定します。

HorizontalAlignment【ホリゾンタルアライメント】プロパティ

セル内の文字の横方向の配置を取得または設定するには、Range【レンジ】オブジェクトのHorizontalAlignment【ホリゾンタルアライメント】プロパティを使用します。

HorizontalAlignment【ホリゾンタルアライメント】プロパティの書式と設定値の説明

【取得】
オブジェクト.HorizontalAlignment
【設定】
オブジェクト.HorizontalAlignment = 設定値

  • オブジェクト(必須)
    横方向の配置を変更したいセルをRange【レンジ】オブジェクトで指定します。
  • 設定値(必須)
    横方向の配置を以下の定数で指定します。

    定数 内容
    xlGeneral 【エックスエルゼネラル】 標準(既定値)
    xlLeft 【エックスエルレフト】 左詰め
    xlCenter 【エックスエルセンター】 中央揃え
    xlRight 【エックスエルライト】 右詰め
    xlFill 【エックスエルフィル】 くり返し
    xljustify 【エックスエルジャストフライ】 両端揃え
    xlCenterAcrossSelection
    【エックスエルセンターアクロスセレクション】
    選択範囲内で中央
    xlDistributed 【エックスエルデストリビデット】 均等割り付け

VerticalAlignment【バーティカルアライメント】プロパティ

セル内の文字の縦方向の配置を取得または設定するには、Range【レンジ】オブジェクトのVerticalAlignment【バーティカルアライメント】プロパティを使用します。

VerticalAlignment【バーティカルアライメント】プロパティの書式と設定値の説明

【取得】
オブジェクト.VerticalAlignment
【設定】
オブジェクト.VerticalAlignment = 設定値

  • オブジェクト(必須)
    縦方向の配置を変更したいセルをRange【レンジ】オブジェクトで指定します。
  • 設定値(必須)
    縦方向の配置を以下の定数で指定します。

    定数 内容
    xlTop 【エックスエルトップ】 上詰め
    xlCenter 【エックスエルセンター】 中央揃え
    xlBottom【エックスエルボトム】 下詰め
    xljustify 【エックスエルジャストフライ】 両端揃え
    xlDistributed 【デストリビデット】 くり返し

Addindent【アドインデント】プロパティ

セルの文字の横方向の配置を設定するHorizontalAlignment【ホリゾンタルアライメント】プロパティの設定値を均等割り付けを表すxlDistributed 【デストリビデット】に指定した場合に前後にスペースを挿入するには、Range【レンジ】オブジェクトのAddindent【アドインデント】プロパティを使用します。

Addindent【アドインデント】プロパティの書式と設定値の説明

オブジェクト.Addindent = 設定値

  • オブジェクト(必須)
    横方向で設定値をxlDistributed 【デストリビデット】の設定になっている範囲をRange【レンジ】オブジェクトで指定します。
  • 設定値(必須)
    前後にスペースを挿入する場合はTrueを設定します。

WrapText【ラップテキスト】プロパティ

セル幅に収まらない文字列をセルの中で折り返して表示するには、Range【レンジ】オブジェクトのWrapText【ラップテキスト】プロパティを使用します。

WrapText【ラップテキスト】プロパティの書式と設定値の説明

オブジェクト.WrapText = 設定値

  • オブジェクト(必須)
    セル内で文字を折り返して表示したいセル範囲をRange【レンジ】オブジェクトで指定します。
  • 設定値(必須)
    折り返して表示する場合はTrueを設定します。

ShrinkToFit【シュリンクトゥフィット】プロパティ

セル幅に収まらない文字列を自動的の縮小して全体を表示するには、Range【レンジ】オブジェクトのShrinkToFit【シュリンクトゥフィット】プロパティを使用します。

ShrinkToFit【シュリンクトゥフィット】プロパティの書式と設定値の説明

オブジェクト.ShrinkToFit = 設定値

  • オブジェクト(必須)
    セル内で文字を縮小して表示したいセル範囲をRange【レンジ】オブジェクトで指定します。
  • 設定値(必須)
    縮小して表示する場合はTrueを設定します。

MergeCells【マージセルズ】プロパティ

セルの結合および解除を行うには、Range【レンジ】オブジェクトのMergeCells【マージセルズ】プロパティを使用します。MergeCells【マージセルズ】プロパティの値を取得することで指定したセルが結合セルかどうかを確認することもできます。

MergeCells【マージセルズ】プロパティの書式と設定値の説明

【取得】
オブジェクト.MergeCells
【設定】
オブジェクト.MergeCells = 設定値

  • オブジェクト(必須)
    結合したセル範囲または解除したいセル範囲をRange【レンジ】オブジェクトで指定します。
  • 設定値(必須)
    セルを結合する場合はTrue 結合を解除する場合はFalseを設定します。

ReadingOrder【リーディングオーダー】プロパティ

文字列の向きを変更するには、Range【レンジ】オブジェクトのReadingOrder【リーディングオーダー】プロパティを使用しますが
ただ、この設定は右から左へ記述する言語に対して有効であり日本語には意味を持ちません。


IndentLebel【インデントレベル】プロパティ

セルの文字をインデントするには、Range【レンジ】オブジェクトのIndentLebel【インデントレベル】プロパティを使用します。

IndentLebel【インデントレベル】プロパティの書式と設定値の説明

オブジェクト.IndentLebel = 設定値

  • オブジェクト(必須)
    インデントしたいセルをRange【レンジ】オブジェクトで指定します。
  • 設定値(必須)
    設定するインデントの幅について全角1文字を1として0~15の整数値で指定します。

Orientation【オリエンテーション】プロパティ

セル内の文字の角度の変更と設定をするには、Range【レンジ】オブジェクトのOrientation【オリエンテーション】プロパティを使用します。

Orientation【オリエンテーション】プロパティの書式と設定値の説明

【取得】
オブジェクト.Orientation
【設定】
オブジェクト.Orientation = 設定値

  • オブジェクト(必須)
    文字の角度を変更したいセルをRange【レンジ】オブジェクトで指定します。
  • 設定値(必須)
    設定したい角度を「‐90~90」の範囲の数値または定数で指定します。>縦書きにする場合は「xlVertical」を指定します。通常の表示に戻すには「xlHorizontal」か「0」を指定します。

    定数 内容
    xlDownward 【ダウンワード】 ‐90度
    xlHorizontal【ホリゾンタル】 水平 0度
    xlUpward【アップワード】 90度
    xlVartical【バーティカル】 垂直【縦書き】


以上で、セルの文字の配置についての解説を終了します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事・広告