VBA 空いてるファイル番号を返すFreeFile関数 データ末尾を返すEOF関数

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FreeFile【フリーファイル】関数

Openステートメントで開く
使用できるファイル番号を取得するには
FreeFile【フリーファイル】関数を使用します。

FreeFile【フリーファイル】関数の書式

[]内は省略可能です。
FreeFile([RangeNumber])
【戻り値】整数型 (Integer)


設定値(引数)の説明

  • RangeNumber【レンジナンバー】(省略可)
    ファイル番号の範囲をバリアント型 (Variant) で指定します。
    指定した範囲から次に使用可能なファイル番号を返します。
    省略した場合は1 ~ 255 の範囲になります。

使用例に関してはテキストファイルをパソコン内部で開く方法をご覧ください。

EOF【イーオーエフ】関数

EOF【イーオーエフ】関数は
シーケンシャル入力モード(Input)または
ランダムアクセスモード(Randon)で開いた
ファイルの読み込み位置がファイルの末尾に
達している場合にTrueを返します。
Do Loopステートメントでのループ処理で
ファイル内のデータを読み込み、
ループを抜ける条件としてEOF関数を使用すれば
ファイルの末尾で読み込みを終了することができます。

EOF【イーオーエフ】関数の書式

EOF(FileNumber)
【戻り値】 ブール型 (Boolean)


設定値(引数)の説明

  • FileNumber【ファイルナンバー】(必須)
    現在開いているファイルのファイル番号を整数型 (Integer) の数値で指定します。

使用例に関してはテキストファイルをパソコン内部で開く方法をご覧ください。
以上で
FreeFile関数 とEOF関数についての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク