Excel VBA 線の書式を設定する LineFormatオブジェクトのプロパティ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

線の書式設定

作成した線や図形(図形を作成するメソッド)の
線や図形の枠線の太さ、スタイル、色を
以下のプロパティで設定をすることができます。

線の書式設定で使用するプロパティ一覧

  • Line【ライン】プロパティ
    太さ、色、矢印などの線の書式を設定する
    LineFormat【ラインフォーマット】オブジェクトを取得します。
  • ForeColor【フォアカラー】プロパティ
    色の書式を設定する
    ColorFormat【カラーフォーマット】オブジェクトを取得します。
  • Style【スタイル】プロパティ
    線のスタイルを設定します。
  • Weight【ウイト】プロパティ
    線の太さを設定します。
  • DashStyle【ダッシュスタイル】プロパティ
    点線のスタイルを設定します。
  • Visible【ビジブル】プロパティ
    線の表示、非表示の設定をします。
  • BeginArrowheadStyle【ビギンアローヘッドスタイル】プロパティ
    矢印の始点のスタイルを設定します。
  • EndArrowheadStyle【エンドアローヘッドスタイル】プロパティ
    矢印の終点のスタイルを設定します。
  • BeginArrowheadLength【ビギンアローヘッドレングス】プロパティ
    矢印の始点の長さを設定します。
  • EndArrowheadLength【エンドアローヘッドレングス】プロパティ
    矢印の終点の長さを設定します。
  • BeginArrowheadWidth【ビギンアローヘッドワイズ】プロパティ
    矢印の始点の幅を設定します。
  • EndArrowheadWidth【エンドアローヘッドワイズ】プロパティ
    矢印の終点の幅を設定します。

Line【ライン】プロパティ

直線や図形の枠線に書式を設定するには
Shapeオブジェクトまたは、ShapeRangeコレクションの
Line【ライン】プロパティを使用して
LineFormat【ラインフォーマット】オブジェクトを取得します。
LineFormat【ラインフォーマット】オブジェクトは
色や太さ、矢印などの線の書式を設定するための
オブジェクトです。

Line【ライン】プロパティの書式

オブジェクト.Line


設定値の説明


※LineFormat【ラインフォーマット】オブジェクトは
直線と図形の枠線の両方の書式を設定するプロパティを持ちますが
矢印のスタイルのように、図形の枠線では使用できないプロパティもあります。


ForeColor【フォアカラー】プロパティ

直線や図形の枠線に色を設定するには
LineFormat【ラインフォーマット】オブジェクトの
ForeColor【フォアカラー】プロパティを使用して
ColorFormat【カラーフォーマット】オブジェクトを取得します。
ColorFormat【カラーフォーマット】オブジェクトは色を
RGBプロパティのRGB関数で指定したり
SchemeColor【スキームカラー】プロパティを使用して
色番号で指定します。

ForeColor【フォアカラー】プロパティの書式

オブジェクト.ForeColor


設定値の説明

  • オブジェクト(必須)
    LineFormatオブジェクトを指定します。

※SchemeColor【スキームカラー】プロパティの色番号は
ColorIndex【カラーインデックス】プロパティのインデックス番号とは
異なります。
ColorIndexプロパティのインデックス番号に7を加算した値が
Schemcolorプロパティの色番号と同じになります。
例として黒の場合
ColorIndexプロパティは1
Schemcolorプロパティは8


Style【スタイル】プロパティ

線のスタイルを設定するには
Style【スタイル】プロパティを使用します。

Style【スタイル】プロパティの書式

オブジェクト.Style = 設定値


設定値の説明

  • オブジェクト(必須)
    LineFormatオブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    MsoLineStyle列挙型の定数で指定します。
MsoLineStyle列挙型の定数
定数内容
msoLineSingle【シングル】1一重線
msoLineThinThin【シェインシェイン】2細い二重線
msoLineThinThick【シェインシック】3細い線と太い線の二重線。細い線が上
msoLineThickThin【シックシェイン】4太い線と細い線の二重線。太い線が上
msoLineThickBetweenThin【シックビットインシェイン】5両側を細い線ではさまれた太い線

B列のセルに合わせて5種類のスタイルの黒い線を作成するコード例

Sub ラインStyle()
Dim i As Long
Dim R As Range
For i = 1 To 5
Set R = Range("B" & i + 1)
With ActiveSheet.Shapes.AddLine(R.Left, R.Top, R.Left + R.Width, R.Top).Line
 .ForeColor.RGB = RGB(0, 0, 0)
 .Style = i
 .Weight = 10
End With
Next i
End Sub

実行結果


Weight【ウイト】プロパティ

線の太さの設定と取得をするには
Weight【ウイト】プロパティを使用します。

Weight【ウイト】プロパティの書式

【取得】
オブジェクト.Weight
【戻り値】単精度浮動小数点型 (Single) の値
【設定】
オブジェクト.Weight = 設定値


設定値の説明

  • オブジェクト(必須)
    LineFormatオブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    線の太さを表す値をポイント単位(1ポイントは約0.35ミリ)で指定します。

DashStyle【ダッシュスタイル】プロパティ

点線のスタイルの設定と取得をするには
DashStyle【ダッシュスタイル】プロパティを使用します。

DashStyle【ダッシュスタイル】プロパティの書式

【取得】
オブジェクト.DashStyle
【戻り値】長整数型 (Long) の値
【設定】
オブジェクト.DashStyle = 設定値


設定値の説明

  • オブジェクト(必須)
    LineFormatオブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    点線のスタイルの種類を表す
    MosLineDashStyle列挙型の定数または値で指定します。
MosLineDashStyle列挙型の定数
定数内容
msoLineSolid【ソリッド】1実線
msoLineSquareDot【スクエアードット】2点線 (角)
msoLineRoundDot【ラウンドドット】3点線 (丸)
msoLineDash【ダッシュ】4破線
msoLineDashDot【ダッシュドット】5一点鎖線
msoLineDashDotDot【ダッシュドットドット】6二点鎖線
msoLineLongDash【ロングダッシュ】7長破線
msoLineLongDashDot【ロングダッシュドット】8長鎖線

B列のセルに合わせて8種類のダッシュスタイルの黒い線を作成するコード例

Sub ダッシュStyle()
Dim i As Long
Dim R As Range
For i = 1 To 8
Set R = Range("B" & i + 1)
With ActiveSheet.Shapes.AddLine(R.Left, R.Top, R.Left + R.Width, R.Top).Line
.ForeColor.RGB = RGB(0, 0, 0)
.DashStyle = i
.Weight = 5
End With
Next i
End Sub

実行結果


Visible【ビジブル】プロパティ

線を表示するかしないかの設定と取得をするには
Visible【ビジブル】プロパティを使用します。

Visible【ビジブル】プロパティの書式

【取得】
オブジェクト.Visible
【戻り値】ブール型 (Boolean) の値
【設定】
オブジェクト.Visible = 設定値


設定値の説明

  • オブジェクト(必須)
    LineFormatオブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    線を表示する場合は「True」(既定値)
    線を表示しない場合は「False」を指定します。

BeginArrowheadStyle【ビギンアローヘッドスタイル】プロパティ

EndArrowheadStyle【エンドアローヘッドスタイル】プロパティ

線の始点の矢印のスタイルの設定や取得をするには
BeginArrowheadStyle【ビギンアローヘッドスタイル】プロパティを使用します。
線の終点の矢印のスタイルの設定や取得をするには
EndArrowheadStyle【エンドアローヘッドスタイル】プロパティを使用します。

BeginArrowheadStyle、EndArrowheadStyleプロパティの書式

【設定】
オブジェクト.BeginArrowheadStyle = 設定値
オブジェクト.EndArrowheadStyle = 設定値


設定値の説明

  • オブジェクト(必須)
    LineFormatオブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    矢印のスタイルを
    MsoArrowheadStyle列挙型の定数で指定します。
MsoArrowheadStyle列挙型の定数
定数内容
msoArrowheadNone【ノン】1矢印なし
msoArrowheadTriangle【トライアングル】2三角矢印
msoArrowheadOpen【オープン】3開いた矢印
msoArrowheadStealth【ステルス】4鋭い矢印
msoArrowheadDiamond【ダイアモンド】5ひし型
msoArrowheadOval【オバール】6円形矢印

B列のセルに合わせて6種類の矢印の形の青い線を作成するコード例

Sub 矢印Style()
Dim i As Long
Dim R As Range
For i = 1 To 6
Set R = Range("B" & i + 1)
With ActiveSheet.Shapes.AddLine(R.Left, R.Top, R.Left + R.Width, R.Top).Line
 .ForeColor.RGB = RGB(0, 0, 255)
 .Style = 1
 .BeginArrowheadStyle = i
 .EndArrowheadStyle = i
 .Weight = 5
End With
Next i
End Sub

実行結果


BeginArrowheadLength【ビギンアローヘッドレングス】プロパティ

EndArrowheadLength【エンドアローヘッドレングス】プロパティ

始点の矢印の長さの設定や取得をするには
BeginArrowheadLength【ビギンアローヘッドレングス】プロパティを使用します。
終点の矢印の長さの設定や取得をするには
EndArrowheadLength【エンドアローヘッドレングス】プロパティを使用します。

BeginArrowheadLength、EndArrowheadLengthプロパティの書式

【設定】
オブジェクト.BeginArrowheadLength = 設定値
オブジェクト.EndArrowheadLength = 設定値


設定値の説明

  • オブジェクト(必須)
    LineFormatオブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    矢印の長さを
    MsoArrowheadLength列挙型の定数で指定します。
MsoArrowheadLength列挙型の定数
定数内容
msoArrowheadShort【ショート】1短い
msoArrowheadLengthMedium【ミディアム】2普通
msoArrowheadLong【ロング】3長い


BeginArrowheadWidth【ビギンアローヘッドワイズ】プロパティ

EndArrowheadWidth【エンドアローヘッドワイズ】プロパティ

始点の矢印の幅の設定や取得をするには
BeginArrowheadWidth【ビギンアローヘッドワイズ】プロパティを使用します。
終点の矢印の幅の設定や取得をするには
EndArrowheadWidth【エンドアローヘッドワイズ】プロパティを使用します。

BeginArrowheadWidth、EndArrowheadWidthプロパティの書式

【設定】
オブジェクト.BeginArrowheadWidth = 設定値
オブジェクト.EndArrowheadWidth = 設定値


設定値の説明

  • オブジェクト(必須)
    LineFormatオブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    矢印の長さを
    MsoArrowheadWidth列挙型の定数で指定します。
MsoArrowheadWidth列挙型の定数
定数内容
msoArrowheadNarrow【ナロー】1狭い
msoArrowheadWidthMedium【ミディアム】2普通
msoArrowheadWide【ワイド】3広い


以上で
線の書式を設定する LineFormatオブジェクトのプロパティ
についての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク