Excel VBA セルにテーマの色を設定する ThemeColorプロパティ

スポンサーリンク

セルにテーマの色を設定する方法

セルにテーマの色を設定するには、Interior【インテリア】オブジェクトのThemeColor【テーマカラー】プロパティを使用します。

ThemeColorプロパティはExcel2007から追加されたプロパティです。

ThemeColor【テーマカラー】プロパティ

ThemeColor【テーマカラー】プロパティの書式と設定値の説明

【取得】
オブジェクト.ThemeColor
【戻り値】バリアント型 (Variant) の値
【設定】
オブジェクト.ThemeColor = 設定値

  • オブジェクト(必須)
    塗りつぶしを表す、Interior【インテリア】オブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    テーマカラーの基本色となるxlThemeColor列挙型の定数または、値を指定します。
    カラーパレットにある「テーマの色」の1行目に表示されている、基本色の左から順番に対応しています。定数によって設定される色は、設定されているテーマやExcelのバージョンによって異なります。
xlThemeColor列挙型の定数(Excel2016)
定数 内容(テーマ:Officeの場合)
xlThemeColorDark1 1 背景1(白)
xlThemeColorLight1 2 テキスト1(黒)
xlThemeColorDark2 3 背景2(薄い灰色)
xlThemeColorLight2 4 テキスト2(ブルーグレー)
xlThemeColorAccent1 5 アクセント1(青)
xlThemeColorAccent2 6 アクセント2(オレンジ)
xlThemeColorAccent3 7 アクセント3(灰色)
xlThemeColorAccent4 8 アクセント4(ゴールド)
xlThemeColorAccent5 9 アクセント5(水色)
xlThemeColorAccent6 10 アクセント6(緑)

テーマの種類


※設定されているテーマによって、定数によって指定される色は変化します。
いずれのテーマも左から順に定数と値が割り当てられます。


TintAndShade【テントアンドシェイド】プロパティ

セルに設定された色に明暗を設定するには、Interior【インテリア】オブジェクトのTintAndShade【テントアンドシェイド】プロパティを使用します。

TintAndShade【テントアンドシェイド】プロパティの書式と設定値の説明

【取得】
オブジェクト.TintAndShade
【戻り値】単精度浮動小数点型 (Single) の値
【設定】
オブジェクト.TintAndShade = 設定値

  • オブジェクト(必須)
    塗りつぶしを表す、Interior【インテリア】オブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    0を中間値として、-1(最も暗い)~1(最も明るい)の間値を小数点を使用して設定します。



表範囲にテーマカラーで色を設定してデータ範囲の色を明るくするコード例

Sub 表色()
With Range("B2").CurrentRegion
.Interior.ThemeColor = 10
.Offset(1, 1).Resize(.Rows.Count - 1, .Columns.Count - 1). _
Interior.TintAndShade = 0.5
End With
End Sub

実行前

実行後


以上で、セルにテーマの色を設定する ThemeColor【テーマカラー】プロパティについての解説を終了します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事・広告