Excel VBA コマンドボタンのプロパティ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コマンドボタンのプロパティ

コマンドボタンはクリック操作によって
処理を実行させるコントロールです。
Visual Basic Editor【ビジュアルベーシックエディタ】左下に表示される
「プロパティウィンドウ」を使用して設定する場合のプロパティについて説明します。
なお、コマンドボタンのイベントについては「コマンドボタンのイベント」をご覧ください。


・(オブジェクト名)
CommandButton【コマンドボタン】オブジェクトの名前を変更できます。
既定値はCommandButton1から数を増やすごとにCommandButton2と番号が増えます。
名前付けの規則は
1.英数字、漢字、ひらがな、カナカナ、_(アンダースコア)が使用できる
※先頭に数字を使用することはできません。
2.既にあるオブジェクト名と同じ名前は使用できない。
3.スペースや記号は使用できない
「.」「!」「@」「&」「$」「#」など


・Accelerator【アクセラレータ】
コントロールのアクセラレータキーを設定します。
アクセラレータキーとは、ショートカットとして使用される1文字で
Altキーを押しながらアクセラレータキー(指定した1文字)を押すと
このコマンドボタンにフォーカスが与えられます。


・AutoSize【オートサイズ】
コマンドボタンのサイズをCaption(文字列)に合わせて
自動で拡大縮小するかを設定または取得します。

内容
False自動でサイズ変更しません。(既定値)
True自動でサイズを変更します。

・BackColor【バックカラー】
コマンドボタンの背景色をシステムまたは、パレットで設定または取得します。
※BackStyle【バックスタイル】の設定が1-fmbackStyleOpaqueの場合
設定が反映されます。


・BackStyle【バックスタイル】
コマンドボタンの背景のスタイルを設定または取得します。

定数内容
fmBackStyleTranSparent0背景を透明にします。
fmbackStyleOpaque1BackColorプロパティで設定した色に
背景を塗りつぶします。(既定値)

・Cancel【キャンセル】
コマンド ボタンを [キャンセル] ボタンに
するかしないかを示す値を取得または設定します。
[キャンセル] ボタンにすることができるのは
1 つのフォームで 1 つの コマンドボタンだけです。
あるコマンド ボタンの Cancel を True に設定すると
同じフォーム上の他のすべてのコマンドボタンの
Cancel は自動的に False に設定されます。
コマンドボタンが[キャンセル]ボタンの場合は
フォーカスを自動的にえることはありません。

内容
False[キャンセル]ボタンにしません。(既定値)
True[キャンセル]ボタンにします。

・Caption【キャプション】
コマンドボタンに表示する文字列を設定または取得します。


・ControlTipText【コントロールチップテキスト】
マウスポインターをコマンドボタン上に置いたときに
表示する文字列を設定または取得します。


・Default【デフォルト】
このコマンド ボタンを[デフォルト]のボタンにするかどうかを
示す値の取得または設定をします。
[デフォルト] のボタンにすることができるのは
1 つのフォームで 1 つの コマンドボタンだけです。
あるコマンド ボタンの Default を True に設定すると
同じフォーム上の他のすべてのコマンドボタンの
Defaultは自動的に False に設定されます。
[デフォルト]のボタンに設定するとEnterキーで
フォーカスを移して実行ができるようになります。
通常は実行用のボタンをデフォルトに設定しますが
取り消しのできない操作(レコードの削除など)の場合は
[キャンセル]ボタンをデフォルトに設定します。

内容
False[デフォルト]ボタンにしません。(既定値)
True[デフォルト]ボタンに設定します。

・Enabled【イナーブルド】
コマンドボタンをイベントに対応するかしないかを設定または取得します。

内容
True通常の表示で操作できます。(既定値)
False淡色表示になり操作できません。

・Font【フォント】
コマンドボタンのCaption(文字列)のフォントを設定または取得します。


・ForeColor【フォアカラー】
コマンドボタンのCaotion(文字列)の色を設定または取得します。


・Height【ハイト】
コマンドボタンの高さをポイント単位で設定または取得します。


・HelpConTextID【ヘルプコンテキストアイディ】
指定したオブジェクトと関連付けるヘルプトピックの
コンテキストIDを設定します。既定値は0です。


・Left【レフト】
コマンドボタンの位置を
フォームの左端からポイント単位で設定または取得します。


・Locked【ロックトゥ】
コマンドボタンを編集できるかできないかを設定または取得します。

内容
False編集可(既定値)
True編集不可(チェックできません。)

・MouseIcon【マウスアイコン】
マウスポインターがコマンドボタン上にあるときの形状の
アイコンファイルを設定します。
MousePointerプロパティが
99-fmMousePointerCustomのときに設定が反映します。


・MousePointer【マウスポインター】
マウスポインターがコマンドボタンに移動したとき
表示されるポインターを設定または取得します。

定数内容
fmMousePointerDefault0標準ポインター(既定値)
fmMousePointerArrow1矢印
fmMousePointerCross2十字ポインター
fmMousePointerIBeam3I ビーム
fmMousePointerSizeNESW6右上と左下を指し示す両端矢印
fmMousePointerSizeNS7上と下を指し示す両端矢印
fmMousePointerSizeNWSE8左上と右下を指し示す両端矢印
fmMousePointerSizeWE9左と右を指し示す両端矢印
fmMousePointerUpArrow10上向き矢印
fmMousePointerHourglass11砂時計
fmMousePointerNoDrop12ドラッグされているオブジェクトに重なった
“不可” シンボル無効なターゲットを示します。
fmMousePointerAppStarting13矢印と砂時計
fmMousePointerHelp14矢印と疑問符
fmMousePointerSizeAll15サイズ変更カーソル (上下左右を指し示す矢印)
fmMousePointerCustom99MouseIcon プロパティで指定された
アイコンを使用します。

・Picture【ピクチャー】
コマンドボタンの背景に設定する画像ファイルを設定します。


・PicturePosition【ピクチャーポジション】
ピクチャのキャプション(設定した文字列)に対する相対位置を設定します。

定数内容
fmPicturePositionLeftTop0ピクチャがキャプションの左側に表示されます
キャプションはピクチャの
上端に合わせて配置されます
fmPicturePositionLeftCenter1ピクチャがキャプションの左側に表示されます
キャプションはピクチャの
中央に合わせて配置されます
fmPicturePositionLeftBottom2ピクチャがキャプションの左側に表示されます
キャプションはピクチャの
下端に合わせて配置されます。
fmPicturePositionRightTop3ピクチャがキャプションの右側に表示されます
キャプションはピクチャの
上端に合わせて配置されます。
fmPicturePositionRightCenter4ピクチャがキャプションの右側に表示されます
キャプションはピクチャの
中央に合わせて配置されます。
fmPicturePositionRightBottom5ピクチャがキャプションの右側に表示されます
キャプションはピクチャの
下端に合わせて配置されます。
fmPicturePositionAboveLeft6ピクチャがキャプションの上に表示されます
キャプションはピクチャの
左端に合わせて配置されます。
fmPicturePositionAboveCenter7ピクチャがキャプションの上に表示されます
キャプションはピクチャの
中央に合わせて配置されます (既定値)
fmPicturePositionAboveRight8ピクチャがキャプションの上に表示されます
キャプションはピクチャの
右端に合わせて配置されます。
fmPicturePositionBelowLeft9ピクチャがキャプションの下に表示されます
キャプションはピクチャの
左端に合わせて配置されます
fmPicturePositionBelowCenter10ピクチャがキャプションの下に表示されます
キャプションはピクチャの
中央に合わせて配置されます
fmPicturePositionBelowRight11ピクチャがキャプションの下に表示されます
キャプションはピクチャの
右端に合わせて配置されます
fmPicturePositionCenter12ピクチャがコントロールの中央に表示されます
キャプションはピクチャの
水平方向および垂直方向の
中央に合わせて配置されます。

・TabIndex【タブインデックス】
コマンドボタンにフォーカスをあてる順番を設定または取得します。
TabStopプロパティがTrueのとき反映します。


・TabStop【タブストップ】
TabIndexの有効、無効を設定または取得します。

内容
True有効(既定値)
False無効

・TakeFocusOnClick【テイクフォーカスオンクリック】
マウスでコマンドボタンをクリックしたとき
コマンドボタンにフォーカスを移すかどうかを設定または取得します。

内容
Trueフォーカスを取得します。(既定値)
Falseフォーカスを取得しません



・Top【トップ】
コマンドボタンの位置をフォームの上端を0として
ポイント単位で設定または取得します。


・Visible【ビジブル】
このコマンドボタンの表示、非表示を切り替えまたは状態を取得します。

内容
True表示します。(既定値)
False非表示です。

・Width【ワイズ】
コマンドボタンの幅をポイント単位で設定または取得します。


・WordWrap【ワードワープ】
Caption(文字列)がコマンドボタンの幅を超えたときの
折り返しの有無を設定または取得します。

内容
False折り返しません(既定値)。
True折り返します。

以上で
コマンドボタンのプロパティについての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク