Excel VBA 色を設定する

スポンサーリンク

色を設定する方法

VBAでは、ワークシートやセルなどのオブジェクトの各プロパティを使用して参照したオブジェクトに対して、色を設定するプロパティを使用し、各オブジェクトに色を設定します。

色を設定する主なプロパティ

  • ColorIndex【カラーインデックス】プロパティ
  • Color【カラー】プロパティ

対象オブジェクト

オブジェクト 内容
Border【ボーダー】 罫線または輪郭線の色
Borders【ボダーズ】 指定したセル範囲の周囲の罫線の色
Font【フォント】 文字の色
Interior【インテリア】 セル塗りつぶしの色
Tab【タブ】 シート見出しの色

ColorIndex【カラーインデックス】プロパティ

ColorIndex【カラーインデックス】プロパティの書式と設定値

オブジェクト.ColorIndex = 設定値

  • オブジェクト(必須)
    色を設定する対象によって上記のオブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    1~56の現在のカラーパレットのインデックス値または、XlColorIndex クラスの定数を指定します。
XlColorIndex クラスの定数
定数 内容
xlColorIndexAutomatic 色を自動的に設定します。
xlColorIndexNone 色なし

標準のカラーパレットのインデックス番号


現在のカラーパレットの色とインデックス番号をセルに表示するコード例

Sub カラーインデックス()
Dim i As Long
For i = 1 To 56
Cells(i, 1).Value = i
Cells(i, 2).Interior.ColorIndex = i
Next i
End Sub

実行結果


Color【カラー】プロパティ

Color【カラー】プロパティの書式と設定値の説明

オブジェクト.Color = 設定値

  • オブジェクト(必須)
    色を設定する対象によって上記のオブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    RGB関数や色の定数などを使用して色を指定します。
色の定数一覧表
定数
vbBlack
vbRed
vbGreen
vbBlue
vbYellow 黄色
vbMagenta マゼンタ
vbCyan シアン
vbWhite

RGB関数の書式と引数の説明

RGB( red, green, blue )

  • red(必須)
    赤の割合を0~255の整数値で指定します。
  • green(必須)
    緑の割合を0~255の整数値で指定します。
  • blue(必須)
    青の割合を0~255の整数値で指定します。

RGB関数の引数の値は「色の設定」ダイアログボックスを使用すると色を確認しながら値を取得することができます。


「色の設定」ダイアログボックスを表示するコード例

Sub 色設定ダイアログ()
Application.Dialogs(xlDialogEditColor).Show 10, 0, 125, 125
End Sub

以上で、色を設定する方法についての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事・広告