Excel VBA 行・列見出しを固定する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

行・列見出しを固定する方法

WindowオブジェクトのFreezePanes(フリーズペインズ)プロパティを
Trueに指定することでセレクトされているセルを基準に
以下の2つの状態が固定されます。

  1. ウインドウの左上に表示されるセル
  2. セレクトされているセルを基準として上の行と左の列

A2セルを基準に見出し固定するコート

Sub sample()
Range("A2").Select
ActiveWindow.FreezePanes = True
End Sub

実行結果


A2セルを基準にしているので、1行目が固定されます。(青い部分が固定)


B2セルを基準に見出し固定するコート

Sub sample()
Range("B2").Select
ActiveWindow.FreezePanes = True
End Sub

実行結果


B2セルを基準にしているので、1行目と1列目が固定されます。
(青い部分が固定)


行・列見出しを固定解除する方法

ActiveWindowオブジェクトの
FreezePanes(フリーズペインズ)プロパティの値を
Falseにすれば固定が解除されます。

見出し固定を解除するコート

Sub sample2()
ActiveWindow.FreezePanes = False
End Sub

以上で、行・列見出しを固定する方法の解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク