Excel VBA 指定したセル範囲のセル番地を取得するAddressプロパティ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Address【アドレス】プロパティ

指定したセルまたはセル範囲のセル番地を
文字列型(String)の値で取得するには
Range【レンジ】オブジェクトの
Address【アドレス】プロパティを使用します。

Address【アドレス】プロパティの書式

オブジェクト.Address( RowAbsolute, ColumnAbsolute,
ReferenceStyle, External, RelativeTo )

【戻り値】文字列型(String)


設定値(引数)の説明

  • オブジェクト(必須)
    セル番地を取得したいセルまたはセル範囲を
    Range【レンジ】オブジェクトで指定します。
  • RowAbsolute【ロウアブソルート】(省略可)
    行の参照方法をブール型の値で設定します。

    設定値内容
    False相対参照で参照します。
    True絶対参照で参照します。(既定値)

    ※省略した場合は絶対参照のTrueが指定されます。

  • ColumnAbsolute【カラムアブソルート】(省略可)
    列の参照方法をブール型の値で設定します。

    設定値内容
    False相対参照で参照します。
    True絶対参照で参照します。(既定値)

    ※省略した場合は絶対参照のTrueが指定されます。

  • ReferenceStyle【リファレンススタイル】(省略可)
    XlReferenceStyle列挙型の定数を使用して参照形式を指定します。

    XlReferenceStyle列挙型
    定数内容
    xlR1C1-4150R1C1形式で参照されます。
    xlA11A1形式で参照されます。(既定値)

    省略した場合はA1形式の「xlA1」が指定されます。

  • External【エクスターナル】(省略可)
    参照先が外部(他のブック)かローカル(このブック)かを指定します。

    設定値内容
    True外部参照
    Falseローカル参照(既定値)

    省略した場合はローカル参照のFalseが指定されます。

  • RelativeTo【リラティブトゥ】(省略可)
    相対参照の開始となるセルを指定します。
    行と列の参照方法を設定する引数
    RowAbsolute【ロウアブソルート】とColumnAbsolute【カラムアブソルート】が
    相対参照を表すFalseで、参照形式を設定する引数
    ReferenceStyle【リファレンススタイル】がR1C1形式を表す
    xlR1C1の場合には必ず指定します。

選択したセル範囲の番地を相対参照で取得するコード例

Sub セル番地()
  MsgBox Selection.Address(False, False)
End Sub

実行結果


A列の数値データの最終行の下の行にSUM関数で合計値を代入するコード例

Sub セル番地2()
 With Range("A1")
    .End(xlDown).Offset(1, 0) = "=SUM(" & Range("A1", .End(xlDown)).Address(False, False) & ")"
 End With
End Sub

コードの解説

2行目
【With Range(“A1”)】

A1セルをWithステートメントで指定します。


3行目
【.End(xlDown).Offset(1, 0) = “=SUM(” & Range(“A1”, .End(xlDown)).Address(False, False) & “)”】
Withステートメントで指定したA1セルを
データが入力されている領域の最終セルを参照する
Rangeオブジェクトの
End【エンド】プロパティで引数を下方向を表すxlDownに設定し
上端セルから下方向に最終セルを参照して
選択セル範囲の位置を変更する
Rangeオブジェクトの
Offset【オフセット】プロパティで移動する行数を表す引数に1を指定し
データの最終セルの下のセルを参照して
文字列としてSUM関数を代入します。
SUM関数の引数はA1セルから
Withステートメントで指定したA1セルを
End【エンド】プロパティで取得したデータの最終セルを参照して
Address【アドレス】プロパティで相対参照のセル番地を取得して
合計するデータ範囲を指定します。


実行結果


Address【アドレス】プロパティを使用したコード例リンク


以上で
指定したセル範囲のセル番地を取得するAddressプロパティ
についての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク