Excel VBA セルを参照する CurrentRegion、End、 UsedRangeプロパティ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

CurrentRegion【カレントリージョン】プロパティ

指定したセルを含むアクティブセル領域を参照するには
CurrentRegion【カレントリージョン】プロパティを使用します。

アクティブセル領域とは、空白行、空白列で囲まれた領域のことで
データの固まりを参照することができます。行数や列数に変動がある
表を参照したい場合などに便利に使用できます。

CurrentRegion【カレントリージョン】プロパティの書式

オブジェクト.CurrentRegion
【戻り値】Rangeオブジェクト


設定する項目

  • オブジェクト
    Range【レンジ】オブジェクトを指定します。

※保護されたワークシートでは使用することができません。


A1セルから始まる表の範囲(固まり)を参照するコート例

Sub 表範囲参照()
Range("A1").CurrentRegion.Select
End Sub

実行結果


End【エンド】プロパティ

指定したセルが含まれるデータが入力されている
領域の終端セルを取得するには
End【エンド】プロパティを使用します。

End【エンド】プロパティの書式

オブジェクト.End(方向)
【戻り値】Rangeオブジェクト


設定する項目

  • オブジェクト
    Range【レンジ】オブジェクトを指定します。
    終端セルを取得するための基準となるセルを指定します。
  • 方向
    移動する方向をxlDirection【エックスエルディレクション】列挙型の定数で指定します。
xlDirection列挙型の定数
定数方向定数方向
xlUp上端xlToLeft左端
xlDown下端xlToRight右端

※データが入力されている終端セルを取得したい場合
基準となるセルとデータの終端セルの間に空白セルがあると
データの終端セルは取得できず、空白セルの一つ手前のセルが取得されます。
確実にデータの終端セルを取得するには、下方向の場合は、
Rows.Countプロパティでセルの最終行を基準としてEnd(xlUp)で上方向に
データが入力されている行まで移動すればデータ下方向の終端行が取得できます。

横方向の場合は、Columns.Countプロパティでセルの最終列を基準として
End(xlToLeft)で左方向にデータが入力されている行まで移動すれば
データの横方向の終端列が取得できます。


Endプロパティで終端セルを取得してデータ範囲を選択するコード例

Sub 終端セル()
Dim 最終行 As Long
Dim 最終列 As Long
最終行 = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
最終列 = Cells(1, Columns.Count).End(xlToLeft).Column
Range(Cells(1, 1), Cells(最終行, 最終列)).Select
End Sub

実行結果


UsedRange【ユーズドレンジ】プロパティ

指定したワークシートの使用しているセル範囲を参照するには
UsedRange【ユーズドレンジ】プロパティを使用します。
使用しているセル範囲とは、値が入力されているセルや書式
数式が入力されているセルの範囲を示します。

UsedRange【ユーズドレンジ】プロパティの書式

オブジェクト.UsedRange
【戻り値】Rangeオブジェクト


設定する項目

  • オブジェクト
    Worksheetオブジェクトを指定します。

使用しているセル範囲を選択するコード例

Sub 使用セル範囲()
ActiveSheet.UsedRange.Select
End Sub

実行結果


以上で
CurrentRegionプロパティ、Endプロパティ、UsedRangeプロパティ
についての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク