VBA Windowオブジェクト プロパティ・メソッド 一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Window【ウインドウ】オブジェクト

ウインドウを表すのが
Window【ウインドウ】オブジェクトです。
以下のプロパティやメソッドで参照します。

リンクがある場合は詳細説明ページが開きます。


Windowオブジェクトのプロパティ一覧表

プロパティ名内容
ActiveCell
【アクティブセル】
最前面に表示されている
アクティブ ウィンドウまたは
指定されたウィンドウでの
アクティブ セルを表す
Range オブジェクトを返します。
ActiveChart
【アクティブチャート】
アクティブなグラフ シート
または埋め込みグラフを表す
Chart オブジェクトを返します。
ActivePane
【アクティブペイン】
指定されたウィンドウの
アクティブなウィンドウ枠を
返します。
ActiveSheet
【アクティブシート】
作業中のブック、および
指定されたウィンドウまたは
ブックのアクティブ シートを表す
オブジェクトを返します。
ActiveSheetView
【アクティブシートビュー】
指定されたウィンドウでの
アクティブ シートの表示モードを表す
オブジェクトを取得します。
Application
【アプリケーション】
対象となるオブジェクトが
指定されない場合はExcel アプリーション
を返します。
AutoFilterDateGrouping
【オートフィルターデータグルーピング】
True に設定すると
データ グループのオート フィルターが
指定されたウィンドウに表示されます。
Caption
【キャプション】
ドキュメント ウィンドウの
タイトル バーに表示される
名前を表すバリアント型の値を
取得または設定します。
Creator
【クリエータ】
指定されたオブジェクトを
作成したアプリケーションを
32 ビットの整数値で返します。
DisplayFormulas
【ディスプレイフォーミュラーズ】
True の場合ウィンドウは
数式を表示します。
DisplayGridlines
【ディスプレイグリッドラインズ】
True の場合
枠線を表示します。
DisplayHeadings
【ディスプレイヘディングス】
行と列の両方の見出しを
表示する場合は True に設定し
見出しを表示しない場合は
False に設定します。
DisplayHorizontalScrollBar
【ディスプレイホリゾンタルスクロールバー】
True の場合
水平スクロール バーを表示します。
DisplayOutline
【ディスプレイアウトライン】
True の場合
アウトライン記号を表示します。
DisplayRightToLeft
【ディスプレイライトトゥレフト】
True の場合
指定されたウィンドウの表示が
右から左の表示方向になります。
DisplayRuler
【ディスプレイルーラー】
True に設定すると
指定したウィンドウにルーラーが
表示されます。
DisplayVerticalScrollBar
【ディスプレイバーティカルスクロールバー】
True の場合
垂直スクロール バーを
表示します。
DisplayWhitespace
【ディスプレイホワイトスペース】
True に設定すると
空白領域が表示されます。
DisplayWorkbookTabs
【ディスプレイワークブックタブズ】
True の場合
シート見出しを表示します。
DisplayZeros
【ディスプレイゼロズ】
True の場合
ゼロ値を表示します。
EnableResize
【イナーブルリサイズ】
True の場合
ウィンドウの大きさを
変更できます。
FreezePanes
【フリーズペインズ】
True の場合
分割ウィンドウ枠を固定します。
GridlineColor
【グリッドラインカラー】
枠線の色を RGB 値で
取得または設定します。
GridlineColorIndex
【グリットラインカラーインデックス】
枠線の色を
現在のカラー パレットの
インデックス値または定数で
取得または設定します。
Height
【ハイト】
ウィンドウの高さを表す
倍精度浮動小数点型の値を
ポイント単位で取得または
設定します。
Hwnd
【ハンドルウィンドウ】
指定されたウィンドウの
ウィンドウ ハンドルを示す
長整数型 (Long) の値を返します。
Index
【インデックス】
類似するオブジェクトの
コレクション内でのオブジェクトの
インデックス番号を表す
長整数型の値を返します。
Left
【レフト】
クライアント領域の左端から
ウィンドウの左端までの距離を
ポイント単位で表す
倍精度浮動小数点型の値を
取得または設定します。
OnWindow
【オンウィンドウ】
ウィンドウが
アクティブにされたときに
実行するプロシージャの名前を
取得または設定します。
Panes
【ペインズ】
指定されたウィンドウの
すべてのペインを表す
Panes コレクションを返します。
Parent
【パレント】
指定されたオブジェクトの
親オブジェクトを返します。
RangeSelection
【レンジセレクション】
指定されたウィンドウの
ワークシートで選択されている
セル範囲を表す Range オブジェクト
を返します。
ScrollColumn
【スクロールカラム】
ウィンドウ枠 (ペイン) 内
またはウィンドウ内で左端に
表示される列の番号を
取得または設定します。
ScrollRow
【スクロールロウ】
ウィンドウ枠 (ペイン) 内
またはウィンドウ内で上端に
表示される行の番号を
取得または設定します。
SelectedSheets
【セレクションシーツ】
指定されたウィンドウで
選択されているすべてのシートを表す
Sheets コレクションを返します。
Selection
【セレクション】
Windows オブジェクトの
指定されたウィンドウを返します。
SheetViews
【シートビューズ】
指定されたウィンドウの
SheetViews オブジェクトを
取得します。
Split
【スプリット】
True の場合
ウィンドウを分割します。
SplitColumn
【スプリットカラム】
ウィンドウの左右分割位置を
示す列数 (垂直分割線の左側にある列の数)
を設定します。
SplitHorizontal
【スプリットホリゾンタル】
ウィンドウの左右分割位置を
ポイント単位で設定します。
SplitRow
【スプリットロウ】
ウィンドウの上下分割位置を示す
行数 (水平分割線の上側にある行の数)
を取得または設定します。
SplitVertical
【スプリットバーティカル】
ウィンドウの上下分割位置を
ポイント単位で設定します。
TabRatio
【タブレイシォ】
ウィンドウのシート見出し領域と
水平スクロール バーの幅の比率を
設定します。
Top
【トップ】
ウィンドウの上端から使用可能領域
(メニュー固定ツールバー数式バーの下の領域)
の上端までの距離を表す倍精度浮動小数点型
の値を設定します。
Type
【タイプ】
ウィンドウの種類を表す
XlWindowType クラスの定数
を設定します。
UsableHeight
【ユーザブルハイト】
アプリケーション ウィンドウ領域内で
ウィンドウが使うことのできる範囲の
最大限の高さをポイント単位で返します。
UsableWidth
【ユーザブルワイズ】
アプリケーション ウィンドウ領域内で
ウィンドウが使うことのできる範囲の
最大限の幅をポイント単位で返します。
View
【ビュー】
ウィンドウに表示する
ビューを設定します。
Visible
【ビジブル】
オブジェクトを表示するか
どうかを表すブール型の値を
取得または設定します。
VisibleRange
【ビジブルレンジ】
指定したウィンドウ内または
ウィンドウ枠 (ペイン) 内に
表示されているセルの範囲を表す
Range オブジェクトを返します。
Width
【ワイズ】
ウィンドウの幅をポイント単位で
表す倍精度浮動小数点型の値を
取得、または設定します。
WindowNumber
【ウィンドウナンバー】
ウィンドウ番号を返します。
たとえば、BOOK1.XLS:2 の場合
ウィンドウ名の後に続く 2 が
ウィンドウ番号になります。
WindowState
【ウィンドウスターツ】
ウィンドウの状態を
設定します。
Zoom
【ズーム】
ウィンドウの表示サイズを
パーセント単位 で表すバリアント型
の値を取得、または設定します。

Windowオブジェクトのメソッド一覧表

プロパティ名内容
Activate
【アクティベート】
ウィンドウを
Z オーダーの前面に移動します。
ActivateNext
【アクティベートネクスト】
指定されたウィンドウを
アクティブにし次に
そのウィンドウを Z オーダーで
一番後ろに移動します。
ActivatePrevious
【アクティベートプレビアス】
指定されたウィンドウを
アクティブにし次に Z オーダーで
一番後ろにあるウィンドウを
アクティブにします。
Close
【クローズ】
オブジェクトを閉じます。
LargeScroll
【ラージスクロール】
指定されたページ数分だけ
ウィンドウの文字列を
スクロールします。
NewWindow
【ニューウィンドウ】
新しいウィンドウ
または指定されたウィンドウの
コピーを作成します。
PointsToScreenPixelsX
【ポインツトゥスクリーンピクセルエックス】
横方向の長さの値をポイント
からピクセルに変換します。
PointsToScreenPixelsY
【ポインツトゥスクリーンピクセルワイ】
縦方向の長さの値をポイント
からピクセルに変換します。
PrintOut
【プリントアウト】
オブジェクトを印刷します。
PrintPreview
【プリントプレビュー】
オブジェクトの
印刷プレビューを表示します。
RangeFromPoint
【レンジフロームポイント】
画面座標で指定された
x と y の位置にある
Shape オブジェクト
または Range オブジェクトを
返します。
ScrollIntoView
【スクロールイントゥビュー】
ドキュメント ウィンドウまたは
ペインの左上隅、右下隅のどちらかに
指定された四角形領域の内容が表示
されるようにドキュメント ウィンドウを
スクロールします。
ScrollWorkbookTabs
【スクロールワークブックタブズ】
ウィンドウ下部のシート見出しを
スクロールします。
SmallScroll
【スモールスクロール】
指定した行数分または
列数分だけウィンドウの
文字列をスクロールします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク