VBA 現在の日付を取得するDate関数 Year関数 Month関数 Day関数  

スポンサーリンク

Date【デイト】関数

パソコンに設定されている現在の日付を取得するにはDate【デイト】関数を使用します。Date【デイト】関数には引数はありません。「Excel」関数のToday()関数と同じ働きをします。

Date【デイト】関数の書式

Date
【戻り値】バリアント型(内部処理形式DateのVariant)


メッセージボックスに現在の日付を表示のコード例

Sub 現在日付表示()
MsgBox Date
End Sub

実行結果


A1セルに現在の日付を表示のコード例

Sub 現在日付表示2()
Range("A1") = Date
End Sub

実行結果


Year【イヤー】関数

引数Date【デイト】に指定した日付データから年を取得するには、Year【イヤー】関数を使用します。

Year【イヤー】関数の書式と引数の説明

Year(Date)
【戻り値】バリアント型(内部処理形式IntegerのVariant)

  • Date【デイト】(必須)
    日付を表すバリアント型の値や数式、文字列式やDate【デイト】関数を指定します。

本日の年を表示するコード例

Sub 年表示()
Dim 年 As Variant
年 = Year(Date)
MsgBox 年
End Sub

Month【マンス】関数

引数Date【デイト】に指定した日付データから月を取得するには、Month【マンス】関数を使用します。

Month【マンス】関数の書式と引数の説明

Month(Date)

  • Date【デイト】(必須)
    日付を表すバリアント型の値や数式、文字列式やDate【デイト】関数を指定します。

本日の月を表示するコード例

Sub 月表示()
Dim 月 As Variant
月 = Month(Date)
MsgBox 月
End Sub

Day【デイ】関数

引数Date【デイト】に指定した日付データから月を取得するには、Day【デイ】関数を使用します。

Day【デイ】関数の書式と引数の説明

Day(Date)

  • Date【デイト】(必須)
    日付を表すバリアント型の値や数式、文字列式やDate【デイト】関数を指定します。

本日の日を表示するコード例

Sub 日表示()
Dim 日 As Variant
日 = Day(Date)
MsgBox 日
End Sub

以上で、Date【デイト】関数、 Year【イヤー】関数 、Month【マンス】関数 、Day【デイ】関数 の解説を終了します。ありがとうございました。

日付・時刻関数一覧表

日付や時刻の関数一覧表です。
関数名がリンクになっています。
クリックすると詳細説明ページが開きます。
関数名説明
Date現在の「日付」を取得します。
Year日付から「年」を取得します。
Month日付から「月」を取得します。
Day日付から「日」を取得します。
DatePart年・月・日を部分的に取得します。
Now現在の「日時」を取得します。
Time現在の「時刻」を取得します。
Hour時刻の「時」を取得します。
Minute時刻の「分」を取得します。
Second時刻の「秒」を取得します。
Weekday曜日を表す「整数値」を取得します。
WeekdayName曜日を表す整数値を「曜日名」に変換します。
DateSerial年・月・日を表す整数値から日付データに変換します。
TimeSerial時・分・秒を表す整数値から時刻データに変換します。
DateDiff日付や時間の間隔を計算します。
DateAdd時間を加算または減算した日付や時刻を取得します。
Timer経過した秒数を取得します。
CDateデータ型を日付型に変換します。
IsDate日付や時刻として扱えるかを調べます。
DDateValueateValue日付を表す文字列式を日付型(Date)に変換します。
TimeValueTimeValue時刻を表す文字列式を日付型(Date)に変換します。

スポンサーリンク

関連記事・広告