VBA 日付から曜日を取得するWeekday関数・WeekdayName関数

スポンサーリンク

Weekday【ウィークディ】関数

引数に設定した日付データから、曜日を表す整数値を取得するには、Weekday【ウィークディ】関数を使用します。

Weekday【ウィークディ】関数の書式と引数の説明

Weekday(Date)

  • Date【デイト】(必須)
    曜日を調べたい日付を表す数式または文字列式、関数を指定します。

※指定した値が日付と認識されない場合はエラーになります。
IsDate関数を利用して値が日付として認識されるか確認してから指定しましょう


Weekday【ウィークディ】関数が返す整数値と曜日名の対比表

整数値 曜日
1 日曜日
2 月曜日
3 火曜日
4 水曜日
5 木曜日
6 金曜日
7 土曜日

WeekdayName【ウィークディネーム】関数

曜日を表す整数値を曜日名に変換するには、WeekdayName【ウィークディネーム】関数を使用します。引数Weekday【ウィークデイ】に曜日名に変換したい整数値を指定します。

引数Abbreviate【アブリビエイト】に「True」を指定すると、返される文字列の「曜日」が省略されます。Abbreviate【アブリビエイト】は省略するという意味があります。

WeekdayName【ウィークディネーム】関数の書式と引数の説明

[]内は省略可です。
WeekdayName(Weekday[,Abbreviate])

  • Weekday【ウィークデイ】(必須)
    曜日を表す1~7までの整数値を指定します。1~7以外の値を指定するとエラーになります。1~7の整数値を返すWeekday【ウィークデイ】関数と組み合わせて使用すれば間違いありません。
  • Abbreviate
    「曜日」が付かない省略された曜日名を取得する場合は「True」を指定します。既定値は「False」です。

本日の曜日を取得するコード例

Sub 曜日取得()
MsgBox "本日は" & WeekdayName(Weekday(Date)) & "です。"
End Sub

実行結果

本日の曜日を取得するコード例Abbreviateを指定した場合

Sub 曜日取得2()
MsgBox "本日は" & WeekdayName(Weekday(Date), True) & "です。"
End Sub

実行結果


以上で、Weekday【ウィークデイ】関数とWeekdayName【ウィークデイネーム】関数についての解説を終了します。ありがとうございました。

日付・時刻関数一覧表

日付や時刻の関数一覧表です。
関数名がリンクになっています。
クリックすると詳細説明ページが開きます。
関数名説明
Date現在の「日付」を取得します。
Year日付から「年」を取得します。
Month日付から「月」を取得します。
Day日付から「日」を取得します。
DatePart年・月・日を部分的に取得します。
Now現在の「日時」を取得します。
Time現在の「時刻」を取得します。
Hour時刻の「時」を取得します。
Minute時刻の「分」を取得します。
Second時刻の「秒」を取得します。
Weekday曜日を表す「整数値」を取得します。
WeekdayName曜日を表す整数値を「曜日名」に変換します。
DateSerial年・月・日を表す整数値から日付データに変換します。
TimeSerial時・分・秒を表す整数値から時刻データに変換します。
DateDiff日付や時間の間隔を計算します。
DateAdd時間を加算または減算した日付や時刻を取得します。
Timer経過した秒数を取得します。
CDateデータ型を日付型に変換します。
IsDate日付や時刻として扱えるかを調べます。
DDateValueateValue日付を表す文字列式を日付型(Date)に変換します。
TimeValueTimeValue時刻を表す文字列式を日付型(Date)に変換します。

スポンサーリンク

関連記事・広告