Excel VBA 行と列の参照 行と列番号の取得

スポンサーリンク

行と列の参照 行と列番号の取得するプロパティ一覧

プロパティ 内容
Rows         【ロウズ】 行を参照します。
Columns      【カラムス】 列を参照します。
Row          【ロウ】 行番号を取得します。
Column       【カラム】 列番号を取得します。
EntireRow     【エンタイヤロウ】 行全体を参照します。
EntireColumn【エンタイヤカラム】 列全体を参照します。

Rows【ロウズ】プロパティ

Columns【カラムス】プロパティ

指定したオブジェクトの行を参照するにはRows【ロウズ】プロパティ、列を参照するには、Columns【カラムス】プロパティを使用します。引数に行数や列数を指定して指定した行または列を参照します。引数を省略するとすべての行または列を参照します。

Rows【ロウズ】Columns【カラムス】プロパティの書式と設定値(引数)の説明

[]内は省略できます。
[オブジェクト].Rows[(行番号)]
[オブジェクト].Columns[(列番号)]
【戻り値】Rangeオブジェクト

  • オブジェクト(省略可)
    ApplicationオブジェクトやWorksheetオブジェクト
    Rangeオブジェクトを指定します。
    省略した場合は、アクティブシートが対象になります。
  • 行番号(省略可)
    行番号をインデクス番号で指定します。連続した複数行を参照するには、行番号をコロンでつなげてダブルクォテーションで囲みます。省略した場合はすべての行を参照します。
  • 列番号(省略可)
    列インデックス番号または列を表すアルファベットを指定します連続した複数列を参照するには、列番号を表すアルファベットまたはインデクス番号をコロンでつなげてダブルクォテーションで囲みます。省略した場合はすべての列を参照します。

行 列の参照指定例

指定例 内容
Rows(1) 1行目を参照
Columns(1)
Columns(“A”)
1列目を参照
Rows(“1:3”) 1~3行目を参照
Columns(“A:C”)
Columns(“1:3”)
1~3列目を参照
Rows すべての行
Columns すべての列

※行列番号や列を表すアルファベットは指定しているオブジェクトの範囲に合わせて相対的な位置になります。

データ範囲の行列を参照して色をつけるコード例

Sub 行列参照()
With Range("B2").CurrentRegion
.Columns("A").Interior.Color = RGB(0, 255, 204)
.Columns(.Columns.Count).Interior.Color = RGB(0, 255, 204)
.Rows(1).Interior.Color = RGB(255, 255, 204)
.Rows(.Rows.Count).Interior.Color = RGB(255, 255, 204)
End With
End Sub

実行結果


Row【ロウ】プロパティ

Column【カラム】プロパティ

指定したセルの行番号を取得するにはRange【レンジ】オブジェクトのRow【ロウ】プロパティ、列番号を取得するには、Column【カラム】プロパティを使用します。セル範囲を指定した場合は、範囲の最小の行番号または、列番号を返します。

Row【ロウ】Column【カラム】プロパティの書式と設定値の説明

オブジェクト.Row
オブジェクト.Column
【戻り値】長整数型(Long)の値

  • オブジェクト(必須)
    行や列の番号を取得するセルやセル範囲をRange【レンジ】オブジェクトを指定します。

A1セルから始まる表の最終行番号と最終列番号を取得するコート例

Sub 最終列行番号()
Dim 最終行 As Long
Dim 最終列 As Long
最終行 = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
最終列 = Cells(1, Columns.Count).End(xlToLeft).Column
MsgBox "最終行は" & 最終行 & "行です。" & vbCrLf & _
"最終列は" & 最終列 & "列です。"
End Sub

実行結果


EntireRow【エンタイヤロウ】プロパティ

EntireColumn【エンタイヤカラム】プロパティ

それぞれ指定したセルやセル範囲の行全体を参照するには、EntireRow【エンタイヤロウ】プロパティ、列全体を参照するには、EntireColumn【エンタイヤカラム】プロパティを使用します。指定したセルを含む行全体や列全体に対して処理をしたい場合に利用するプロパティです。

EntireRow【エンタイヤロウ】EntireColumn【エンタイヤカラム】プロパティの書式と設定値の説明

オブジェクト.EntireRow
オブジェクト.EntireColumn
【戻り値】Range【レンジ】オブジェクト

  • オブジェクト(必須)
    全体行や列を参照したいセルやセル範囲をRange【レンジ】オブジェクトを指定します。

使用例については空白セルの全体行を削除するをご覧ください。


以上で、行と列の参照行と列番号の取得についての解説を終了します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事・広告