VBA ファイルサイズを調べるFileLen関数 更新日時を調べるFileDateTime関数

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FileLen【ファイルレン】関数

ファイルサイズを調べるには
FileLen【ファイルレン】関数を使用します。
バイト単位でファイルサイズを取得できるので
正確なファイルサイズを調べるのに向いています。

FileLen【ファイルレン】関数の書式

FileLen(PathName)
【戻り値】長整数型 (Long)


設定値(引数)の説明

  • PathName【パスネーム】(必須)
    ファイルサイズを調べるファイル名を指定します。
    パスを含めて指定できます。ファイル名のみ指定した場合はカレントフォルダーの
    ファイルが操作対象になります。

※長整数型(Long)の値を返すので、戻り値を代入する変数の型はLongで宣言します。
※すでに開いているファイルサイズを調べたときは
ファイルが開かれる前のファイルサイズを返します。

コード例

Sub ファイルサイズ()
Dim ファイル名 As String
Dim ファイル名2 As String
On Error GoTo エラー処理
ファイル名 = InputBox("ファイルサイズを調べたいファイル名を入力してください。")
ファイル名2 = ThisWorkbook.Path & "¥" & ファイル名
MsgBox "ファイルサイズは" & Format(FileLen(ファイル名2), "#,###") & "Byteです。"
Exit Sub
エラー処理:
MsgBox "ファイルが見つかりません。"
End Sub

コードの解説

InputBox関数でユーザーからファイル名と拡張子を入力してもらい
変数ファイル名に格納します。
変数ファイル名2にこのマクロが記述されているパスで
変数ファイル名のファイル名を代入します。
FileLen関数でファイルサイズを取得し、Format関数で3桁にカンマを
付けています。その値をMsgBox関数で表示しています。


実行結果



FileDateTime【ファイルデイトタイム】関数

ファイルの更新日時を調べるには
FileDateTime【ファイルデイトタイム】関数を使用します。
ファイルの更新日時を日付型(date)で返します。
引数の値にフォルダー名を指定すれば
フォルダーの更新日時を取得できます。

FileDateTime【ファイルデイトタイム】関数の書式

FileDateTime(PathName)
【戻り値】日付型 (Date)


設定値(引数)の説明

  • PathName【パスネーム】(必須)
    更新日時を調べるファイル名またはフォルダー名を指定します。
    パスを含めて指定できます。
    ファイル名またはフォルダー名のみ指定した場合はカレントフォルダーの
    ファイルが操作対象になります。

コード例

Sub 更新日時()
Dim ファイル名 As String
Dim ファイル名2 As String
On Error GoTo エラー処理
ファイル名 = InputBox("更新日時を調べたいファイル名を入力してください。")
ファイル名2 = ThisWorkbook.Path & "¥" & ファイル名
MsgBox " 更新日時は" & FileDateTime(ファイル名2) & "です。"
Exit Sub
エラー処理:
MsgBox "ファイルが見つかりません。"
End Sub

※基本的には、ファイルサイズを調べるコードと同じです。

実行結果



以上で
FileLen関数FileDateTime関数についての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク