Excel VBA ブックの変更が保存されているか確認する Savedプロパティ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Saved【セーブド】プロパティ

ブックを最後に保存してから内容が変更されているか
を確認するにはSaved【セーブド】プロパティを使用します。

値の取得と設定ができます。

値の取得は、ブックを最後に保存してから
変更されている場合はTrue
変更されていない場合はFalse
が返されます。

Saved【セーブド】プロパティの書式

【取得】
オブジェクト.Saved
【戻り値】ブール型 (Boolean)
【設定】
オブジェクト.Saved = 設定値


設定値の説明

  • オブジェクト(必須)
    Workbookオブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    Trueを指定した場合は、ブックの保存の後変更されていないことになります。
    Falseを指定した場合は、ブックの保存の後に変更されたことになります。

※Falseを設定しても変更内容が保存された扱いになるだけで
実際には保存されていないことに注意してください。
保存するにはSaveメソッドやSaveAsメソッドを使用します。

このコードが記述されているブックが変更後保存されているか確認するコード例

Sub 保存確認()
If ThisWorkbook.Saved Then
 MsgBox "このブックは最新版が保存済みです。"
 Else
 MsgBox "このブックの変更は保存されていません。"
End If
End Sub

ブックの変更を保存しないで閉じる方法

Saved【セーブド】プロパティは、保存の必要がない
一時的に使用しているブックを閉じたい場合にも使用できます。
通常、ブックを保存をしないで閉じようとした場合
保存のアラートが表示されますが、
Savedプロパティの値にTrueを設定して閉じた場合
アラートは表示されません。

コードが記述されているブックを保存しないで閉じるコード例

Sub 保存なし()
ThisWorkbook.Saved = True
ThisWorkbook.Close
End Sub

以上で
Savedプロパティについての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク