Excel VBA セルの文字列の書式設定をする Fontオブジェクト

スポンサーリンク

Font【フォント】プロパティ

セルの文字列の書式設定を表すFont【フォント】オブジェクトを取得するには、Range【レンジ】オブジェクトのFont【フォント】プロパティを使用します。

Font【フォント】プロパティの書式と設定値の説明

オブジェクト.Font

  • オブジェクト(必須)
    書式設定するセル範囲をRangeオブジェクトで指定します。

Fontオブジェクトを表すセルの書式設定ダイアログと各プロパティ


Font【フォント】オブジェクトの主なプロパティ一覧

リンクで詳細説明に移動または詳細説明ページが開きます。

プロパティ 内容
Name【ネーム】 フォント名の取得または設定をします。
Size【サイズ】 サイズを取得または設定します。
Bold【ボールド】 太字を取得または設定します。
Italic【イタリック】 斜体を取得または設定します。
Underline【アンダーライン】 下線を取得または設定します。
Color【カラー】 色を取得または設定します。
Strikethrough【ストライクスルー】 取り消し線を設定します。
Superscript【スーパースクリプト】 上付き文字を設定します。
Subscript【サブスクリプト】 下付き文字を設定します。

Name【ネーム】プロパティ

フォント名を取得または設定をするには、セルの書式設定を表すFont【フォント】オブジェクトの
Name【ネーム】プロパティを使用します。

Name【ネーム】プロパティの書式と設定値の説明

【取得】
オブジェクト.Name
【戻り値】文字列型(String)
【設定】
オブジェクト.Name = 設定値

  • オブジェクト
    Range【レンジ】オブジェクトのFont【フォント】プロパティで取得した、Font【フォント】オブジェクトを指定します。
  • 設定値
    フォント名を表す文字列を設定します。「セルの書式設定」ダイアログボックスの「フォント」タブにある「フォント名」の一覧にあるフォント名を指定します。半角や全角の違いやスペースなども正確に指定しないと正しく設定できません。

A1セルから始まるデータ範囲のフォントをHG丸ゴシックM-PROに設定するコード例

Sub フォント設定()
Range("A1").CurrentRegion.Font.Name = "HG丸ゴシックM-PRO"
End Sub

フォント名取得のコード例

Sub フォント名取得()
Dim フォント名 As String
フォント名 = Range("A1").CurrentRegion.Font.Name
MsgBox "フォント名は" & フォント名 & "です。"
End Sub

実行結果


Size【サイズ】プロパティ

フォントサイズを取得または設定するには、セルの書式設定を表すFont【フォント】オブジェクトのSize【サイズ】プロパティを使用します。

Size【サイズ】プロパティの書式と設定値の説明

【取得】
オブジェクト.Size
【戻り値】バリアント型 ( Variant ) の値
【設定】
オブジェクト.Size = 設定値

  • オブジェクト
    Range【レンジ】オブジェクトのFont【フォント】プロパティで取得したFont【フォント】オブジェクトを指定します。
  • 設定値
    フォントサイズを表す数値を指定します。単位はポイント(1P=約0.35ミリ)フォンサイズを大きくするとセル幅や高さに収まらず、文字列の表示が途切れてしまうことがあります。AoutFit【オートフィット】メソッドを使用して、セルの幅や高さの調整が必要になります。

A1セルから始まる表範囲のフォントサイズを20ポイントに変更するコード例

Sub フォントサイズ()
Range("A1").CurrentRegion.Font.Size = 20
End Sub

Bold【ボールド】プロパティ

太字の状態の取得または設定をするには、セルの書式設定を表すFont【フォント】オブジェクトの
Bold【ボールド】プロパティを使用します。

Bold【ボールド】プロパティの書式とっ設定値の説明

【取得】
オブジェクト.Bold
【戻り値】ブール型(Boolean)の値
【設定】
オブジェクト.Bold = 設定値

  • オブジェクト
    Range【レンジ】オブジェクトのFont【フォント】プロパティで取得したFont【フォント】オブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    設定値 内容
    True 太字に設定します。
    False 太字設定を解除します。

A1セルから始まる表範囲の値を太字にするコード例

Sub 太字()
Range("A1").CurrentRegion.Font.Bold = True
End Sub

Italic【イタリック】プロパティ

斜体の状態の取得または設定をするには、セルの書式設定を表すFont【フォント】オブジェクトの
Italic【イタリック】プロパティを使用します。

Italic【イタリック】プロパティの書式と設定値の説明

【取得】
オブジェクト.Italic
【戻り値】ブール型(Boolean)の値
【設定】
オブジェクト.Italic = 設定値

  • オブジェクト
    Range【レンジ】オブジェクトのFont【フォント】プロパティで取得したFont【フォント】オブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    設定値 内容
    True 斜体に設定します。
    False 斜体設定を解除します。

A1セルから始まる表範囲の値を斜体にするコード例

Sub 斜体()
Range("A1").CurrentRegion.Font.Italic = True
End Sub

Underline【アンダーライン】プロパティ

下線を状態を取得または設定するには、セルの書式設定を表すFont【フォント】オブジェクトの
Underline【アンダーライン】プロパティを使用します。

Underline【アンダーライン】プロパティの書式と設定値の説明

【取得】
オブジェクト.Underline
【戻り値】バリアント型(Variant)の値
【設定】
オブジェクト.Underline = 設定値

  • オブジェクト
    Range【レンジ】オブジェクトのFont【フォント】プロパティで取得したFont【フォント】オブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    下線の種類をxlUnderlineStyle列挙型の定数で指定または
    Trueを指定します。
    Trueを指定した場合は標準の下線が設定されます。

    xlUnderlineStyle列挙型
    定数 内容
    xlUnderlineStyleNone 下線なし(Falseの既定値)
    xlUnderlineStyleSingle 下線(Trueの既定値)
    xlUnderlineStyleDouble 二重下線
    xlUnderlineStyleSingleAccounting 下線(会計)
    xlUnderlineStyleDoubleAccounting 二重線(会計)

A1セルから始まる表範囲の値に下線を設定するコード例

Sub 下線()
Range("A1").CurrentRegion.Font.Underline = True
End Sub

Color【カラー】プロパティ

セルに入力されている値に色を設定するには、Font【フォント】オブジェクトのColor【カラー】プロパティを使用します。

Color【カラー】プロパティの書式と設定値の説明

【取得】
オブジェクト.Color
【戻り値】バリアント型 ( Variant ) の値

【設定】
オブジェクト.Color = 設定値

  • オブジェクト
    Range【レンジ】オブジェクトのFont【フォント】プロパティで取得したFont【フォント】オブジェクトを指定します。
  • 設定値
    色の定数または、RGB関数によって作成された値を指定します。色の定数はColorConstants列挙型の定数を指定します。

    ColorConstants列挙型の定数の一覧表
    定数 定数
    vbBlack vbBlue
    vbRed vbMagenta マゼンタ
    vbGreen vbCyan シアン
    vbYellow vbWhite

RGB【アールジービー】関数でRGB【アールジービー】値を取得する方法

RGBはRed(赤)、Green(緑)、Blue(青)の頭文字を取ったものです。

RGB関数の書式と設定値の説明

RGB(赤の割合,緑の割合,青の割合)

  • 赤の割合
    0~255の整数値で赤の割合を指定します。
  • 緑の割合
    0~255の整数値で緑の割合を指定します。
  • 青の割合
    0~255の整数値で青の割合を指定します。

RGB値の調べ方

RGB関数の赤、緑、青の割合を調べるには以下の方法で調べることができます。





A1セルから始まる表範囲のセルの値の色を青に指定するコード例1

Sub フォント色設定()
Range("A1").CurrentRegion.Font.Color = vbBlue
End Sub

A1セルから始まる表範囲のセルの値の色を青に指定するコード例2

Sub フォント色設定2()
Range("A1").CurrentRegion.Font.Color = RGB(0,0,255)
End Sub

以上で、セルの文字列の書式設定をする Fontオブジェクトにつての解説を終了します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事・広告