Excel VBA プロパティとメソッド

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロパティ

オブジェクトの属性(設定情報)を取得、設定するには
「プロパティ」を使用します。
Property【プロパティ】には特性や属性という意味があります。

プロパティの書式

【取得】
値取得 = オブジェクト.プロパティ
【設定】
オブジェクト.プロパティ = 設定値


設定値の説明

  • オブジェクト
    設定情報を取得、設定する対象となるものを指定します。
    具体的にはExcel自体を表すアプリケーション、ワークブック
    シート、セルなど290以上のオブジェクトがあります。
    オブジェクト一覧はこちらをご覧ください。
    オブジェクトの解説についてはこちらをご覧下さい。
  • プロパティ
    オブジェクトの属性を意味します。
    オブジェクトの属性とは、例えば
    ワークシートオブジェクトであれば、名前や枚数
    レンジオブジェクト(セル)であれば、色、フォント、幅や高さ
    などのことをプロパティといいます。
    プロパティはオブジェクトによって用意されています。
    主なオブジェクトのプロパティ一覧は以下のリンクでご確認ください。
    Application【アプリケーション】オブジェクト・  プロパティ一覧
    Workbook【ワークブック】オブジェクト・・・ プロパティ一覧
    Worksheet【ワークシート】オブジェクト・・・  プロパティ一覧
    Range【レンジ】オブジェクト・・・・・・   プロパティ一覧
    Window【ウィンドウ】オブジェクト・・・・ プロパティ一覧
  • 値取得
    プロパティの値を取得するには変数などに代入して取得します。
    左辺で=代入演算子を使用して取得します。
    (代入演算子は右辺の値を左辺に代入します。)
  • 設定値
    プロパティに設定する値を指定します。
    右辺で=代入演算子を使用して設定します。
    (代入演算子は右辺の値を左辺に代入します。)
    冒頭でプロパティはオブジェクトの属性を取得、設定できると説明しましたが
    プロパティによっては値の設定ができないプロパティがあります。
    値の設定ができないプロパティのことを「読み取り専用のプロパティ」といいます。
    逆に値の取得ができないプロパティはありませんが、値の取得ができないことを
    「書き込み専用」といいます。
    読み取り専用のプロパティの例としては
    WorkbookオブジェクトのPath【パス】プロパティは
    ファイルの保存場所を取得しますが保存場所の設定はできません。

Nameプロパティを使用してシート名を取得するコード例

Sub シート名取得()
Dim シート名 As String
シート名 = Worksheets(1).Name
MsgBox シート名
End Sub

シート名を格納する変数シート名を文字列型(String)で宣言します。
アクティブシートのインデックス番号1のシート名をName【ネーム】プロパティで取得して
変数シート名に代入して格納します。
MsgBox【メッセージボックス】関数を使用してシート名が格納されている
変数シート名を表示します。

Nameプロパティを使用してシート名を設定するコード例

Sub シート名設定()
Worksheets(1).Name = "名前設定"
End Sub

アクティブシートのインデックス番号1のシート名を「名前設定」に設定しました。

メソッド

オブジェクトに対して、削除、コピー、移動、保存などの操作を行うには
「メソッド」を使用します。
Method【メソッド】は方式や方法という意味があります。

メソッドの書式

オブジェクト.メソッド


設定値の説明

  • オブジェクト
    操作をしたいオブジェクトを指定します。
  • メソッド
    指定したオブジェクトで使用できるメソッドを指定します。
    主なオブジェクトのメソッド一覧は以下のリンクでご確認ください。
    Application【アプリケーション】オブジェクト・  メソッド一覧
    Workbook【ワークブック】オブジェクト・・・ メソッド一覧
    Worksheet【ワークシート】オブジェクト・・・  メソッド一覧
    Range【レンジ】オブジェクト・・・・・・   メソッド一覧
    Window【ウィンドウ】オブジェクト・・・・ メソッド一覧
    メソッドには、どのように操作を実行するかを詳細に設定できる
    「引数」を持つものがあります。
    引数を指定する場合はメソッドの後に半角スペースを入れて
    「引数名:=値」のように記述し、これを「名前付き引数」といいます。
    引数名は省略することもできますが、引数の指定の順番は変更できません。
    値の設定を省略した引数が途中にある場合は引数を区切るカンマを2つ記述します。
    引数が多いメソッドは「名前付き引数」で指定したほうが間違いありません。

Addメソッドを使用してシートを一番左に2枚追加するコード例

Sub シート追加()
Worksheets.Add Before:=Worksheets(1), Count:=2
End Sub

戻り値があるメソッド

メソッドは操作の実行を行いますが
プロパティのように値の取得(戻り値がある)ができるメソッドもあります。
上記の追加の操作をするAdd【アド】メソッドは追加したオブジェクトを
戻り値として返します。その戻り値のオブジェクトに
プロパティで属性を設定することができます。

Addメソッドで1番左にシートを追加して「追加」というシート名を付けるコード例

Sub シート追加()
Worksheets.Add(Before:=Worksheets(1)).Name = "追加"
End Sub

メソッドの戻り値を使用してプロパティで設定する場合は
メソッドの引数をカッコ()で囲みます。
Addメソッドでシートを追加して
その戻り値の追加したシートにNameプロパティでシート名を
設定しています。

まとめ

「プロパティ」は指定したオブジェクトの属性の取得、設定を行い
「メソッド」は指定したオブジェクトの操作を実行します。
以上でプロパティとメソッドについての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク