Excel VBA 印刷を実行する PrintOutメソッド

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PrintOut【プリントアウト】メソッド

印刷を実行するには
PrintOut【プリントアウト】メソッドを使用します。

PrintOut【プリントアウト】メソッドの書式

[]内は省略可能です。
オブジェクト.
PrintOut([From,To,Copies,Preview,Activeprinter,
PrintToFile,Collate,PrtoFileName,IgnorePrintAreas])


設定値(引数)の説明

  • オブジェクト(必須)
    Workbookオブジェクト、Sheetsコレクション、Worksheetオブジェクト
    Worksheetsコレクション、Chartオブジェクト、Chartsコレクション
    Rangeオブジェクト、Windowオブジェクトの何れかを指定します。
  • From【フローム】(省略可)
    印刷を開始するページ番号を指定します。
    省略した場合は、最初のページから印刷します。
  • To【トゥ】(省略可)
    印刷を終了するページを指定します。
    省略した場合は最後のページまで印刷します。
  • Copies【コピーズ】(省略可)
    印刷部数を指定します。
    省略した場合は1部印刷します。
  • Preview【プレビュー】(省略可)
    印刷する前に印刷プレビューを表示する場合はTrueを指定します。
    省略した場合はFalseが指定され印刷プレビューは表示されません。
  • Activeprinter【アクティブプリンター】(省略可)
    使用するプリンターの名前を指定します。
    省略した場合は現在使用しているプリンターが指定されます。
  • PrintToFile【プリントトゥファイル】(省略可)
    印刷する内容をファイルに出力する場合はTrueを指定します。
    出力先のファイル名は引数PrToFileName【プリントトゥファイルネーム】に指定します。
    省略した場合はFalseが指定されファイルは出力されません。
  • Collate【カレイツ】(省略可)
    部単位で印刷する場合はTrueを指定します。
    省略した場合はFalseが指定されます。
  • PrtoFileName【プリントトゥファイルネーム】(省略可)
    出力先のファイル名を指定します。(引数PrintToFileがTrueの場合のみ指定)
    引数PrintToFileがTrueのとき省略するとファイル名を指定する
    ダイアログボックスが表示されます。
  • IgnorePrintAreas【イグノアプリントエリアーズ】(省略可)
    オブジェクトに設定されている印刷範囲を無視する場合はTrueを指定します。
    オブジェクトがChart、Chartsコレクション、Windowの場合は指定できません。
    省略した場合はFalseが指定されます。

印刷設定画面と各引数の配置


ブック内のすべてを2部づつ部数単位で印刷するコード例

Sub ブック内印刷()
ActiveWorkbook.PrintOut Copies:=2,Collate:=True
End Sub

※Excelから印刷を実行した場合
ワークシートになにも入力されていない場合は
「印刷できるものはありません」とメッセージが表示されますが
PrintOutメソッドで印刷を実行した場合は
メッセージは表示されずに白紙が出力されます。


PrintOutメソッドを使用したコード例リンク

プリンターを指定して印刷する
データ項目の境目に印刷改ページを挿入する
面倒な印刷設定を高速自動化


以上で
印刷を実行する PrintOutメソッドの解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク