Excel VBA シートを設定する PageSetUpオブジェクトのプロパティ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

印刷シートを設定する方法

印刷シートを設定するには
「ページ設定」ダイアログを表す
PageSetUp【ページセットアップ】オブジェクトで
「ページ設定」ダイアログボックス内の「シート」タブの
設定項目を各プロパティで設定します。

PageSetUp【ページセットアップ】オブジェクトを取得するには
WorksheetオブジェクトやChartオブジェクトの
PageSetUp 【ページセットアップ】プロパティを
使用して取得します。

PageSetUp 【ページセットアップ】プロパティ

「ページ設定」ダイアログを表す
PageSetUp【ページセットアップ】オブジェクトを取得するには
PageSetUp 【ページセットアップ】プロパティを使用します。

PageSetUp 【ページセットアップ】プロパティの書式

オブジェクト.PageSetUp


設定値の説明

  • オブジェクト(必須)
    Worksheetオブジェクトまたは、Chartオブジェクトを指定します。

「シート」タブのプロパティ


※各プロパティは値の取得と設定ができます。

各プロパティの書式

【取得】
オブジェクト.プロパティ
【設定】
オブジェクト.プロパティ = 設定値


設定値の説明

  • オブジェクト(必須)
    PageSetUpオブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    各プロパティの設定値を指定します。

「シート」タブの各プロパティ一覧

  • PrintArea【プリントエリア】プロパティ
    印刷範囲に指定したいセル番地をA1形式の文字列で指定します。
    設定を解除するにはFalseまたは「””(長さ0の文字列)」を指定します。
    複数のセル範囲を印刷範囲に設定するには
    セル範囲を「,カンマ」で区切って指定します。
    この場合、各印刷範囲は改ページされて印刷されます。
    例として
    A1セル~D10セルの範囲、F1セル~K10セルの範囲を印刷範囲に設定する場合は
    【 ActiveSheet.PageSetUp.PrintArea = “A1:D10,F1:K10″ 】
    のように記述します。

  • PrintTitleRows【プリントタイトルロウズ】プロパティ
    タイトル行(各ページの上端に印刷したい行)の行番号を絶対参照で指定します。
    設定を解除する場合はFalsまたは、「””(長さ0の文字列)」を指定します。
    絶対参照にする場合は行番号の前に固定番地を表す「$」【ダラー】を記述します。
    例として
    1行目から3行目までをタイトル行とする場合は
    【 ActiveSheet.PageSetUp.PrintTitleRows = “$1:$3″ 】
    のように記述します。
  • PrintTitleColumns【プリントタイトルカラムズ】プロパティ
    タイトル列(各ページの左端に印刷したい行)の列番号または
    列を表すアルファベットを絶対参照で指定します。

    設定を解除する場合はFalsまたは、「””(長さ0の文字列)」を指定します。
    絶対参照にする場合は列番号または
    アルファベットの前に固定番地を表す「$」【ダラー】を記述します。
    例として
    1列目~2列目をタイトル列とする場合は
    【 ActiveSheet.PageSetUp.PrintTitleColumns = “$A:$B” 】
    のように記述します。

  • PrintGridlines【プロントグリッドラインズ】プロパティ
    セルの枠線を印刷する場合はTrueを指定します。
    省略した場合はFalseが指定され枠線を印刷されません。
  • BlackAndWhite【ブラックアンドホワイト】プロパティ
    白黒で印刷する場合はTrueを指定します。
    省略の場合はFalseが指定されます。
  • Draft【ドラフト】プロパティ
    簡易印刷(セルに入力されているデータだけを印刷)を
    実行するにはTrueを指定します。

    省略した場合はFalseが指定されます。
  • PrintHeadings【プリントヘディングス】プロパティ
    行列番号を印刷する場合はTrueを指定します。
    省略した場合はFalseが指定されます。

  • PrintComments【プリントコメンツ】プロパティ
    コメントの印刷方法をxlPrintLocation列挙型の定数で指定します。

    xlPrintLocation列挙型の定数
    定数内容
    xlPrintNoComments印刷しない(既定値)
    xlPrintsheetEndコメントだけを最終ページにまとめて印刷します。
    xlPrintInplace画面表示とおりに印刷します。
  • PrintErrors【プリントエラーズ】プロパティ
    エラー値の印刷方法をxlPrintErrors列挙型の定数で指定します。

    xlPrintErrors列挙型の定数
    定数内容
    xlPrintErrorDisplaydエラー値を印刷する(既定値)
    xlPrintErrorBlankエラー値を印刷しない(空白)
    xlPrintErrorDashエラー値を「‐(ダッシュ)」に置換て印刷します。
    xlPrintErrorNAエラー値を「#N/A」に置換て印刷します。

  • Order【オーダー】プロパティ
    印刷方向をxlOrder列挙型の定数で指定します。

    xlOrder列挙型の定数
    定数内容
    xlDownThenOver下方向のページを印刷してから右側のページを印刷します。
    (左から右)(既定値)
    xlOverThenDown右方向のページを印刷してから下側のページを印刷します。
    (上から下)

以上で
シートを設定する PageSetUpオブジェクトのプロパティに
ついての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク