Excel VBA スクロールバーのイベント

スポンサーリンク

スクロールバーのイベント一覧

イベント名 イベントの発生
AfterUpdate スクロールボックスの位置が変更され
次のコントロールにフォーカスが移動した直後
BeforeDragOver 「ドラッグ&ドロップ」操作の実行中
BeforeDropOrPaste データをドロップするか貼り付けるとき
BeforeUpdate スクロールボックスの位置が変更され
次のコントロールにフォーカスが移動する直前
Change スクロールバーのValueプロパティに変更があったとき
Enter スクロールバーが他のコントロールからフォーカスを受け取る直前
Error エラー情報を呼び出し元プログラムに返すことができないとき
Exit スクロールバーがフォーカスを失い他のコントロールに移動する直前
KeyDown スクロールバーにフォーカスがあるときにキーを押したタイミング
KeyPress スクロールバーにフォーカスがあるときにキーが押されたあと
KeyUp スクロールバーにフォーカスがあるときに押されたキーが戻るとき
Scroll スクロール ボックスの位置が変更されたとき

スクロールバーコントロールのプロパティについては「スクロールバーのプロパティ」をご覧ください。
スクロールバーコントロールの使用例については「スクロールバーで値を取得する」をご覧ください。


AfterUpdate【アフターアップデイト】イベント

AfterUpdate【アフターアップデイト】イベントは、スクロールボックスの位置が変更され次のコントロールにフォーカスが移動した直後に発生します。

AfterUpdate【アフターアップデイト】イベントの書式

Private Sub ScrollBar_AfterUpdate()


BeforeDragOver【ビフォアドラッグオーバー】イベント

BeforeDragOver【ビフォアドラッグオーバー】イベントは、「ドラッグ&ドロップ」操作の実行中に発生します。。

BeforeDragOver【ビフォアドラッグオーバー】イベントの書式と引数の説明

Private Sub ScrollBar_BeforeDragOver(ByVal Cancel As MSForms.ReturnBoolean,
ByVal Data As MSForms.DataObject,
ByValX As Single,
ByVal Y As Single,
ByValDragState As MSForms.fmDragState,
ByVal Effect As MSForms.ReturnEffect,
ByValShift As Integer)

  • Cancel【キャンセル】
    イベントの状態を設定します。既定値はFalseで「コントロール」がイベントを処理
    することを表します。Trueに設定した場合は「アプリケーション」がイベントを処理することを表します。
  • Data【データ】
    ドラッグ アンド ドロップ操作でドラッグされているデータを返します。
  • X【エックス】
    スクロールバーの水平位置をポイント単位で単精度浮動小数点型 (Single)の値で返します。
  • Y【ワイ】
    スクロールバーの垂直位置をポイント単位で単精度浮動小数点型 (Single)の値で返します。
  • DragState【ドラッグステイツ】
    ドラッグされているデータの遷移状態を設定します。以下の定数を指定します。

    定数 内容
    fmDragStateEnter 0 マウス ポインターはターゲットの範囲の中にあります。
    fmDragStateLeave 1 マウス ポインターはターゲットの範囲の外にあります。
    fmDragStateOver 2 マウス ポインターは新しい位置にありますが
    同じターゲットの範囲の中にあります。
  • Effect【エフェクト】
    ドロップ ソースでサポートされる操作を設定します。

    設定値 内容
    fmDropEffectNone 0 ドロップ ソースをドロップ ターゲットに
    コピーも移動もしません。
    fmDropEffectCopy 1 ドロップ ソースをドロップ ターゲットに
    コピーします。
    fmDropEffectMove 2 ドロップ ソースをドロップ ターゲットに
    移動します。
    fmDropEffectCopyOrMove 3 ドロップ ソースをドロップ ターゲットに
    コピーまたは移動します。
  • Shift【シフト】
    キーが押されたときの「Shiht」キー、「Ctrl」キー、「Alt」キーが押されている状況を整数値で返します。
    すべて押されていないときは「0」を返します。複数選択されている場合は整数値を加算した値が返されます。

    戻り値 押されているキー
    1 「Shiht」キー
    2 「Ctrl」キー
    4 「Alt」キー

※このイベントは、マウス ポインターが有効なターゲットに入ったときターゲットから出たとき、またはターゲットの上にあるときにポインターを監視するために使用します。ドラッグ アンド ドロップ操作の実行中は、ユーザーがマウスを動かしたりマウス ボタンを押したり離したりすると、このイベントが発生します。このイベントを受け取るターゲット オブジェクトはマウス ポインターの位置によって決まります。マウス ポインターの状態は、DragState 引数を調べることによって判定できます。


BeforeDropOrPaste【ビフォアドロップオーアールペースト】イベント

BeforeDropOrPaste【ビフォアドロップオーアールペースト】イベントは、データをドロップするか貼り付けようとすると発生します。

BeforeDropOrPaste【ビフォアドロップオーアールペースト】イベントの書式と引数の説明

Private Sub ScrollBar_BeforeDropOrPaste(ByValCancel As MSForms.ReturnBoolean,
ByVal Action As MSForms.fmAction,
ByVal Data As MSForms.DataObject,
ByVal X As Single,
ByVal Y As Single,
ByVal Effect As MSForms.ReturnEffect,
ByVal Shift As Integer)

  • Action【アクショオン】
    現在のキーボード設定に基づく保留中のドラッグ アンド ドロップ操作の結果を示します。

    定数 内容
    fmActionPaste 2 選択されているオブジェクトを
    ドロップ ターゲットに貼り付けます。
    fmActionDragDrop 3 ユーザーがオブジェクトをソースから
    ドロップ ターゲットにドラッグして
    ドロップ ターゲットにドロップしたことを示します。

    他の設定値については
    BeforeDragOver【ビフォアドラッグオーバー】イベントをご覧ください。


BeforeUpdate【ビフォアアップデイト】イベント

BeforeUpdate【ビフォアアップデイト】イベントは、スクロールボックスの位置が変更され次のコントロールにフォーカスが移動する直前に発生します。

BeforeUpdate【ビフォアアップデイト】イベントの書式と引数の説明

Private Sub ScrollBar_BeforeUpdate(ByVal Cancel As MSForms.ReturnBoolean)

  • Cancel【キャンセル】
    Trueを設定するとアプリケーションがイベントを処理しフォーカスは現在のコントロールに保持されることを示します。

Change【チェンジ】イベント

Change【チェンジ】 イベントは、スクロールバーのValue【バリュー】プロパティが変更されたときに発生します。スクロールバーのValueプロパティはスクロールボックスの移動によって変更されます。

Change【チェンジ】イベントの書式

Private Sub ScrollBar_Change()


Enter【エンター】イベント

Enter【エンター】 イベントは、スクロールバーが他のコントロールからフォーカスを受け取る直前に発生します。

Enter【エンター】イベントの書式

Private Sub ScrollBar_Enter()


Error【エラー】イベント

Error 【エラー】イベントは、スクロールバーがエラーを検出しエラー情報を呼び出し元プログラムに返すことができないときに発生します。

Error【エラー】イベントの書式と引数の説明

Private Sub ScrollBar_Error(ByVal Number As Integer,
ByVal Description As MSForms.ReturnString,
ByVal SCode As Long,
ByVal Source As String,
ByVal HelpFile As String,
ByVal HelpContext As Long,
ByVal CancelDisplay As MSForms.ReturnBoolean)

  • Number【ナンバー】
    コントロールがエラーの識別に使用する一意の値を指定します。
  • Description【ディスクリプション】
    エラーの説明です。
  • SCode【エスコード】
    エラーの OLE ステータス コードを指定します。
  • Source【ソース】
    イベントを生成したコントロールを示す文字列です。
  • HelpFile【ヘルプファイル】
    エラーを説明しているヘルプ ファイルの完全修飾パス名を指定します。
  • HelpContext【ヘルプコンテキスト】
    エラーの説明が含まれるヘルプ ファイル トピックのコンテキスト ID を指定します。
  • CancelDisplay【キャンセルディスプレイ】
    メッセージ ボックスにエラー文字列を表示するかどうかを指定します。既定値はFalseで表示しません。表示する場合はTrueを指定します。

Exit【エクジット】イベント

Exit【エクジット】イベントは、スクロールバーがフォーカスを失い他のコントロールに移動する直前に発生します。

Exit【エクジット】イベントの書式と引数の説明

Private Sub ScrollBar_Exit(ByVal Cancel As MSForms.ReturnBoolean)

  • Cancel【キャンセル】
    Trueを設定するとアプリケーションがイベントを処理しフォーカスは現在のコントロールに保持されることを示します。

KeyDown【キーダウン】イベント

KeyDown【キーダウン】 イベントは、スクロールバーにフォーカスがある状態で、キーを押したタイミングで発生します。

KeyDown【キーダウン】イベントの書式と引数の説明

Private Sub ScrollBar__KeyDown(ByVal KeyCode As MSForms.ReturnInteger,
ByVal Shift As Integer)

  • KeyCode【キーコード】
    押されたキーを整数値で返します。

    戻り値 押されたキー
    1 左マウスボタン
    2 マウスの右ボタン
    3 CANCELキー
    4 マウスの中ボタン
    8 バックスペースキー
    9 Tabキー
    12 クリアキー
    13 キーを入力してください
    16 シフトキー
    17 CTRLキー
    18 MENUキー
    19 PAUSEキー
    20 CAPS LOCKキー
    27 ESCキー
    32 スペースバーキー
    33 ページアップキー
    34 ページダウンキー
    35 ENDキー
    36 HOMEキー
    37 左矢印キー
    38 上向き矢印キー
    39 右矢印キー
    40 下矢印キー
    41 SELECTキー
    42 PRINT SCREENキー
    43 EXECUTEキー
    44 SNAPSHOTキー
    45 INSキー
    46 DELキー
    47 HELPキー
    65 Aキー
    66 Bキー
    67 Cキー
    68 Dキー
    69 Eキー
    70 Fキー
    71 Gキー
    72 Hキー
    73 Iキー
    74 Jキー
    75 Kキー
    76 Lキー
    77 Mキー
    78 Nキー
    79 Oキー
    80 Pキー
    81 Qキー
    82 Rキー
    83 Sキー
    84 Tキー
    85 Uキー
    86 Vキー
    87 Wキー
    88 Xキー
    89 Yキー
    90 Zキー
    48 0キー
    49 1キー
    50 2キー
    51 3キー
    52 4キー
    53 5キー
    54 6キー
    55 7キー
    56 8キー
    57 9キー
    96 0キー
    97 1キー
    98 2キー
    99 3キー
    100 4キー
    101 5キー
    102 6キー
    103 7キー
    104 8キー
    105 9キー
    106 (*)キー
    107 (+)キー
    108 ENTERキー
    109 ( – )キー
    110 (。)キー
    111 (/)キー
    112 F1キー
    113 F2キー
    114 F3キー
    115 F4キー
    116 F5キー
    117 F6キー
    118 F7キー
    119 F8キー
    120 F9キー
    121 F10キー
    122 F11キー
    123 F12キー
    124 F13キー
    125 F14キー
    126 F15キー
    127 F16キー
    144 NUM LOCKキー
  • Shift【シフト】
    キーが押されたときの「Shiht」キー、「Ctrl」キー、「Alt」キーが 押されている状況を整数値で返します。すべて押されていないときは「0」を返します。複数選択されている場合は整数値を加算した値が返されます。

    戻り値 押されているキー
    1 「Shiht」キー
    2 「Ctrl」キー
    4 「Alt」キー

KeyPress【キープレス】イベント

KeyPress【キープレス】 イベントは、スクロールバーにフォーカスがある状態でANSI コードに対応するキーまたはキーの組み合わせを押して離したときに発生します。

KeyPress【キープレス】イベントの書式と引数の説明

Private Sub ScrollBar_KeyPress(ByVal KeyAscii As MSForms.ReturnInteger)

  • KeyAscii【キーアスキー】
    ANSI キー コードを返します。引数 KeyAscii に 0 を設定するとキー操作がキャンセルされオブジェクトはキーが押されたことを認識しません。

KeyUp【キーアップ】イベント

KeyUp 【キーアップ】イベントは、スクロールバーにフォーカスがある状態で、キーを押して離したときに発生します。

KeyUp【キーアップ】イベントの書式と引数の説明

Private Sub ScrollBar_KeyUp(ByVal KeyCode As MSForms.ReturnInteger,
ByVal Shift As Integer)

KeyDown【キーダウン】イベントの設定値を参照してください

Scroll【スクロール】イベント

Scroll【スクロール】イベントは、スクロールバーの両端矢印をクリックするかスクロールボックスをドラックして移動したときに発生します。

Scroll【スクロール】イベントの書式

Private Sub ScrollBar_Scroll()


以上で、スクロールバーのイベントについての解説を終了します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事・広告