Excel VBA スクロールバーのプロパティ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スクロールバーのプロパティ

スクロールバーは、スクロール操作によって
特定の範囲内で値を増減させるコントロールです。

スクロールボックスのドラッグ操作で
値を大幅に増減できることから、比較的広い範囲で
値を増減させたいときに有効なコントロールです。

なお、比較的狭い範囲で値を増減させたい場合は
「スピンボタン」コントロールが便利に使用できます。

挿入したスクロールバーを選択した状態のときに
Visual Basic Editor【ビジュアルベーシックエディタ】左下に表示される
「プロパティウィンドウ」を使用して設定する場合のプロパティについて説明します。
なお、スクロールバーのイベントについては「スクロールバーのイベント」をご覧ください。
スクロールバーの使用例は「スクロールバーで値を取得する」をご覧ください。



・(オブジェクト名)
ScrollBar【スクロールバー】オブジェクトの名前を変更できます。
既定値はScrollBar1から数を増やすごとにScrollBar2と番号が増えます。
名前付けの規則は
1.英数字、漢字、ひらがな、カナカナ、_(アンダースコア)が使用できる
※先頭に数字を使用することはできません。
2.既にあるオブジェクト名と同じ名前は使用できない。
3.スペースや記号は使用できない
「.」「!」「@」「&」「$」「#」など


・BackColor【バックカラー】
スクロールバーの背景色を取得または設定します。
既定値はシステムのボタンの表面です。


・ControlSource【コントロールソース】
スクロールバーにリンクさせるワークシートのセル番地を設定します。
A1セルの場合はA1と入力します


・ControlTipText【コントロールチップテキスト】
マウスポインターをスクロールバー上に置いたときに
表示する文字列を設定します。


・Delay【ディレイ】
スクロールバーのボタンを押しっぱなしにしたときに
発生するイベント、バーの動きのの遅延時間をミリ秒単位で指定します。
既定値は50ミリ秒で0.05秒です。


・Enabled【イナーブルド】
スクロールバーがイベントに対応するかしないかを設定します。

内容
True通常の表示で操作できます。(既定値)
False淡色表示になり操作できません。

・ForeColor【フォアカラー】
スクロールバーのボタンの矢印の色を設定または取得します。
既定値はシステムのボタンの色です。


・Height【ハイト】
スクロールバーの高さをポイント単位で設定または取得します。


・HelpContextID【ヘルプコンテキストアイディ】
ヘルプファイルのコンテキストIDを指定します。既定値は0です。


・LargeChange【ラージチェンジ】
スクロールバーに設定される
最小値Minプロパティと最大値Maxプロパティ内で1クリックで
スクロールボックスが移動する量を数値で設定します。
反映されるクリック場所はスクロールボックスのレール内です。
例えば、Min(0)Max (100) LargeChange(10)で
スクロールボックスがMin(0)の位置にある場合
10回クリックでスクロールボックスがMax(100)に達します。


・Left【レフト】
ユーザーフォームの左端からの
スクロールバーの位置をポイント単位で設定または取得します。


・Max【マックス】
スクロールバーの最大値を設定または取得します。
値はLong値の範囲(-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647)で設定が可能です。


・Min【ミニ】
スクロールバーの最小値を設定または取得します。
値はLong値の範囲(-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647)で設定が可能です。


・MouseIcon【マウスアイコン】
MousePointer【マウスポインター】プロパティの設定値が
99-fmMousePointerCustomのときにIconファイルを指定します。


・MousePointer【マウスポインター】
マウスポインターがスクロールバー上にに移動したとき
表示されるポインターを指定します。

定数内容
fmMousePointerDefault0標準ポインター(既定値)
fmMousePointerArrow1矢印
fmMousePointerCross2十字ポインター
fmMousePointerIBeam3I ビーム
fmMousePointerSizeNESW6右上と左下を指し示す両端矢印
fmMousePointerSizeNS7上と下を指し示す両端矢印
fmMousePointerSizeNWSE8左上と右下を指し示す両端矢印
fmMousePointerSizeWE9左と右を指し示す両端矢印
fmMousePointerUpArrow10上向き矢印
fmMousePointerHourglass11砂時計
fmMousePointerNoDrop12ドラッグされているオブジェクトに重なった
“不可” シンボル無効なターゲットを示します。
fmMousePointerAppStarting13矢印と砂時計
fmMousePointerHelp14矢印と疑問符
fmMousePointerSizeAll15サイズ変更カーソル (上下左右を指し示す矢印)
fmMousePointerCustom99MouseIcon プロパティで指定された
アイコンを使用します。

・Orientation【オリエンテーション】
スクロールバーの配置方向を設定または取得します。

定数内容
fmOrientationAuto
(既定値)
-1コントロールの大きさによって
自動的に判定させます。
fmOrientationVertical0垂直(縦)方向に配置します。
fmOrientationHorizontal1水平(横)方向に配置します。

・ProportionalThumb【プロポーショナルサム】
スクロールボックスのサイズがスクロール領域に
比例するか固定サイズかを設定または取得します。

内容
Trueスクロール ボックスのサイズはスクロール領域に比例します (既定値)
Falseスクロール ボックスは固定サイズです

・SmallChange【スモールチェンジ】
スクロールバーに設定される
最小値Minプロパティと最大値Maxプロパティ内で1クリックで
スクロールボックスが移動する量を数値で設定します。
反映されるクリック場所は両端の矢印ボタンです。
例えば、Min(0)Max (100) LargeChange(10)で
スクロールボックスがMin(0)の位置にある場合
10回クリックでスクロールボックスがMax(100)に達します。


・TabIndex【タブインデックス】
スクロールバーにフォーカスをあてる順番を設定または取得します。
TabStopプロパティがTrueのとき反映します。


・TabStop【タブストップ】
TabIndexの有効、無効を設定または取得します。

内容
True有効(既定値)
False無効

・Top【トップ】
スクロールバーの位置をユーザーフォームの上端を0として
ポイント単位で設定または取得します。


・Value【バリュー】
スクロール値の設定または取得をします。

ユーザーフォームにスクロール値を表示する例


コード例
Private Sub ScrollBar1_Change()
Label1.Caption = ScrollBar1.Value
End Sub
Private Sub ScrollBar1_Scroll()
Label1.Caption = ScrollBar1.Value
End Sub

実行結果


・Visible【ビジブル】
このスクロールバーの表示、非表示を切り替えまたは状態を取得します。

内容
True表示します。(既定値)
False非表示です。

・Width【ワイズ】
スクロールバーの幅をポイント単位で設定または取得します。


以上でスクロールバーのプロパティについての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク