Excel VBA マルチページのプロパティ

スポンサーリンク

マルチページのプロパティ

マルチページはページタブをクリックして、ページを切り替えるコントロールです。各ページに異なるコントロールを配置できるのでさまざまな構成のページをまとめることができます。

すべてのページに共通のコントロールを表示する場合は、タブストリップの方が便利に使用できます。

マルチページコントロールのプロパティはマルチページ全体とページ単体でそれぞれのプロパティがあります。

マルチページ全体のプロパティ

挿入したマルチページを選択した状態のときにVisual Basic Editor【ビジュアルベーシックエディタ】左下に表示される「プロパティウィンドウ」を使用して設定する場合のプロパティについて説明します。

なお、マルチページのイベントについては「マルチページのイベント」をご覧ください。



・(オブジェクト名)
Multipage【マルチページ】オブジェクトの名前を変更できます。既定値はMultipage1から数を増やすごとにMultipage2と番号が増えます。名前付けの規則は
1.英数字、漢字、ひらがな、カナカナ、_(アンダースコア)が使用できる※先頭に数字を使用することはできません。
2.既にあるオブジェクト名と同じ名前は使用できない。
3.スペースや記号は使用できない「.」「!」「@」「&」「$」「#」など


・BackColor【バックカラー】
マルチページの背景色を取得または設定します


・ControlTipText【コントロールチップテキスト】
マウスポインターをマルチページ上に置いたときに、表示する文字列を設定または取得します。


・Enabled【イネーブルド】
マルチページ内ページとコントロールの有効・無効を設定または取得します。

内容
True マルチページ内のページとコントロールは有効です。(既定値)
False マルチページ内のページとコントロールは無効で操作できません。

・Font【フォント】
ページタブの文字列のフォントを設定または取得します。


・Forecolor【フォアカラー】
ページタブの文字列の色を設定または取得します。


・Height【ハイト】
マルチページの高さをポイント単位で設定または取得します。


・HelpContextID【ヘルプコンテキストアイディ】
ヘルプファイルのコンテキストIDを指定します。既定値は0です。


・Left【レフト】
ユーザーフォームの左端からの、マルチページの位置をポイント単位で設定または取得します。


・MultiRow【マルチロウ】
ページタブの文字列の長さがページタブの幅を超えるとき、ページタブを複数行に分けて表示するかどうかを取得または設定します。

内容
False 複数行にしません。(既定値)
幅を超える場合はスクロールバーが表示されます。
True タブの文字列の長さが幅を超えた場合は
タブが複数行に分かれて表示されます。

・Style【スタイル】
マルチページのスタイルを取得または設定します。

定数 スタイル
fmTabStyleTabs
(既定値)
0
fmTabStyleButtons 1
fmTabStyleNone 2

・TabFixedHeight【タブフィックスドハイト】
タブの高さをポイント単位で設定または取得します。既定値0の場合は自動で高さが設定されます。高さを設定する場合は4ポイント以上で指定します。


・TabFixedWidth【タブフィックスドワイズ】
タブの幅をポイント単位で設定または取得します。既定値0の場合は自動で幅が設定されます。幅を設定する場合は4ポイント以上で指定します。


・TabIndex【タブインデックス】
タブストリップにフォーカスをあてる順番を設定または取得します。TabStop【タブストップ】プロパティがTrueのとき反映します。


・TabOrientationTop【タブオリエンテーショントップ】
ページタブを表示する位置を設定または取得します。

定数 ページタブの位置
fmTabOrientationTop
(既定値)
0
fmTabOrientationBottom 1 /td>
fmTabOrientationLeft 2
fmTabOrientationRight 3

・TabStop【タブストップ】
TabIndex【タブインデックス】の有効、無効を設定または取得します。

内容
True 有効(既定値)
False 無効

・Top【トップ】
ユーザーフォームの上端からのマルチページの位置をポイント単位で設定または取得します。


・Value【バリュー】
アクティブなページタブを数値で設定または取得します。既定値は0で一番左側のページタブがアクティブなタブです。


・Visible【ビジブル】
マルチページの表示・非表示を切り替えます。

内容
True 表示します。(既定値)
False 非表示にします。

Width【ワイズ】
マルチページの幅をポイント単位で設定します。


Page【ページ】オブジェクトのプロパティ

挿入したマルチページを選択した状態のときに、Visual Basic Editor【ビジュアルベーシックエディタ】左下に表示される「プロパティウィンドウ」を使用して設定する場合のプロパティについて説明します。



・(オブジェクト名)
Page【ページ】オブジェクトの名前を変更できます。既定値はPage1からページを増やすごとにPage2と番号が増えます。名前付けの規則は
1.英数字、漢字、ひらがな、カナカナ、_(アンダースコア)が使用できる※先頭に数字を使用することはできません。
2.既にあるオブジェクト名と同じ名前は使用できない。
3.スペースや記号は使用できない「.」「!」「@」「&」「$」「#」など


・Caption【キャプション】
ページのタイトルを文字列で設定または取得します。既定値はオブジェクト名と同じです。
Caption【キャプション】(タイトル)を変更してもオブジェクト名は変わりません。


・ControlTipText【コントロールチップテキスト】
マウスポインターをページ上に置いたときに、表示する文字列を設定または取得します。


・Cycle【サイクル】
ページ内に設置されたコントロールが最後に、実行されたあとのアクションを設定または取得します。

定数 内容
fmCycleAllForms 0 フォーム上の他の
コントロールに循環移動します。(既定値)
fmCycleCurrentForm 2 ページ内を循環移動します。

・Enabled【イネーブルド】
ページ内のコントロールの有効・無効を設定または取得します。

内容
True ページ内のコントロールは有効です。(既定値)
False ページ内のコントロールは無効で操作できません。

・Index【インデックス】
ページタブの並び順を左から指定します。0が一番左で番号が増えるごとに右側になります。


・KeepScrollbarsVisible【キープスクロールバービジブル】
不要な時もページにスクロールバーを表示するかを設定または取得します。実際のスクロールバーの表示はScrollBars【スクロールバー】プロパティで設定します。

定数 内容
fmScrollBarsNone 0 スクロールバーを表示しません
fmScrollBarsHorizontal 1 水平スクロールバーを表示します
fmScrollBarsVertical 2 垂直スクロール バーを表示します
fmScrollBarsBoth 3 水平と垂直の両方のスクロール バーを表示します (既定値)

・Picture【ピクチャー】
ページの背景に設定する画像ファイルを指定します。


・pictureAlignment【ピクチャーアライメント】
背景に設定する画像の位置を指定します。

定数 内容
fmPictureAlignmentTopLeft 0 左上端に合わせて配置します
fmPictureAlignmentTopRight 1 右上端に合わせて配置します
fmPictureAlignmentCenter 2 中央に配置します(既定値)
fmPictureAlignmentBottomLeft 3 左下端に合わせて配置します
fmPictureAlignmentBottomRight 4 右下端に合わせて配置します

・PictureSizeMode【ピクチャーサイズモード】
背景のサイズが画像のサイズと異なる場合にサイズをどのように設定するかを指定します。

定数 内容
fmPictureSizeModeClip 0 元の大きさのまま表示します
表示しきれない部分は切り捨てます(既定値)
fmPictureSizeModeStretch 1 サイズに合わせてピクチャを引き伸ばします。
ピクチャは水平方向または垂直方向に
ゆがむことがあります
fmPictureSizeModeZoom 2 必要に応じてピクチャを引き伸ばしますが
水平方向または垂直方向にピクチャが
ゆがまないように引き伸ばします

・PictureTiling【ピクチャーターニング】
画像を背景全体に並べて表示するかしないかを設定または取得します。

内容
False 画像は背景に1つだけ表示されます。(既定値)
True 背景全体に画像を並べて表示します。

・ScrollBars【スクロールバーズ】
ページにスクロールバーを設置する方法を設定または取得します。KeepScrollbarsVisible【キープスクロールバービジブル】の設定値と関わりがあります。

定数 内容
fmScrollBarsNone 0 スクロールバーを表示しません(既定値)
fmScrollBarsHorizontal 1 水平スクロールバーを表示します
fmScrollBarsVertical 2 垂直スクロールバーを表示します
fmScrollBarsBoth 3 水平スクロールバーと
垂直スクロールバーの両方を表示します

・ScrollHeight【スクロールハイト】
垂直スクロールバーを表示した場合、スクロールできる範囲をポイント単位で指定します。


・ScrollLeft【スクロールレフト】
水平スクロールバーが設定されている場合、現在水平方向にスクロールされている位置をフォームの左端からポイント単位で取得または設定できます。


・ScrollTop【スクロールトップ】
垂直スクロールバーが設定されている場合、現在垂直方向にスクロールされている位置をフォームの上端からポイント単位で取得または設定できます。


・ScrollWidth【スクロールワイズ】
水平スクロールバーを表示した場合、スクロールできる範囲をポイント単位で指定します。


・transitionEffect【トランジションエフェクト】
ページを変更するときに使用する視覚的効果を指定します。※サポートされていません


・transitionPeriod【トランジションピリオド】
切り替え効果の期間をミリ秒単位で指定します。0 に設定すると、切り替え効果が無効になります。10000 に設定すると、10 秒の切り替えが作成されます。※サポートされていません。


Width【ワイズ】
ページの幅をポイント単位で設定します。


・Zoom【ズーム】
ページに設置されたコントロールの拡大率を設定します。


以上で、マルチページ全体とページのプロパティについての解説を終了します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事・広告