Excel VBA 選択したセルと同じ色のセルのデータを別シートに抽出する

スポンサーリンク

データ範囲の選択したセルと同じ色のセルのデータを別シートに抽出する方法

データに目印のためにデータが入力されているセルの背景色を設定する場合があります。その背景色が設定されているデータを別シートに抽出する方法について解説します。

背景色は色番号で指定しますが、色番号がわからないので、抽出する背景色のセルをApplication【アプリケーション】オブジェクトのInputBox【インプットボックス】で取得し、塗りつぶし属性を表すInterior【インテイリア】オブジェクトのColor【カラー】プロパティを使用してそのセルの背景色の色番号を取得し、Application【アプリケーション】オブジェクトのFindFormat【ファインドフォーマット】プロパティで取得した検索する条件書式を表すCellFormat【セルフォーマット】オブジェクトを取得して、取得した色番号を設定し、データを検索するRange【レンジ】オブジェクトのFind【ファインド】メソッドを使用して指定した背景色のセルをデータを抽出します。

実行結果

コードと解説

Sub 色で別シート抽出()
Dim データ範囲 As Range
Dim 抽出セル As Range
Dim 抽出セル1 As Range
Dim 色セル As Range
Dim 色 As Long
Set データ範囲 = Range("A1").CurrentRegion
On Error GoTo エラー処理
Set 色セル = Application.InputBox("抽出するセルの色と同じセルの色の単体セルを選択してください。", Type:=8)
色 = 色セル.Interior.Color
If 色 = 0 Then
MsgBox "セル範囲ではなく単体のセルを選択してください。"
Exit Sub
End If
Application.FindFormat.Clear
Application.FindFormat.Interior.Color = 色
Set 抽出セル = データ範囲.Find("", searchformat:=True)
Set 抽出セル1 = 抽出セル
Worksheets.Add(after:=Sheets(1)).Name = "抽出データ"
Range("A1").Value = "抽出データ"
Range("A2").Select
Do
ActiveCell.Value = 抽出セル.Value
ActiveCell.Offset(1, 0).Select
Set 抽出セル = データ範囲.Find("", after:=抽出セル, searchformat:=True)
Loop While 抽出セル1.Address <> 抽出セル.Address
Application.FindFormat.Clear
エラー処理:
End Sub
2~18行目のコードの解説は、「選択したセルと同じ色のセルのデータを選択したセルに抽出する」をご覧ください。


19行目【Worksheets.Add(after:=Sheets(1)).Name = “抽出データ”】
Worksheets【ワークシーツ】コレクションのAdd【アド】メソッドを使用して、ワークシートを追加します。Worksheet【ワークシート】オブジェクトのName【ネーム】プロパティを使用してシート名を「抽出データ」に設定します。


20行目【Range(“A1”).Value = “抽出データ”】
アクティブになっている追加した「抽出データ」シートのA1セルに「抽出データ」の文字列を代入します。


21行目【Range(“A2”).Select】
アクティブになっている追加した「抽出データ」シートのA2セルを選択します。


22行目【Do】
Do Loop While【ドゥループワイル】ステートメントで繰り返し処理の始まりです。


23行目【ActiveCell.Value = 抽出セル.Value】
最初の繰り返し処理でアクティブになっている「抽出シート」のA2セルに16行目で実行したFind【ファインド】メソッドで検索されたセルの値をRange【レンジ】オブジェクトのValue【バリュー】メソッドで取得して代入します。


24行目【ActiveCell.Offset(1, 0).Select】
Range【レンジ】オブジェクトのOffset【オフセット】プロパティを使用して、アクティブセルから1行下のセルを選択して、そのセルをアクティブにします。


25行目【Set 抽出セル = データ範囲.Find(“”, after:=抽出セル, searchformat:=True)】
データ範囲が格納されている変数「データ範囲」に検索するFind【ファインド】メソッドを実行します。検索の開始位置を指定する引数after【アフター】には、16行目で実行した最初のFind【ファインド】メソッドで検索されたセルが格納されている変数「抽出セル」を設定し、すでに検索されたセルの次のセルから検索する設定にし、検索した結果をSet【セット】キーワードを使用して、オブジェクト変数「抽出セル」に代入します。


26行目【Loop While 抽出セル1.Address <> 抽出セル.Address】
22行目の「Do」からここまでの処理を設定した条件を満たす間繰り返します。設定条件はオブジェクト変数「抽出セル1」のセルとオブジェクト変数「抽出セル」のセル番地をRange【レンジ】オブジェクトのAddress【アドレス】プロパティで取得して、セル番地が等しくない「<>」場合を設定条件に設定します。

つまり、変数「抽出セル1」には18行目で最初のFind【ファインド】メソッドで検索された「セル」が格納されていて、変数「抽出セル」には、22行目以降の繰り返し処理内のFind【ファインド】メソッドで検索された「セル」が次々に代入されます。変数「抽出セル1」と変数「抽出」のセル番地が一致したとき、すべてセルの検索が終了したことを表すので、繰り返し処理から抜け出します。


27行目【Application.FindFormat.Clear】
Application【アプリケーション】オブジェクトのFindFormat【ファインドフォーマット】プロパティで取得した検索する書式を表すCellFormat【セルフォーマット】オブジェクトをClear【クリア】メソッドで削除します。書式検索は、検索設定が残ってしまうので、書式検索した場合は検索書式を必ず、削除します。


以上で、選択したセルと同じ色のセルのデータを別シートに抽出する方法についての解説を終了します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事・広告