エクセル関数 日付や時刻を扱う関数

スポンサーリンク

日付や時刻に関する関数

関数 内容
TODAY【トゥデイ】 現在の日付を取得します。
NOW【ナウ】 現在の日付と時刻を取得します。

TODAY【トゥデイ】関数

TODAY【トゥデイ】関数の書式

=TODAY()


セルに=TODAY()と入力すると現在の日付が表示されます。TODAY関数に引数はありませんが、戻り値として現在の日付が返されるので、TODAYの後に()カッコを付けます。



表示形式を変更してみます。セルをマウスで右クリックしてメニュを表示し「セルの書式設定」を選択します。



表示形式の種類の中から「年月日」表示を選択します。



「年月日」表示に変更されました。



NOW【ナウ】関数使い方

NOW関数の書式

=NOW()


セルに=NOW()と入力すると現在の日付と時間が表示されます。NOW関数に引数はありませんが、戻り値として現在の日付が返されるので、NOWの後に()カッコを付けます。



表示形式を変更してみます。セルをマウスで右クリックしてメニュを表示し「セルの書式設定」して書式設定のダイアログを開きます。



書式を「yyyy/m/d h:mm」から「yyyy”年”m”月”d”日”h”時”mm”分”ss”秒”」にテキストボックスを使って変更してみます。最後にssを追加します。ssを追加すると秒単位の時間が取得できます



表示形式を変更できました。



TODAY関数とNOW関数を使うと、動的な日付や時間が取得できます。例えば、セルを操作したタイミングやワークブックを開いた時などに最新の日付や時間に変更されます。

日付や時間を取得するショートカットキー

上記の関数を使わなくても、キーボードのショートカットキーでも日付や時刻の取得ができます。
但し、静的な日付や時刻の取得になります。一度取得した日時は、日時が経過しても変わりません。

日付を取得するショートカットキー

日付を入力したいセルをアクティブ(選択)にします。



Ctrl(コントロール)キーと ; (セミコロン)を同時に押します。



日付が入力されました。



時間を取得するショートカットキー

時間を入力したいセルをアクティブ(選択)にします。



Ctrl(コントロール)キーと : (コロン)を同時に押します。



時刻が入力されました。



日付と時間のシリアル値

「エクセル」では、日付や時間を「シリアル値」で管理しています。シリアル(Serial)は「直列の」という意味がありシリアル値は「連続した数値」という意味があります。

日付のシリアル値は、1900年1月1日を起点に、日数経過とともに1ずつ加算した値です。

時間のシリアル値は、24時間を1とします。最大値が1でその後は0にもどります。00:00が1で12:00が0.5  1分が0.000694444になります。

エクセルでは、シリアル値をもつことにより、日付や時間の計算を簡潔にしています。

日付データから年・月・日を抽出する関数

関数名 書式 内容
YEAR【イヤー】 YEAR(日付データ) 日付データから「年」を取得します。
MONYH【マンス】 MONYH(日付データ) 日付データから「月」を取得します。
DAY【デイ】 DAY(日付データ) 日付データから「日」を取得します。

実行例

時刻データから時・分・秒を抽出する関数

関数名 書式 内容
HOUR【アワー】 HOUR(時刻データ) 時刻データから「時」を取得します。
MINUTE【ミニット】 MINUTE(時刻データ) 時刻データから「分」を取得します。
SECOND【セコンド】 SECOND(時刻データ) 時刻データから「秒」を取得します。

実行例

「年・月・日」「時・分・秒」を、日付・時刻データに変換する関数

関数名 書式 内容
DATE【デイト】 DATE(年,月,日) 「年・月・日」を日付データに変換します。
TIME【タイム】 TIME(時,分,秒) 「時・分・秒」を時刻データに変換します。

以上で、日付と時刻を扱う関数の解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事・広告