VBA 文字列を数値に変換する Val関数

スポンサーリンク

Val【バル】関数

文字列を数値に変換するには、Val【バル】関数を使用します。

Val【バル】関数の書式と引数の説明

Val(String)
【戻り値】倍精度浮遊店小数点型(Double)

  • String【ストリング】(必須)
    数値に変換する文字列を指定します。
    ※文字列の左端から数字を数値に変換していき、数字以外の文字が見つかった時点で変換を終了します。
    ※数値に変換された内容がなっかた場合は「0」を返します。
    ※全角の数字は数値に変換されないで「0」が返ります。
    ※スペースは無視されます。

Val【バル】関数の使用例

使用例 戻り値 説明
Val(“123 456”) 123456 スペースは無視されます
Val(“123.456”) 123.456 ピリオドは認識されます。
Val(“123,456”) 123 カンマは認識されません。
Val(“¥1,234”) 0 1文字目が数字ではないため変換されない
Val(“123456”) 0 全角数字なので変換されない
Val(“2017/05/01”) 2017 最初のスラッシュで変換が終了する

以上で、Val【バル】関数についての解説を終了します。ありがとうございました。

データ型を操作する関数一覧表

関数名がリンクになっていて
詳細説明ページが開きます
関数名内容
CByte数値や文字列をバイト型に変換
CBool数値や文字列をブール型に変換
CInt数値や文字列を整数型の値に変換
CSng数値や文字列を単精度浮動小数点数型に変換
CDbl数値や文字列を倍精度浮遊小数点数型に変換
CCur数値や文字列を通貨型に変換
CStr数値や日付リテラルを文字列型の値に変換
CLngデータ型を長整数型に変換
CDateデータ型を日付型に変換
Val文字列を数値に変換
IsNumericデータが数値かを判定する
IsDateデータが日付や時刻データかを判定する
IsArray変数が配列変数かを判定する
IsNull値がNullかを判定する
IsEmpty値がEmptyかを判定する
IsObject値がオブジェクトかを判定する
IsError値がエラー値かを判定する
TypeNameオブジェクトや変数の種類を調べる
VarType変数の内部処理形式を調べる

スポンサーリンク

関連記事・広告