VBA ファイルの存在を確認するDir関数 場所を確認するCurDir関数

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Dir【デレクトリ】関数

ファイルの存在を確認するには
Dir【デレクトリ】関数を使用します。

Dir関数は、引数に指定したファイルが存在すると
「パス(場所)を含まないファイル名」を返します。
引数に指定したファイルが存在しない場合は
「長さ0の文字列(””)空白」を返します

Dir【デレクトリ】関数の書式

[]内は省略可能です。
Dir([Pathname][,Attributes])
【戻り値】 文字列型 (String)


設定値(引数)の説明

  • Pathname【パスネーム】
    ファイル名を表す文字列式を指定します。
    ファイル名にはワイルドカードが使用できます。
  • Attributes【アトリビュート】
    取得するファイルの属性を表す数式もしくは定数を指定します。
    Attributes【アトリビュート】は属性という意味があります。

引数Attributes【アトリビュート】設定値一覧表

定数内容
vbNormal0標準ファイル(既定値)
vbHidden2隠しファイル
vbSystem4システムファイル
vbVolume8ボリュームラベル
vbDirectory16フォルダ

※始めてDir関数を実行するときに引数を省略するとエラーが発生します。
繰り返し処理で次のファイルを取得するときには、
Dir関数に引数を省略して実行します。

ユーザーが入力したファイル名のファイルが存在すか判定するコード例

Sub 検索()
Dim ファイル名 As String
Dim ファイル As String
ファイル名 = InputBox("検索するファイル名を入力してください。")
ファイル = ActiveWorkbook.Path & "¥" & ファイル名 & ".xlsm"
If Dir(ファイル) = "" Then
MsgBox "ファイルがありません"
Else
MsgBox ファイル & "は存在します。"
End If
End Sub

実行結果



Dir関数の使用例については
複数のシートのデータを固定長のテキスト形式で書き出す
カンマ区切りのテキストデータを読み込む
複数のデータをすべてのCSVファイルに保存する
もご参照ください。

CurDir【カレントデレクトリ】関数

指定したドライブのカレントフォルダ名を取得するには
CurDir【カレントデレクトリ】関数を使用します。

カレントフォルダとは、現在開いているフォルダで
「ファイルを開く」ダイアログを開いたときに表示される
フォルダです。

CurDir【カレントデレクトリ】関数の書式

[]内は省略可能です。
CurDir([drive])
【戻り値】バリアント型 (内部処理形式 String の Variant)


設定値(引数)の説明

  • drive【ドライブ】
    ドライブを示す文字列式を指定します。
    省略した場合は、現在のドライブのパスを返します。

現在のカレントフォルダを表示するコード例

Sub カレントフォルダ()
MsgBox CurDir
End Sub

実行結果


以上で
Dir関数とCurDir関数についての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク