Excel VBA 立体の書式設定を表すTreeDFormatオブジェクト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TreeD【スリーディ】プロパティ

立体の図形(シェイプ)の書式設定を表す
TreeDFormat【スリーディフォーマット】オブジェクトを取得するには
立体の書式設定をする図形(シェイプ)を表す
Shaep【シェイプ】オブジェクトの
TreeD【スリーディ】プロパティを使用します。

TreeD【スリーディ】プロパティの書式

オブジェクト.TreeD
【戻り値】TreeDFormat【スリーディフォーマット】オブジェクト


設定値の説明


TreeDFormat【スリーディフォーマット】オブジェクト

Excelの図形の書式設定メニューとプロパティ



TreeDFormat【スリーディフォーマット】の主なプロパティ一覧

プロパティ名のリンクをクリックすると
詳細説明リンクに移動または詳細説明ページが開きます。

プロパティ説明
BevelTopType
【ベベルトップタイプ】
図形の表面の面取りの種類を取得または設定します。
BevelTopDepth
【ベベルディプス】
図形の表面の面取りの奥行きの値を取得または設定します。
BevelTopInset
【ベベルトップインセット】
図形の表面の面取りの高さの値を取得または設定します。
BevelBottomType
【ベベルボトムタイプ】
図形の裏面の面取りの種類を取得または設定します。
BevelBottomDepth
【ベベルボトムディプス】
図形の裏面の面取りの奥行きの値を取得または設定します。
BevelBottomInset
【ベベルボトムインセット】
図形の裏面の面取りの高さの値を取得または設定します。
Depth
【ディプス】
図形の奥行きの値を取得または設定します。
ExtrusionColor
【エクストレジョンカラー】
図形の奥行き の色を表す
ColorFormatオブジェクトを返します。
ContourWidth
【カウントアワイズ】
図形の輪郭の幅の値を取得または設定します。
ContourColor
【カウントアカラー】
図形の輪郭 の色を表す
ColorFormatオブジェクトを返します。
LightAngle
【ライトアングル】
図形の光源の角度を取得または設定します。
PresetMaterial
【プリセットマテリアル】
図形の表面の材質を取得または設定します。
PresetLighting
【プリセットライティング】
図形の光源の種類を取得または設定します。
Visible
【ビジブル】
設定した立体書式設定を
リセットします。
PresetCamera
【プリセットカメラ】
3-D図形の視点の種類を表すカメラを設定します。
RotationX
【ローテーションエックス】
図形の x 軸周りの回転角度を設定します。
RotationY
【ローテーションワイ】
図形の y 軸周りの回転角度を設定します。
RotationZ
【ローテーションゼット】
図形の z 軸回りの回転角度を取得または設定します。
FieldOfView
【フィールドオフビュー】
3-D図形遠近感を取得または設定します。
Z
【ゼット】
図形の底面からの距離を取得または設定します。
ProjectText
【プロジェクトテキスト】
図形のテキストの状態を取得または設定します。
PresetLightingDirection
【プリセットライティングディレクション】
図形を中心にして光源の位置を取得または設定します。
PresetLightingSoftness
【プリセットライティングソフィネス】
図形の光の強さを取得または設定します。

LightAngle【ライトアングル】プロパティ

3-D図形を照らすライトの角度を設定するには
立体の書式設定を表す
TreeDFormat【スリーディフォーマット】オブジェクトの
LightAngle【ライトアングル】プロパティを使用します。

LightAngle【ライトアングル】プロパティ

オブジェクト.LightAngle = 設定値



Visible【ビジブル】プロパティ

立体の書式設定を表す
TreeDFormat【スリーディフォーマット】オブジェクトの
各プロパティで設定した立体の書式をリセットするには
TreeDFormat【スリーディフォーマット】オブジェクトの
Visible【ビジブル】プロパティに「msoFalse」を設定します。

Visible【ビジブル】プロパティの書式

オブジェクト.Visible = msoFalse



FieldOfView【フィールドオフビュー】プロパティ

3-Dカメラの視点の位置を設定する
SetPresetCamera【セットプリセットカメラ】の設定値が
透視投影を表す値の場合に
図形の遠近感の度数を取得または設定します。

FieldOfView【フィールドオフビュー】プロパティの書式

オブジェクト.FieldOfView = 設定値



Z【ゼット】プロパティ

3-D図形の底面から距離を取得または設定するには
立体の書式設定を表す
TreeDFormat【スリーディフォーマット】オブジェクトの
Z【ゼット】プロパティを使用します。

Z【ゼット】プロパティの書式

オブジェクト.Z = 設定値


  • オブジェクト(必須)
    Worksheetオブジェクトの
    Shapes【シェイプス】プロパティまたは
    Shapes【シェイプス】コレクションの
    AddShape【アドシェイプ】メソッドで取得した
    図形を表す、Shape【シェイプ】オブジェクトの
    TreeD【スリーディ】プロパティで取得した
    立体の書式設定を表す
    TreeDFormat【スリーディフォーマット】オブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    3-D図形の底辺からの移動距離をポイント単位で指定します。
    使用できる値は-4000~4000の間で
    単精度浮動小数点型 (Single) の値を使用します。
    1ポイントは約0.35ミリでセルの行の高さと同じ単位です。

ProjectText【プロジェクトテキスト】プロパティ

3-D図形に設定したテキストを図形に合わせて
立体表示するかしないかを設定するには
立体の書式設定を表す
TreeDFormat【スリーディフォーマット】オブジェクトの
ProjectText【プロジェクトテキスト】プロパティを使用します。

ProjectText【プロジェクトテキスト】プロパティの書式

オブジェクト.ProjectText = 設定値


  • オブジェクト(必須)
    Worksheetオブジェクトの
    Shapes【シェイプス】プロパティまたは
    Shapes【シェイプス】コレクションの
    AddShape【アドシェイプ】メソッドで取得した
    図形を表す、Shape【シェイプ】オブジェクトの
    TreeD【スリーディ】プロパティで取得した
    立体の書式設定を表す
    TreeDFormat【スリーディフォーマット】オブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    テキストの状態をMsoTriState列挙型の定数または値で設定します。

    MsoTriState列挙型
    定数内容イメージ
    msoTrue-1図形の合わせて立体表示します。(既定値)
    msoFalse0立体表示しません。

以上で
立体の書式設定を表すTreeDFormatオブジェクトについての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク