Excel VBA 標準フォントとフォントサイズを取得・設定する

スポンサーリンク

StandardFont【スタンダードフォント】プロパティ

ワークシートの標準フォントの取得と設定を行うには、Applicaion【アプリケーション】オブジェクトのStandardFont【スタンダードフォント】プロパティを使用します。

StandardFont【スタンダードフォント】プロパティの書式と設定値の説明

【取得】
オブジェクト.StandardFont
【戻り値】文字列型(String)
【設定】
オブジェクト.StandardFont = 設定値

  • オブジェクト(必須)
    Application【アプリケーション】オブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    標準フォントに設定するフォント名を文字列型の値で指定します。
    ※標準フォントの変更はExcelの再起動後に有効になります。変更後に新規で開くすべてのExcelブックに適用されます。

標準フォント名を取得するコード例

Sub 標準フォント取得()
MsgBox "標準フォントは" & Application.StandardFont & "です。"
End Sub

実行結果


A1セルから始まる表範囲のフォントを標準フォントに戻すコードと解説

Sub 標準フォントに戻す()
Range("A1").CurrentRegion.Font.Name = Application.StandardFont
MsgBox "標準フォントの" & Application.StandardFont & "に変更しました。"
End Sub
2行目【Range(“A1”).CurrentRegion.Font.Name = Application.StandardFont】
選択セル範囲のフォントを標準フォントに変更する場合は、セル範囲を表すRange【レンジ】オブジェクトのFont【フォント】プロパティでセルの書式設定を表すFont【フォント】オブジェクトを取得してFont【フォント】オブジェクトのName【ネーム】プロパティにApplication【アプリケーション】オブジェクトのStandardFont【スタンダードフォント】プロパティで返される標準フォントを設定します。

実行結果


標準フォントを「HG丸ゴシックM-PRO」に変更するコード例

Sub フォント変更()
Application.StandardFont = "HG丸ゴシックM-PRO"
End Sub

StandardFontSize【スタンダードフォントサイズ】プロパティ

標準のフォントサイズを取得または設定するには、Application【アプリケーション】オブジェクトのStandardFontSize【スタンダードフォントサイズ】プロパティを使用します。既定の標準フォントサイズは11ポイントです。

StandardFontSize【スタンダードフォントサイズ】プロパティの書式と設定値の説明

【取得】
オブジェクト.StandardFontSize
【戻り値】長整数型(Long)の値
【設定】
オブジェクト.StandardFontSize = 設定値

  • オブジェクト(必須)
    Application【アプリケーション】オブジェクトを指定します。
  • 設定値(必須)
    標準フォントサイズをポイント単位で設定します。
    ※標準フォントサイズの変更はExcelの再起動後に有効になります。変更後に新規で開くすべてのExcelブックに適用されます。

標準フォントサイズを取得するコード例

Sub 標準フォントサイズ取得()
MsgBox "標準フォントサイズは" & Application.StandardFontSize & "です。"
End Sub

実行結果


A1セルから始まる表範囲のフォントを標準フォントに戻すコードと解説

Sub 標準フォントサイズに戻す()
Range("A1").CurrentRegion.Font.Size = Application.StandardFontSize
Rows.AutoFit
Columns.AutoFit
MsgBox "標準サイズの" & Application.StandardFontSize & "ポイントに変更しました。"
End Sub
2行目【Range(“A1”).CurrentRegion.Font.Size = Application.StandardFontSize】
選択セル範囲のフォントサイズを標準フォントサイズに変更する場合は、セル範囲を表すRange【レンジ】オブジェクトの
Font【フォント】プロパティでセルの書式設定を表すFont【フォント】オブジェクトを取得してFont【フォント】オブジェクト
Size【サイズ】プロパティにApplication【アプリケーション】オブジェクトのStandardFontSize【スタンダードフォントサイズ】プロパティで返される標準フォントサイズを設定します。


3行目~4行目【Rows.AutoFit
Columns.AutoFit】

AutoFit【オートフィット】メソッドを使用して行高さと列幅をセルの値のサイズに合わせます


実行結果


標準フォントサイズを14ポイントに変更するコード例

Sub サイズ変更()
Application.StandardFontSize = 14
End Sub

以上で、標準フォントとフォントサイズを取得・設定する方法についての解説を終了します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事・広告