Excel VBA データを置き換える Replaceメソッド

スポンサーリンク

Replace【リプレイス】メソッド

指定したセル範囲の中から指定した値を別の値に置換えするには、Range【レンジ】オブジェクトのReplace【リプレイス】メソッドを使用します。

文字列を別の文字列に置換するには、Replace【リプレイス】関数を使用します。

Reolase【リプレイス】メソッドの引数は、「検索と置換」ダイアログボックスの設定内容に対応しています。


Replace【リプレイス】メソッドの書式と設定値(引数)の説明

[]内は省略可能です。
オブジェクト.Replace( What, Replacement[, LookAt, SearchOder, MatchCase,
MatchByte, SearchFormat, ReplaceFormat] )

  • オブジェクト(必須)
    置換えする値が含まれるセル範囲をRange【レンジ】オブジェクトで指定します。
  • What【ワット】(必須)
    検索する文字列をバリアント型(variant)のデータで指定します。
  • Replacement【リプレイスメント】(必須)
    置換えする文字列をバリアント型(variant)のデータで指定します。
  • LookAt【ルックアット】(省略可)
    検索内容を引数What【ワット】で指定した内容と完全一致させるかどうかをXlLookAt列挙型の定数で指定します。

    XlLookAt列挙型
    定数 内容
    xlWhole 1 完全一致
    xlPart 2 部分一致

    ※既定値はReplaceメソッドを実行するたびに保存されるため、正確に処理を実行するためにはこの引数を省略しないでください。

  • SearchOder【サーチオーダー】(省略可)
    検索方向をXlSearchOrder列挙型の定数で指定します。

    XlSearchOrder列挙型
    定数 内容
    xlByRows 1 行を横方向に検索してから
    次の行に移動します。
    xlByColumns 2 列を下方向に検索してから
    次の列に移動します。

    ※既定値はReplaceメソッドを実行するたびに保存されるため正確に処理を実行するためにはこの引数を省略しないでください。

  • MatchCase【マッチケース】(省略可)
    大文字と小文字を区別するかしないかを指定します。

    設定値 内容
    True 区別する
    False 区別しない

    ※既定値はReplaceメソッドを実行するたびに保存されるため正確に処理を実行するためにはこの引数を省略しないでください。

  • MatchByte【マッチバイト】(省略可)
    全角と半角を区別するかしないかを指定しましす。

    設定値 内容
    True 区別する
    False 区別しない

    ※既定値はReplaceメソッドを実行するたびに保存されるため正確に処理を実行するためにはこの引数を省略しないでください。

  • SerchFormat【サーチフォーマット】(省略可能)
    検索するセルの書式を設定します。設定する場合は、Trueを指定します。
  • ReplaceFormat【リプレイスフォーマット】(省略可)
    置換するセルの書式を設定します。設定する場合は、Trueを指定します。

使用例

Sub 置換()
With Range("A1:A7")
.Replace What:="A", Replacement:="1", LookAt:=xlWhole, SearchOrder:=xlByColumns, MatchCase:=True, MatchByte:=True
.Replace What:="B", Replacement:="2"
.Replace What:="C", Replacement:="3"
.Replace What:="D", Replacement:="4"
.Replace What:="E", Replacement:="5"
.Replace What:="F", Replacement:="6"
.Replace What:="G", Replacement:="7"
End With
End Sub


Reolase【リプレイス】メソッド使用例リンク

以上で、データを置き換える Replace【リプレイス】メソッドについての解説を終了します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事・広告