Excel VBA ハイパーリンクを実行する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハイパーリンクを実行する方法

ハイパーリンクとは、接続先が設定されている文字列や図形のことです。

ハイパーリンクをクリックすると設定されているリンク先に
ジャンプすることができます。

VBAでハイパーリンクを設定するには
Hyperlinks【ハイパーリンクス】コレクションの
Add【アド】メソッドを使用して
ハイパーリンクを表す
Hyperlink【ハイパーリンク】オブジェクトを作成します。

セルに設定されているハイパーリンクを参照するには
セルを表す
Range【レンジ】オブジェクトの
Hyperlinks【ハイパーリンクス】プロパティを使用して
単体のハイパーリンクを表す
Hyperlink【ハイパーリンク】オブジェクトを取得します。

単体のハイパーリンクを実行するには
ハイパーリンクを表す
Hyperlink【ハイパリンク】オブジェクトの
Follow【フォロー】メソッドを使用します。

特定のシートやファイル、Webページを開くときに
セルにハイパーリンクが設定されている場合は
ハイパーリンクを実行し、目的のウィンドウを表示することができます。
Follow【フォロー】は「従う」や「後に続く」という意味があります。

Hyperlinks【ハイパーリンクス】プロパティ

Hyperlinks【ハイパーリンクス】プロパティの書式

オブジェクト.Hyperlinks( Index )


設定値(引数)の説明

  • オブジェクト
    ハイパーリンクが設定されているセルまたはセル範囲を
    Range【レンジ】オブジェクトで指定します。
  • Index【インデックス】
    取得するハイパーリンクの作成順に割り振らた番号を設定します。

Follow【フォロー】メソッド

Follow【フォロー】メソッドの書式

[]内は省略可能です。
オブジェクト.Follow( [NewWindow, ExtraInfo, Method, HeaderInfo] )


設定値(引数)の説明

  • オブジェクト
    Hyperlinks【ハイパーリンクス】プロパティで取得した
    実行する単体のハイパーリンクを表す
    Hyperlink【ハイパーリンク】オブジェクトを指定します。
  • NewWindow【ニューウィンドウ】(省略可)
    リンク先を新しいウィンドウで表示するかしないかをブール型の値で指定します。
    省略した場合はFalseが設定され新しいウィンドウは表示しません。

    設定値内容
    True新しいウィンドウが開きます。
    False現在のウィンドウに表示します。(既定値)
  • ExtraInfo【エクストラインフォ】(省略可)
    HTTPの追加情報を指定します。
  • Method【メソッド】(省略可)
    引数ExtraInfo【エクストラインフォ】の接続方法を
    MsoExtraInfoMethod列挙型の定数を使用して指定します。

    MsoExtraInfoMethod列挙型
    定数内容
    msoMethodGetアドレスに追加される文字列です。
    msoMethodPost文字列またはバイト配列として送信されます。
  • HeaderInfo【ヘッダーインフォ】(省略可)
    接続のために使用するユーザー名やパスワードなどのHTTP要求の
    ヘッダー情報を指定する文字列を指定します。
    省略した場合は「空の文字列」が指定されます。

A1セルに設定されているハイパーリンクを実行するコード例

Sub ハイパーリンク実行()
On Error GoTo エラー処理
Range("A1").Hyperlinks(1).Follow
Exit Sub
エラー処理:
MsgBox "リンク先が存在しません。"
End Sub

コードの解説

2行目
【On Error GoTo エラー処理】
指定したハイパーリンクを表す
Hyperlink【ハイパーリンク】オブジェクトが存在しない場合に
エラーが発生するので
On Error【オンエラー】ステートメントでエラーによる処理の停止を抑制して
GoTo【ゴートウ】ステートメントで処理を5行目の
「エラー処理:」ラベルまでジャンプします。


3行目
【Range(“A1”).Hyperlinks(1).Follow】
Range【レンジ】オブジェクトの
Hyperlinks【ハイパーリンクス】プロパティを使用して
A1セルに設定されている単体のハイパーリンクを表す
Hyperlink【ハイパーリンク】オブジェクトを取得して
Hyperlink【ハイパーリンク】オブジェクトの
Follow【フォロー】メソッドを実行してハイパーリンクを実行します。


4行目
【Exit Sub】

Exit【エクジット】ステートメントを使用して
Sub【サブ】プロシージャーを途中で終了します。


5行目~6行目
【エラー処理:
MsgBox “リンク先が存在しません。”】

エラーが発生した場合
MsgBox【メッセージボックス】関数を使用して
メッセージを表示します。


その他のハイパーリンクに関する記事リンク

以上で
ハイパーリンクを実行する方法についての解説を終了します。
ありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク