Excel VBA ファイルやフォルダーの操作一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファイルやフォルダーを操作するステートメント一覧

ステートメント内容
MkDir
【メークデレクトリー】
新規フォルダーを作成します。
新規ファイルを作成するには
Workbook【ワークブックス】コレクションの
Add【アド】メソッドを使用します。
FileCopy
【ファイルコピー】
ファイルをコピーします。
フォルダーをコピーする場合は
FSO【ファイルシステムオブジェクト】オブジェクトの
CopyFolder【コピーフォツダー】メソッド
Folder【フォルダー】オブジェクトの
Copy【コピー】メソッドを使用します。
Name
【ネーム】
ファイル名やフォルダー名を変更します。
Kill
【キル】
ファイルを削除します。
RmDir
【リムーブデレクトリ-】
フォルダーを削除します。
SetAttr
【セットアトリビュート】
ファイルやフォルダーの属性を設定します。

ファイルやフォルダーを操作する関数一覧

関数内容
Dir
【デレクトリー】
ファイルやフォルダーを検索して返します。
CurDir
【カレントデレクトリー】
ドライブ内のカレントフォルダ-を返します。
FileLen
【ファイルレン】
ファイルサイズを返します。
フォルダーのサイズを取得するには
Folder【フォルダー】オブジェクトの
Size【サイズ】メソッドを使用します。
FileDateTime
【ファイルデイトタイム】
ファイルやフォルダーの作成日時を返します。
GetAttr
【ゲットアトリビュート】
ファイルやフォルダーの属性を返します。

以上で、ファイルやフォルダーを操作するステートメントや関数の一覧を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク