Excel VBA 文字列の一部分のフォントを変更する

スポンサーリンク

文字列の一部分を操作する方法

セル内の文字列の一部分を参照するには、Characters【キャラクターズ】プロパティで参照した文字列の一部分を表すCharacters【キャラクターズ】オブジェクトを参照し、Characters【キャラクターズ】オブジェクトのFont【フォント】プロパティで参照した文字列の一部分の文字の書式設定を表すFont【フォント】オブジェクトを参照し、Font【フォント】オブジェクトの各プロパティを使用して文字列の一部分を操作します。

Characters【キャラクターズ】プロパティ

文字列の一部分の文字列を参照するには、Range【レンジ】オブジェクトのCharacters【キャラクターズ】プロパティを使用します。Range【レンジ】オブジェクトで指定したセルの指定した範囲の文字列を表すCharacters【キャラクターズ】オブジェクトを返します。

Characters【キャラクターズ】プロパティの書式と設定値(引数)の説明

[]内は省略可能です。
オブジェクト.Characters([Start][,Length])

  • オブジェクト(必須)
    一部分を変更する文字列があるセルをRange【レンジ】オブジェクトで指定します。
  • Start【スタート】(省略可)
    返す先頭文字を指定します。省略または1を設定すると先頭文字から始まる文字列範囲を返します。
  • Length【レングス】(省略可)
    返す文字数を指定します。省略すると、引数 Start により指定された文字より後にある文字列の残りの部分を返します。

Font【フォント】プロパティ

参照した文字列の一部分の文字列の書式設定を表すFont【フォント】オブジェクトを参照するには、Characters【キャラクターズ】オブジェクトのFont【フォント】プロパティを使用します。

Font【フォント】プロパティの書式と設定値の説明

オブジェクト.Font

  • オブジェクト(必須)
    文字列の一部分の文字列を表すCharacters【キャラクターズ】オブジェクトを指定します。

Font【フォント】オブジェクトの主なプロパティ

プロパティ 内容
Color 【カラー】 RGB値で色を設定します。
ColorIndex 【カラーインデクス】 カラーインデックスで色を設定します。
FontStyle 【フォントスタイル】 文字列を太字や斜体に変更します。
Size 【サイズ】 文字列のサイズを変更します。
Strikethrough 【ストライクスルー】 取り消し線を設定します。
Subscript 【サブスクリプト】 下付き文字に設定します。
Superscript 【スーパースクリプト】 上付き文字に設定します。
Underline 【アンダーライン】 アンダーラインを設定します。

X2をXの2乗に変更するコード例

Sub sample()
Range("A1").value = "X2"
Range("A1").Characters(Start:=2, Length:=1).Font.Superscript = True
End Sub

実行結果


以上で、文字列の一部分のフォントを変更する方法についての解説を終了します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事・広告