VBA ASCIIコードから文字を取得するChr関数 コードを取得するAsc関数

スポンサーリンク

Chr 【キャラクター】関数

ASCII【アスキー】コード対応する文字を取得するには、Chr 【キャラクター】関数を使用します。

ASCII(アスキー)コードとは

アルファベット、数字、記号、空白文字、制御文字を収録した文字コードです。


Chr【キャラクター】関数の書式と引数の説明

Chr(Charcode)
【戻り値】長整数型(Long)の値。引数Charcodeに指定されたASCIIコードに対応する文字や制御文字などを返します。

  • Charcode【キャラクターコード】(必須)
    取得したい文字のASCII【アスキー】コードを長整数型(Long)の値で指定します。
    ※0~31のASCIIコードに対応する文字は表示されません。この範囲には制御文字も含まれています。
    ※OSが使用している国別に割り当てられた文字セットにより、127以上のASCIIコードで表示される文字は異なる場合があります。

ASCII【アスキー】コード表

10進数 文字 説明 10進数 文字 10進数 文字 10進数 文字
0 NUL ヌル文字 64 @ 128 192
1 SOH ヘッダ開始 65 A 129 193
2 STX テキスト開始 66 B 130 194
3 ETX テキスト終了 67 C 131 195
4 EOT 転送終了 68 D 132 196
5 ENQ 照会 69 E 133 197
6 ACK 肯定応答 70 F 134 198
7 BEL ビープ音 71 G 135 199
8 BS バックスペース 72 H 136 200
9 TAB 水平タブ 73 I 137 201
10 LF 改行 74 J 138 202
11 VT 垂直タブ 75 K 139 203
12 FF 改ページ 76 L 140 204
13 CR 復帰 77 M 141 205
14 SO シフトアウト 78 N 142 206
15 SI シフトイン 79 O 143 207
16 DLE 伝送制御拡張 80 P 144 208
17 DC1 装置制御1 81 Q 145 209
18 DC2 装置制御2 82 R 146 210
19 DC3 装置制御3 83 S 147 211
20 DC4 装置制御4 84 T 148 212
21 NAK 否定応答 85 U 149 213
22 SYN 同期信号 86 V 150 214
23 ETB 転送ブロック終了 87 W 151 215
24 CAN 取り消し 88 X 152 216
25 EM 媒体終了 89 Y 153 217
26 SUB 置き換え 90 Z 154 218
27 ESC エスケープ 91 [ 155 219
28 FS ファイル区切り 92 \ 156 220
29 GS グループ区切り 93 ] 157 221
30 RS レコード区切り 94 ^ 158 222
31 US ユニット区切り 95 _ 159 223
32 Space 96 ` 160 224
33 ! 97 a 161 225
34 98 b 162 226
35 # 99 c 163 227
36 $ 100 d 164 228
37 % 101 e 165 229
38 & 102 f 166 230
39 103 g 167 231
40 ( 104 h 168 232
41 ) 105 i 169 233
42 * 106 j 170 234
43 + 107 k 171 235
44 , 108 l 172 236
45 109 m 173 237
46 . 110 n 174 238
47 / 111 o 175 239
48 0 112 p 176 240
49 1 113 q 177 241
50 2 114 r 178 242
51 3 115 s 179 243
52 4 116 t 180 244
53 5 117 u 181 245
54 6 118 v 182 246
55 7 119 w 183 247
56 8 120 x 184 248
57 9 121 y 185 249
58 : 122 z 186 250
59 ; 123 { 187 251
60 < 124 | 188 252
61 = 125 } 189 253
62 > 126 ~ 190 254
63 ? 127 DEL 191 ソ 255

Constants【コンテンツ】モジュールの定数

CharCode Constantsの定数 内容
Chr(0) vbNullchar NULL文字
Chr(8) vbBack バックスペース文字
Chr(9) vbTab タブ文字
Chr(10) vbLf ラインフィード文字
Chr(13) vbCr キャリッジリターン文字
Chr(10)&Chr(13) vbCrLf 改行文字

改行文字を使うコード例

Sub 改行()
MsgBox "エクセル" & Chr(13) & Chr(10) & "VBA"
End Sub

実行結果


Asc【アスキー】関数

文字に対するASCII【アスキー】コードを取得するには、Asc【アスキー】関数を使用します。


Asc【アスキー】関数の書式と引数の説明

Asc(String)
【戻り値】整数型(Integer)の値。引数String【ストリング】に指定された文字に対応するASCII【アスキー】コードを返します。

  • String【ストリング】(必須)
    ASCII【アスキー】コードを取得したい文字を指定します。
    ※取得できるASCII【アスキー】コードの範囲は0~255です。
    ※引数String【ストリング】に文字列を指定した場合は、先頭文字のASCII【アスキー】コードが返されます。

ASCII【アスキー】コードを取得するコード例

Sub アスキーコード取得()
Dim 文字 As String
文字 = InputBox("ASCIIコードを取得したい文字を入力してください。")
MsgBox Asc(文字)
End Sub

実行結果



以上で、Chr【キャラクター】関数と、Asc【アスキー】関数についての解説を終了します。ありがとうございました。

文字列関数一覧表

文字列関数の一覧表です。
関数名のリンクで詳細ページが開きます。
関数内容
Formatデータの表示書式を変換
Left文字列の左端から文字列の一部分を取り出す
Right文字列の右端から文字列の一部分を取り出す
Mid文字列の指定した一部分を取り出す
LeftB文字列の左端からバイト数で文字列の一部分を取り出す
RightB文字列の右端からバイト数で文字列の一部分を取り出す
MidB文字列の指定位置からバイト数で文字列の一部分を取り出す
Len文字列の長さを取得する
LenB文字列のバイト数を取得する
ChrASCIIコードに対応する文字を取得する
Asc文字に対応するASCIIコードを取得する
StrConv文字の種類を変換する
LCaseアルファベットの大文字を小文字に変換
UCaseアルファベットの小文字を大文字に変換
LTrim文字列の先頭にあるスペースを削除する
RTrim文字列の末尾にあるスペースを削除する
Trim文字列の先頭と末尾のスペースを削除する
Replace文字列を置換えする
Spaceスペースを追加する
String文字を指定した数表示する
StrComp2つの文字を比較する
InStr文字を文字列の先頭から検索する
InStrRev文字を文字列の末尾から検索する

スポンサーリンク

関連記事・広告