VBA 文字の種類を変更するStrConv関数

スポンサーリンク

StrConv【ストリングコンバーション】関数

文字の種類を変換するには、StrConv 【ストリングコンバーション】関数を使用します。

StrConv【ストリングコンバーション】関数の書式と引数の説明

[]内は省略可能です。
StrConv(String,Conversion[,LocalID])
【戻り値】バリアント型(内部処理形式StringのVariant)の値。引数String【ストリング】で指定した文字列を引数Convertion【コンバーション】に指定した種類に変換して返します。

  • String【ストリング】(必須)
    種類を変更したい文字列を指定します。
  • Convertion【コンバーション】(必須)
    変換する種類をvbStrConv列挙型の定数、または値で指定します。
    ※変換の種類は矛盾しない限り、複数の種類を「+」で組み合わせて指定できます。

    vbStrConv列挙型
    定数 内容
    vbUpperCase 1 大文字に変換
    vbLowerCase 2 小文字に変換
    vbProperCase 3 先頭の文字を大文字に変換
    vbWide 4 半角文字を全角文字に変換
    vbNarrow 8 全角文字を半角文字に変換
    vbKataKana 16 ひらがなをカタカナに変換
    vbHiragana 32 カタカナをひらがなに変換
    vbUnicode 64 文字コードをUnicodeに変換
    vbFromUnicode 128 文字コードをUnicodeからシステム既定の
    文字コードに変換

    ※vbNarrowは国情報の設定が日本、中国、韓国の場合に適用
    ※vbKataKana、vbHiraganaは国情報の設定が日本の場合に適用

  • LocaleID【ローカルアイディ】(省略可)
    LCID(国別情報識別子)を指定します。システムとは異なるLCIDを指定できます。省略した場合は、システムが使用しているLCIDが指定されます。

A列の大文字英数を小文字に変換するコード例

Sub 小文字変換()
Dim i As Long
Dim 最終行 As Long
Dim 変換前文字 As String
Dim 変換後文字 As String
最終行 = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
For i = 1 To 最終行
変換前文字 = Cells(i, 1)
変換後文字 = StrConv(変換前文字, vbLowerCase)
Cells(i, 1) = 変換後文字
Next i
End Sub

以上で、StrConv【ストリングコンバーション】関数についての解説を終了します。ありがとうございました。

文字列関数一覧表

文字列関数の一覧表です。
関数名のリンクで詳細ページが開きます。
関数内容
Formatデータの表示書式を変換
Left文字列の左端から文字列の一部分を取り出す
Right文字列の右端から文字列の一部分を取り出す
Mid文字列の指定した一部分を取り出す
LeftB文字列の左端からバイト数で文字列の一部分を取り出す
RightB文字列の右端からバイト数で文字列の一部分を取り出す
MidB文字列の指定位置からバイト数で文字列の一部分を取り出す
Len文字列の長さを取得する
LenB文字列のバイト数を取得する
ChrASCIIコードに対応する文字を取得する
Asc文字に対応するASCIIコードを取得する
StrConv文字の種類を変換する
LCaseアルファベットの大文字を小文字に変換
UCaseアルファベットの小文字を大文字に変換
LTrim文字列の先頭にあるスペースを削除する
RTrim文字列の末尾にあるスペースを削除する
Trim文字列の先頭と末尾のスペースを削除する
Replace文字列を置換えする
Spaceスペースを追加する
String文字を指定した数表示する
StrComp2つの文字を比較する
InStr文字を文字列の先頭から検索する
InStrRev文字を文字列の末尾から検索する

スポンサーリンク

関連記事・広告