VBA 文字の種類を変更するStrConv関数

スポンサーリンク
スポンサーリンク

StrConv【ストリングコンバーション】関数

文字の種類を変換するには、StrConv 【ストリングコンバーション】関数を使用します。

StrConv【ストリングコンバーション】関数の書式

[]内は省略可能です。
StrConv(String,Conversion[,LocalID])
【戻り値】バリアント型(内部処理形式StringのVariant)の値。引数String【ストリング】で指定した文字列を引数Convertion【コンバーション】に指定した種類に変換して返します。


設定値(引数)の説明

  • String【ストリング】(必須)
    種類を変更したい文字列を指定します。
  • Convertion【コンバーション】
    変換する種類をvbStrConv列挙型の定数で指定します。
    ※変換の種類は矛盾しない限り、複数の種類を「+」で組み合わせて指定できます。

vbStrConv列挙型の定数一覧表

定数内容
vbUpperCase1大文字に変換
vbLowerCase2小文字に変換
vbProperCase3先頭の文字を大文字に変換
vbWide4半角文字を全角文字に変換
vbNarrow8全角文字を半角文字に変換
vbKataKana16ひらがなをカタカナに変換
vbHiragana32カタカナをひらがなに変換
vbUnicode64文字コードをUnicodeに変換
vbFromUnicode128文字コードをUnicodeからシステム既定の
文字コードに変換

※vbNarrowは国情報の設定が日本、中国、韓国の場合に適用
※vbKataKana、vbHiraganaは国情報の設定が日本の場合に適用

  • LocaleID【ローカルアイディ】(省略可)
    LCID(国別情報識別子)を指定します。システムとは異なるLCIDを指定できます。省略した場合は、システムが使用しているLCIDが指定されます。

A列の大文字英数を小文字に変換するコード例

Sub 小文字変換()
Dim i As Long
Dim 最終行 As Long
Dim 変換前文字 As String
Dim 変換後文字 As String
最終行 = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
For i = 1 To 最終行
変換前文字 = Cells(i, 1)
変換後文字 = StrConv(変換前文字, vbLowerCase)
Cells(i, 1) = 変換後文字
Next i
End Sub

以上で、StrConv【ストリングコンバーション】関数についての解説を終了します。ありがとうございました。

文字列関数一覧表

文字列関数の一覧表です。
関数名のリンクで詳細ページが開きます。
関数内容
Formatデータの表示書式を変換
Left文字列の左端から文字列の一部分を取り出す
Right文字列の右端から文字列の一部分を取り出す
Mid文字列の指定した一部分を取り出す
LeftB文字列の左端からバイト数で文字列の一部分を取り出す
RightB文字列の右端からバイト数で文字列の一部分を取り出す
MidB文字列の指定位置からバイト数で文字列の一部分を取り出す
Len文字列の長さを取得する
LenB文字列のバイト数を取得する
ChrASCIIコードに対応する文字を取得する
Asc文字に対応するASCIIコードを取得する
StrConv文字の種類を変換する
LCaseアルファベットの大文字を小文字に変換
UCaseアルファベットの小文字を大文字に変換
LTrim文字列の先頭にあるスペースを削除する
RTrim文字列の末尾にあるスペースを削除する
Trim文字列の先頭と末尾のスペースを削除する
Replace文字列を置換えする
Spaceスペースを追加する
String文字を指定した数表示する
StrComp2つの文字を比較する
InStr文字を文字列の先頭から検索する
InStrRev文字を文字列の末尾から検索する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク